日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows のデフォルトパスワードポリシーを変更します

OnCommand Workflow Automation ( WFA )は、ローカルユーザにパスワードポリシーを適用します。デフォルトのパスワードポリシーを変更して、要件に応じてパスワードを設定できます。

WFA ホストシステムに root ユーザとしてログインする必要があります。

  • WFA のデフォルトのインストールパスは、この手順 で使用されます。

    インストール時にデフォルトの場所を変更した場合は、カスタムの WFA インストールパスを使用する必要があります。

  • デフォルトのパスワードポリシーを変更するコマンドは、 .\wfa --password-policy = default です。

    デフォルト設定は、 "minLength=true,8;specialChar=true,1;digitalChar=true,1;lowercaseChar=true,1;uppercaseChar=true,1;whitespaceChar=false`" です。デフォルトのパスワードポリシーのこの設定では、パスワードは 8 文字以上にする必要があり、特殊文字、数字、小文字、大文字をそれぞれ 1 文字以上含める必要があります。また、スペースを含めることはできません。

手順
  1. コマンドプロンプトで、 WFA サーバの次のディレクトリに移動します。

    wfa_install_location /wfa/bin/

  2. デフォルトのパスワードポリシーを変更します。

    `..\wfa — password-policy=PasswordPolicyString — restart=wfa