日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームの QoS ポリシーの作成と管理

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

標準的なサービス品質設定を QoS ポリシーとして作成および保存して、複数のボリュームに適用することができます。QoS ポリシーを使用するには、 Element 10.0 以降のクラスタを選択する必要があります。 10.0 より前のクラスタでは QoS ポリシーを使用できません。

注記 の使用方法の詳細については、 NetApp HCI の概念に関するコンテンツを参照してください "QoS ポリシー" 個々のボリュームではなく 。

NetApp Hybrid Cloud Control を使用すると、次のタスクを実行して QoS ポリシーを作成および管理できます。

QoS ポリシーを作成する

QoS ポリシーを作成し、同等のパフォーマンスが必要なボリュームに適用することができます。

注記 QoS ポリシーを使用している場合は、ボリュームでカスタム QoS を使用しないでください。カスタム QoS は、ボリュームの QoS 設定に対して QoS ポリシーの値を上書きして調整します。
手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードで、ストレージクラスタのメニューを展開します。

  3. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。

  4. [* QoS Policies] タブをクリックします。

  5. [ ポリシーの作成 *] をクリックします。

  6. 「 * ポリシー名 * 」を入力します。

    ヒント わかりやすい名前のベストプラクティスを使用してください。これは、環境で複数のクラスタや vCenter Server を使用している場合に特に重要です。
  7. 最小 IOPS 、最大 IOPS 、バースト IOPS の値を入力します。

  8. [Create QoS Policy] をクリックします。

    ポリシーのシステム ID が生成され、そのポリシーが割り当てられた QoS 値を含む QoS ポリシーページに表示されます。

ボリュームに QoS ポリシーを適用します

NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、既存の QoS ポリシーをボリュームに割り当てることができます。

割り当てようとしている QoS ポリシーが削除されました 作成済み

このタスクでは、設定を変更して個々のボリュームに QoS ポリシーを割り当てる方法について説明します。最新バージョンの NetApp Hybrid Cloud Control では、複数のボリュームに一括割り当てオプションはありません。一括割り当てする機能が今後のリリースで提供されるまでは、 Element Web UI または vCenter Plug-in UI を使用して QoS ポリシーを一括で割り当てることができます。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードで、ストレージクラスタのメニューを展開します。

  3. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。

  4. 変更するボリュームの横にある * Actions * メニューをクリックします。

  5. 表示されたメニューで、「 * 編集 * 」を選択します。

  6. ダイアログボックスで、 * QoS ポリシーの割り当て * を有効にし、選択したボリュームに適用する QoS ポリシーをドロップダウンリストから選択します。

    注記 QoS を割り当てると、以前に適用されていた個々のボリュームの QoS 値は上書きされます。
  7. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    更新されたボリュームが割り当てられた QoS ポリシーで概要ページに表示されます。

ボリュームの QoS ポリシーの割り当てを変更します

ボリュームから QoS ポリシーの割り当てを解除したり、別の QoS ポリシーやカスタム QoS を選択したりできます。

変更するボリュームはです 割り当て済み QoS ポリシー。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードで、ストレージクラスタのメニューを展開します。

  3. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。

  4. 変更するボリュームの横にある * Actions * メニューをクリックします。

  5. 表示されたメニューで、「 * 編集 * 」を選択します。

  6. ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。

    • QoS ポリシーの割り当てを無効にし、個々のボリュームの QoS の最小 IOPS * 、最大 IOPS * 、バースト IOPS * の値を変更します。

      注記 QoS ポリシーが無効な場合、特に変更されていないかぎり、ボリュームはデフォルトの QoS IOPS 値を使用します。
    • 選択したボリュームに適用する別の QoS ポリシーをドロップダウンリストから選択してください。

  7. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    更新されたボリュームが概要ページに表示されます。

QoS ポリシーを編集する

既存の QoS ポリシーの名前を変更したり、ポリシーに関連付けられている値を編集したりできます。QoS ポリシーのパフォーマンス値を変更すると、そのポリシーに関連付けられているすべてのボリュームの QoS に影響します。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードで、ストレージクラスタのメニューを展開します。

  3. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。

  4. [* QoS Policies] タブをクリックします。

  5. 変更する QoS ポリシーの横にある * Actions * メニューをクリックします。

  6. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

  7. [Edit QoS Policy] ダイアログボックスで、次の 1 つ以上を変更します。

    • * Name * : QoS ポリシーのユーザ定義名。

    • * Min IOPS * :ボリュームに対して保証されている最小 IOPS 。デフォルト値は 50 です。

    • * Max IOPS * :ボリュームで許可されている最大 IOPS 。デフォルト値は 15 、 000 です。

    • * Burst IOPS * :ボリュームに対して短期間で許可されている最大 IOPS 。デフォルト値は 15 、 000 です。

  8. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    更新された QoS ポリシーが [QoS Policies] ページに表示されます。

    ヒント ポリシーの「 * Active Volumes * 」列のリンクをクリックすると、そのポリシーに割り当てられているボリュームをフィルタリングして表示できます。

QoS ポリシーを削除する

不要になった QoS ポリシーを削除できます。QoS ポリシーを削除しても、そのポリシーが割り当てられたすべてのボリュームで、それまでにそのポリシーで定義されていた QoS 値が個々のボリュームの QoS 値として維持されます。削除された QoS ポリシーとの関連付けがすべて削除されます。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードで、ストレージクラスタのメニューを展開します。

  3. Storage > Volumes (ストレージ)を選択します。

  4. [* QoS Policies] タブをクリックします。

  5. 変更する QoS ポリシーの横にある * Actions * メニューをクリックします。

  6. [ 削除( Delete ) ] をクリックします。

  7. 操作を確定します。

詳細については、こちらをご覧ください