日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

New User ダイアログボックス

[ 新しいユーザー ] ダイアログボックスでは、新しいユーザーアカウントを作成できます。

  • * ユーザー名 *

    ユーザ名を指定します。

  • * 役割 *

    次のいずれかのユーザロールを選択できます。

    • ゲスト : このユーザーは、ワークフロー実行のステータスのみを表示したり、ワークフロー実行のステータスの変更を通知したりすることができます。

    • Operator :ユーザにアクセス権が付与されたワークフローをプレビューおよび実行できます。

    • Architect :このユーザには作成ワークフローへのフルアクセスが許可されていますが、 WFA サーバのグローバル設定の変更は禁止されています。

    • admin :このユーザには WFA サーバへの完全なアクセス権があります。

    • Backup : WFA サーバのバックアップをリモートで生成できる唯一のユーザです。ただし、他のすべてのアクセスは制限されます。

  • * 電子メール *

    通知オンオプションが選択されている場合に通知を送信するユーザーの電子メールアドレスを指定できます。

  • * パスワード *

    ユーザのパスワードを指定します。

  • * 確認 *

    パスワードをもう一度指定します。

  • * 通知オン *

    アカウントユーザに E メールで通知するタイミングを選択できます。ワークフローの実行ステータスの通知は、ユーザが実行したワークフローに固有のものです。次のオプションを任意に組み合わせて選択できます。

    • ワークフローの実行が開始されました : ワークフローの実行が開始されたときにユーザーに通知します

    • ワークフローの実行に失敗した / 部分的に成功した場合:ワークフローの実行に失敗した場合、または 1 つ以上のステップが失敗した場合でもワークフローが正常に実行された場合に、ユーザーに通知します。

      実行は、失敗したステップが、ステップが失敗してもワークフローの実行が継続するように構成されているために完了します。

    • ワークフローの実行が正常に完了しました:ワークフローの実行が正常に完了したことをユーザに通知します。

    • 承認待ちのワークフローの実行: WFA の設定によっては、 Operator ユーザまたは Architect ユーザからの承認を待っているワークフローが実行された場合にユーザに通知します。

    • データ収集の失敗:データソースのデータ収集が失敗したときにユーザに通知します。

      このオプションは、管理者ユーザとアーキテクトユーザに対してのみ有効になります。

コマンドボタン

  • * 保存 *

    設定を保存してダイアログボックスを閉じます。

  • * キャンセル *

    変更がある場合はキャンセルしてダイアログボックスを閉じます。