日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI の Rancher をアップグレードします

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-mwallis netapp-pcarriga amgrissino このページの PDF をダウンロード

rancher ソフトウェアをアップグレードするには、 NetApp Hybrid Cloud Control ( HCC ) UI または REST API を使用します。HCC は、 Rancher サーバ、 Rancher Kubernetes Engine ( RKE )、および管理クラスタのノード OS (セキュリティアップデート用)など、 Rancher 導入環境のコンポーネントをアップグレードするための簡単なボタンプロセスを提供します。また、 API を使用してアップグレードを自動化することもできます。

アップグレードは、累積パッケージではなくコンポーネント単位で実行できます。このため、 Ubuntu OS などの一部のコンポーネントのアップグレードを、より迅速に行うことができます。アップグレードは、 Rancher サーバインスタンスと Rancher サーバが配置されている管理クラスタにのみ影響します。管理クラスタノードの Ubuntu OS へのアップグレードは、重要なセキュリティパッチのみを対象としており、オペレーティングシステムはアップグレードしません。ユーザクラスタは NetApp Hybrid Cloud Control からアップグレードできません。

必要なもの
  • * admin 権限 * :アップグレードを実行する権限がストレージクラスタ管理者に付与されています。

  • * 管理サービス * :管理サービスバンドルを最新バージョンに更新しました。

重要 Rancher 機能を使用するには、最新の管理サービスバンドル 2.17 以降にアップグレードする必要があります。
  • * システムポート * : NetApp Hybrid Cloud Control をアップグレードに使用している場合は、必要なポートが開いていることを確認しておきます。を参照してください "ネットワークポート" を参照してください。

次のいずれかのアップグレードプロセスを選択します。

NetApp Hybrid Cloud Control の UI を使用してランチャをアップグレード 導入

NetApp Hybrid Cloud Control の UI を使用して、ランチャ環境の以下のコンポーネントをアップグレードできます。

  • Rancher サーバ

  • Rancher Kubernetes Engine ( RKE )

  • ノード OS のセキュリティ更新

必要なもの
  • インターネット接続が良好です。ダークサイトのアップグレード(外部接続のないサイトでのアップグレード)は利用できません。

手順
  1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。

    https://<ManagementNodeIP>
  2. ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  3. インターフェイスの右上にある [* Upgrade] を選択します。

  4. [* アップグレード * ( Upgrades * ) ] ページで、 [* ランチー * ( * rancher * ) ] を選択

  5. アップグレードするソフトウェアの [* アクション * ] メニューを選択します。

    • Rancher サーバ

    • Rancher Kubernetes Engine ( RKE )

    • ノード OS のセキュリティ更新

  6. Rancher サーバまたは RKE アップグレードの場合は * Upgrade * を、ノード OS のセキュリティアップデートの場合は * Apply Upgrade * を選択します。

    注記 ノード OS の場合、セキュリティパッチの無人アップグレードは日単位で実行されますが、ノードは自動的にはリブートされません。アップグレードを適用すると、各ノードをリブートしてセキュリティ更新を有効にできます。

コンポーネントのアップグレードが正常に完了したことを示すバナーが表示されます。NetApp Hybrid Cloud Control の UI で更新後のバージョン番号が表示されるまでに最大 2 分かかる場合があります。

NetApp Hybrid Cloud Control API を使用してランチャをアップグレード 導入

API を使用して、 Rancher 展開内の次のコンポーネントをアップグレードできます。

  • Rancher サーバ

  • Rancher Kubernetes Engine ( RKE )

  • ノード OS (セキュリティ更新用)

任意の自動化ツールを使用して、管理ノードで使用可能な API または REST API UI を実行できます。

オプション( Options )
  • [Upgrade Rancher Server]

  • [Upgrade RKE]

  • [Apply node OS security updates]

    注記 ノード OS の場合、セキュリティパッチの無人アップグレードは日単位で実行されますが、ノードは自動的にはリブートされません。アップグレードを適用すると、各ノードをリブートしてセキュリティ更新を有効にできます。

Rancher サーバをアップグレードします

API コマンド
  1. アップグレードバージョンリストの要求を開始します。

    curl -X POST "https://<managementNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/rancher-versions" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
    注記 API コマンドで使用されるベアラー '$ { token } ' を検索できます "許可します"。ベアラー '$ { token } ' は curl 応答に含まれています。
  2. 前のコマンドのタスク ID を使用してタスクステータスを取得し、応答から最新のバージョン番号をコピーします。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
  3. Rancher サーバのアップグレード要求を開始します。

    curl -X PUT "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/rancher/<version number>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer"
  4. アップグレードコマンドの応答からタスク ID を使用してタスクステータスを取得します。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
REST API の UI の手順
  1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

    https://<managementNodeIP>/k8sdeployer/api/
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

