• ホーム
  • ドキュメント
  • HCI
  • NetApp HCI のストレージリソースとコンピューティングリソースも同時に拡張します 時間
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI のストレージリソースとコンピューティングリソースも同時に拡張します 時間

寄稿者 amgrissino netapp-mwallis netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI の導入が完了したら、 NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、 NetApp HCI のストレージリソースとコンピューティングリソースを同時に拡張および設定することができます。

作業を開始する前に
  • 分散仮想スイッチを使用している環境を拡張する場合は、 NetApp HCI の vSphere インスタンスで vSphere Enterprise Plus ライセンスが使用されていることを確認してください。

  • NetApp HCI で使用しているすべての vCenter インスタンスと vSphere インスタンスでライセンス期間が終了していないことを確認しておきます。

  • vCenter 管理者アカウントのクレデンシャルを準備しておきます。

  • 既存のノードと同じネットワークセグメントに未使用の空いている IPv4 アドレスがあることを確認してください(新しいノードは、同じタイプの既存のノードと同じネットワークにインストールする必要があります)。

  • 次のいずれかのタイプの SolidFire ストレージクラスタアカウントがあることを確認しておきます。

    • 初期導入時に作成されたネイティブの管理者アカウント

    • Cluster Admin 、 Drives 、 Volumes 、 Nodes の各権限を持つカスタムユーザアカウント

  • 新しいノードごとに次の操作を実行しておきます。

    • を使用して、新しいノードを NetApp HCI シャーシに設置します に従ってください "インストール手順"

    • 新しいノードのケーブルを配線して電源をオンにします

  • 設置済みのストレージノードの管理 IPv4 アドレスを確認しておきます。IP アドレスは、 NetApp Element Plug-in for vCenter Server の * NetApp Element Management* > * Cluster * > * Nodes * タブで確認できます。

  • 新しいノードのネットワークトポロジとケーブル配線が既存のストレージクラスタまたはコンピューティングクラスタと同じであることを確認しておきます。

このタスクについて
  • H410C コンピューティングノードは、 NetApp HCI の既存のコンピューティングノードやストレージノードと同じシャーシおよびクラスタに混在させることができます。

  • コンピューティングノードと BPU 対応のコンピューティングノードを同じクラスタ内に混在させることはできません。GPU 対応のコンピューティングノードを選択すると、 CPU のみのコンピューティングノードは選択できなくなります。その逆も同様です。

  • CPU 世代が既存のコンピューティングノードと異なるコンピューティングノードを追加する場合は、 Enhanced vMotion Compatibility ( EVC )を有効にする必要があります。制御用 vCenter インスタンスで EVC が無効になっている場合は、有効にしてから次に進んでください。これにより、拡張完了後に vMotion を使用できます。

手順
  1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。例:

    https://[management node IP address]
  2. NetApp HCI ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  3. インターフェイスの右上隅にある * Expand * をクリックします。

    ブラウザに NetApp Deployment Engine が表示されます。

  4. NetApp HCI ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Deployment Engine にログインします。

  5. [ ようこそ * ] ページで、 [ はい ] をクリックし、 [ 続行 ] をクリックします。

  6. [* エンドユーザライセンス * ] ページで、 VMware エンドユーザライセンス契約を読み、 [* I accept (同意します) ] をクリックして条項に同意し、 [* Continue (続行) ] をクリックします。

  7. vCenter * ページで、次の手順を実行します。

    1. NetApp HCI 環境に関連付けられている vCenter インスタンスの FQDN または IP アドレスと管理者のクレデンシャルを入力します。

    2. [* Continue (続行) ] をクリックします

    3. コンピューティングノードを追加する vSphere データセンターを選択するか、 * 新しいデータセンターの作成 * をクリックして、コンピューティングノードを新しいデータセンターに追加します。

      注記 Create New Datacenter をクリックすると、 Cluster フィールドに自動的に値が入力されます。
    4. 既存のデータセンターを選択した場合は、新しいコンピューティングノードを関連付ける vSphere クラスタを選択します。

      注記 拡張対象として選択したクラスタのネットワーク設定を NetApp HCI が認識できない場合は、管理、ストレージ、 vMotion ネットワーク用の VMkernel と vmnic マッピングが導入時のデフォルトに設定されていることを確認してください。を参照してください "サポートされるネットワーク変更" を参照してください。
    5. [* Continue (続行) ] をクリックします

