日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

[ 繰り返し実行 ] ウィンドウ

[ 繰り返し実行 ] ウィンドウでは、ワークフローに関連付けられている繰り返し実行を一時停止、再開、または削除できます。繰り返し実行するワークフローは、指定した頻度で繰り返し実行されます。このウィンドウにアクセスするには、 * Execution * > * Recurring Execions * を選択します。

  • 反復実行テーブル

  • ツールバー

反復実行テーブル

Recurring Schedules テーブルには、ワークフローに関連付けられている既存の繰り返しスケジュールがテーブル形式で表示されます。各列に対応したフィルタリング機能とソート機能を使用したり、列の順序を並べ替えたりして、テーブルの表示をカスタマイズできます。

  • フィルタアイコン テーブル全体のフィルタリングを有効または無効にします。フィルタリングが無効になっている場合は、アイコンの上に赤色の「 x 」が表示されます。

  • をダブルクリックします フィルタアイコン フィルタリングの選択をクリアおよびリセットします。

  • フィルタアイコン 各列ヘッダーのを使用すると、列の内容に基づいてフィルタリングできます。をクリックします フィルタアイコン 列では、ドロップダウンリストまたは使用可能なすべての項目で特定の項目をフィルタできます。

  • 列ヘッダーをクリックすると、ソートの昇順と降順が切り替わります。適用されたソート順序は、ソート用矢印(ソート上矢印アイコン (昇順の場合)および ソート下矢印アイコン 降順の場合)。

  • 列の位置を並べ替えるには、列をドラッグアンドドロップして必要な順序で配置します。ただし、これらの列を非表示にしたり削除したりすることはできません。

  • [ * 検索 * ( Search * ) ] フィルタテキストボックスをクリックすると、特定のコンテンツを検索できます。さらに、対応する列タイプ、アルファベット、数字を指定して、サポートされている演算子を使用して検索することもできます。

次の表は、 [ 繰り返し実行 ] テーブルのアルファベット列と数値列でサポートされる演算子の概要を示しています。このテーブルは、 [ * 検索 * ] フィルタテキストボックスで使用できます。

アルファベット 数値
  • が含まれます

  • にはを含めません

  • がで始まります

  • が次の値で終わる

  • が等しい

  • が同じではありません

  • リセットします

  • が等しい

  • が同じではありません

  • より小さい

  • が次の値より大きい

  • が次の値以下です

  • が次の値以上である必要があります

  • 間( Between )

  • リセットします

Recurring Schedules テーブルには、次のカラムがあります。

  • ID

    スケジュールの識別子が表示されます。

  • * ワークフロー名 *

    ワークフローの名前が表示されます。

  • * ユーザー入力 *

    ワークフローに関連付けられているユーザ入力の名前と値が表示されます。

  • * スケジュール *

    ワークフローに関連付けられているスケジュールの名前が表示されます。

  • * ステータス *

    スケジュールのステータスを表示します。有効な値は、 Active と Suspended です。

  • * 次の実行日 *

    スケジュールに関連付けられたワークフローが次に実行される日時を表示します。

    スケジュールを検索するには、 [ * 検索 * ( * Search * ) ] フィルタテキストボックスに実行日時を入力します。

  • * で更新されました

    ワークフローとスケジュールの関連付けが更新された日時が表示されます。

    [ * 検索 * フィルタ ] テキストボックスのカレンダーアイコンをクリックして、特定の日付にスケジュールが繰り返されるかどうかを検索します。

  • * 更新者 *

    ワークフローのスケジュールとの関連付けを変更したユーザの名前が表示されます。

ツールバー

ツールバーは列ヘッダーの上にあります。ツールバーのアイコンを使用して、さまざまな操作を実行できます。これらのアクションには、ウィンドウの右クリックメニューからもアクセスできます。

  • * (中断) *

    [ 繰り返し実行の中断 ] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、アクティブなワークフローの実行を中断できます。

  • *再開アイコン (再開) *

    一時停止中のワークフローの実行を再開します。

  • *削除アイコン (削除) *

    Delete Recurring Execution 確認ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択したスケジュールを削除できます。