    4. 承認ウィンドウを閉じます。

  3. 最新のアップグレードパッケージを確認します。

    1. REST API UI から * POST/upgradeRunce/rancher-versions * を実行します。

    2. 応答から、タスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

  4. /tasksuses/{taskID}* 応答から、アップグレードに使用する最新バージョン番号をコピーします。

  5. Rancher Server アップグレードを実行します。

    1. REST API UI から、前の手順の最新バージョン番号を使用して * PUT / upgrade/Pedries/rancherRunce/ { version } * を実行します。

    2. 応答から、タスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

アップグレードが正常に完了したのは、「 PercentComplete 」が「 100 」を示し、「結果」がアップグレードされたバージョン番号を示している場合です。

RKE をアップグレードします

API コマンド
  1. アップグレードバージョンリストの要求を開始します。

    curl -X POST "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/rke-versions" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
    注記 API コマンドで使用されるベアラー '$ { token } ' を検索できます "許可します"。ベアラー '$ { token } ' は curl 応答に含まれています。
  2. 前のコマンドのタスク ID を使用してタスクステータスを取得し、応答から最新のバージョン番号をコピーします。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
  3. RKE アップ・リクエストを開始します

    curl -X PUT "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/rke/<version number>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer"
  4. アップグレードコマンドの応答からタスク ID を使用してタスクステータスを取得します。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
REST API の UI の手順
  1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

    https://<managementNodeIP>/k8sdeployer/api/
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

    4. 承認ウィンドウを閉じます。

  3. 最新のアップグレードパッケージを確認します。

    1. REST API UI から、 * POST/upgradeRunce/RKE -versions * を実行します。

    2. 応答から、タスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

  4. /tasksuses/{taskID}* 応答から、アップグレードに使用する最新バージョン番号をコピーします。

  5. RKE アップグレードを実行します。

    1. REST API UI から、前の手順の最新バージョン番号を使用して * PUT / upgrade / RKE / { version } * を実行します。

    2. 応答からタスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

アップグレードが正常に完了したのは、「 PercentComplete 」が「 100 」を示し、「結果」がアップグレードされたバージョン番号を示している場合です。

ノード OS のセキュリティ更新を適用

API コマンド
  1. アップグレードチェック要求を開始します。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/checkNodeUpdates" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
    注記 API コマンドで使用されるベアラー '$ { token } ' を検索できます "許可します"。ベアラー '$ { token } ' は curl 応答に含まれています。
  2. 前のコマンドのタスク ID を使用してタスクステータスを取得し、応答から新しいバージョン番号を取得できることを確認します。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
  3. ノードの更新を適用します。

    curl -X POST "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/upgrade/applyNodeUpdates" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer"
    注記 ノード OS の場合、セキュリティパッチの無人アップグレードは日単位で実行されますが、ノードは自動的にはリブートされません。アップグレードを適用すると、各ノードを順番にリブートし、セキュリティ更新を有効にすることができます。
  4. アップグレードの「 applyNodeUpdates 」応答からタスク ID を使用してタスクステータスを取得します。

    curl -X GET "https://<mNodeIP>/k8sdeployer/1/task/<taskID>" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
REST API の UI の手順
  1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

    https://<managementNodeIP>/k8sdeployer/api/
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

    4. 承認ウィンドウを閉じます。

  3. アップグレードパッケージがあるかどうかを確認します。

    1. REST API UI から * get/upgrade/checkNodeUpdates * を実行します。

    2. 応答から、タスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

    4. * /tasksanges/{ taskID } * 応答から、ノードに現在適用されているバージョン番号よりも新しいバージョン番号があることを確認してください。

  4. ノード OS のアップグレードを適用します。

    注記 ノード OS の場合、セキュリティパッチの無人アップグレードは日単位で実行されますが、ノードは自動的にはリブートされません。アップグレードを適用すると、各ノードを順番にリブートし、セキュリティ更新を有効にすることができます。
    1. REST API UI から * POST/upgrade投入 / applyNodeUpdates * を実行します。

    2. 応答から、タスク ID をコピーします。

    3. 前の手順で確認したタスク ID で * Get/taskTouled/{taskID}* を実行します。

    4. /tasksanges/{taskID}* 応答から、アップグレードが適用されたことを確認します。

アップグレードが正常に完了したのは、「 PercentComplete 」が「 100 」を示し、「結果」がアップグレードされたバージョン番号を示している場合です。

詳細については、こちらをご覧ください