  8. ESXi クレデンシャル * ページで、追加するコンピューティングノードの ESXi root パスワードを入力します。

    NetApp HCI の初期導入時に作成したパスワードを使用する必要があります。

  9. [* Continue (続行) ] をクリックします

  10. 新しい vSphere データセンタークラスタを作成した場合は、「 * ネットワークトポロジ * 」ページで、追加する新しいコンピューティングノードと一致するネットワークトポロジを選択します。

    注記 ケーブル 2 本のオプションを選択するのは、コンピューティングノードがケーブル 2 本のトポロジを使用しており、既存の NetApp HCI 環境に VLAN ID が設定されている場合のみです。
  11. [ 使用可能なインベントリ * ] ページで、追加するストレージノードとコンピューティングノードを選択し、 [ 続行 ] をクリックします。

    重要 一部のコンピューティングノードでは、 vCenter のバージョンでサポートされている最高レベルで EV を有効にしないと、インストール環境に追加できない場合があります。そのようなコンピューティングノードについては、 vSphere クライアントを使用して EVC を有効にする必要があります。有効にしたら、インベントリページをリフレッシュし、コンピューティングノードの追加をもう一度実行してください。
  12. [* Continue (続行) ] をクリックします

  13. * オプション * :新しい vSphere データセンタークラスタを作成した場合、 * ネットワーク設定 * ページで、既存の NetApp HCI 環境から * 既存のクラスタから設定をコピー * チェックボックスを選択してネットワーク情報をインポートします。

    これにより、各ネットワークにデフォルトゲートウェイとサブネットの情報が設定されます。

  14. [* ネットワークの設定 * ] ページで、初期導入時に一部のネットワーク情報が検出されました。シリアル番号順に表示された新しいストレージノードのそれぞれについて、新しいネットワーク情報を割り当てる必要があります。新しいストレージノードごとに、次の手順を実行します。

    1. * ホスト名 *: NetApp HCI が名前のプレフィックスを検出した場合は、 [ 検出された名前のプレフィックス ] フィールドから名前のプレフィックスをコピーし、 [ ホスト名 ] フィールドに追加した新しい一意のホスト名のプレフィックスとして挿入します。

    2. * 管理アドレス * :管理ネットワークサブネットにある新しいストレージノードの管理 IP アドレスを入力します。

    3. * ストレージ( iSCSI ) IP アドレス * : iSCSI ネットワークサブネット内にある新しいストレージノードの iSCSI IP アドレスを入力します。

    4. [* Continue (続行) ] をクリックします

      注記 入力した IP アドレスの検証には時間がかかることがあります。 NetApp HCIIP アドレス検証が完了すると、 Continue (続行)ボタンが使用可能になります。
  15. [ ネットワーク設定 ] セクションの [ * レビュー ] ページでは、新しいノードが太字で表示されます。セクションを変更するには、次の手順を実行します。

    1. そのセクションの * 編集 * をクリックします。

    2. 終了したら、以降のページで [* Continue (続行) ] をクリックして [ レビュー ] ページに戻ります。

  16. * オプション * :ネットアップがホストする Active IQ サーバにクラスタの統計情報とサポート情報を送信しない場合は、最後のチェックボックスをオフにします。

    これにより、 NetApp HCI のリアルタイムの健常性診断の監視機能が無効になります。この機能を無効にすると、ネットアップによる NetApp HCI のプロアクティブなサポートと監視が行われなくなるため、本番環境が影響を受ける前に問題を検出して解決できなくなります。

  17. [ ノードの追加 ] をクリックします。

    リソースの追加と設定の進捗状況は、 NetApp HCI で監視できます。

  18. * オプション * :新しいノードが VMware vSphere Web Client (コンピューティングノードの場合)または Element Plug-in for vCenter Server (ストレージノードの場合)に表示されることを確認します。

    注記 2 ノードストレージクラスタを 4 ノード以上に拡張した場合でも、ストレージクラスタで以前に使用されていた監視ノードのペアは、 vSphere ではスタンバイ仮想マシンとして表示されます。新しく拡張したストレージクラスタでは使用されません。 VM リソースを再利用する場合は、を実行します "手動で削除します" 監視ノードの仮想マシン。

詳細については、こちらをご覧ください