日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユースケース

寄稿者

FlexPod をセットアップし、解決策 Datacenter Cloud Insights を監視するように設定すると、ダッシュボードで実行できるいくつかのタスクを確認して、環境を評価および監視することができます。このセクションでは、 Cloud Insights の主なユースケースを 5 つ紹介します。

  • Active IQ 統合

  • リアルタイムダッシュボードの表示

  • カスタムダッシュボードの作成

  • 高度なトラブルシューティング

  • ストレージの最適化

Active IQ 統合

Cloud Insights は、 Active IQ ストレージ監視プラットフォームに完全に統合されています。FlexPod Datacenter 解決策の一部として導入された ONTAP システムは、各システムに組み込まれている AutoSupport 機能を通じてネットアップに情報を送信するように、自動的に設定されます。これらのレポートは、スケジュールに基づいて生成されるか、システムで障害が検出されると動的に生成されます。AutoSupport 経由で送信されたデータは、 Cloud Insights の Active IQ メニューにある簡単にアクセスできるダッシュボードに集約されて表示されます。

Active IQ ダッシュボードから Cloud Insights 情報にアクセスします

Cloud Insights ダッシュボードから Active IQ 情報にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. 左側の Admin メニューの下にある Data Collector オプションをクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. 環境内の特定の Data Collector にフィルタを適用します。この例では、 FlexPod でフィルタリングしています。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. Data Collector をクリックして、その Collector によって監視されている環境とデバイスの概要を取得します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    下部のデバイスリストで、監視対象の ONTAP ストレージシステムの名前をクリックします。システムに関して収集された情報を示すダッシュボードが表示されます。これには次の情報が含まれます。

    • モデル

    • ファミリー

    • ONTAP バージョン

    • 物理容量

    • 平均 IOPS

    • 平均レイテンシ

    • 平均スループット

      エラー:グラフィックイメージがありません

      また、このページのパフォーマンスポリシーのセクションで、 NetApp Active IQ へのリンクを確認できます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. ブラウザの新しいタブを開き、リスク軽減ページに移動します。このページには、影響を受けるノード、リスクがどの程度重要か、特定された問題を修正するために実行する必要がある適切なアクションが表示されます。 Active IQ のリンクをクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

リアルタイムダッシュボードを確認する

Cloud Insights では、 FlexPod データセンター解決策に導入された ONTAP ストレージシステムでポーリングされた情報のダッシュボードをリアルタイムで表示できます。Cloud Insights Acquisition Unit では、定期的にデータが収集され、デフォルトのストレージシステムダッシュボードに収集された情報が読み込まれます。

Cloud Insights ダッシュボードからリアルタイムグラフにアクセスできます

ストレージ・システムのダッシュボードから 'Data Collector が情報を最後に更新した時刻を確認できますこの例を次の図に示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

デフォルトでは、ストレージシステムダッシュボードのエキスパートビューセクションに、ポーリング対象のストレージシステム、または個々のノードからのシステム全体の指標(レイテンシ、 IOPS 、スループットなど)を示す対話型グラフがいくつか表示されます。これらのデフォルトのグラフの例を次の図に示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

デフォルトでは、過去 3 時間の情報がグラフに表示されますが、ストレージシステムダッシュボードの右上にあるドロップダウンリストからさまざまな値またはカスタム値に設定できます。これを次の図に示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

カスタムダッシュボードを作成する

システム全体の情報を表示するデフォルトのダッシュボードを利用する以外に、 Cloud Insights を使用して完全にカスタマイズされたダッシュボードを作成し、 FlexPod Datacenter 解決策の特定のストレージボリュームを対象としたリソースの使用に専念できるようにすることができます。 また、コンバージドインフラに導入されているアプリケーションは、それらのボリュームに依存して効果的に実行されます。これにより、特定のアプリケーションと、データセンター環境で消費されるリソースを視覚的に確認することができます。

カスタマイズしたダッシュボードを作成して、ストレージリソースを評価できます

ストレージリソースを評価するためにカスタマイズしたダッシュボードを作成するには、次の手順を実行します。

  1. カスタマイズされたダッシュボードを作成するには、 Cloud Insights のメインメニューの [Dashboards] にカーソルを合わせ、ドロップダウンリストで [+] [New Dashboard] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    [ 新しいダッシュボード ] ウィンドウが開きます。

  2. ダッシュボードに名前を付け、データの表示に使用するウィジェットのタイプを選択します。収集したデータを表示するグラフの種類を選択することも、メモやテーブルの種類を選択することもできます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. [ 変数の追加 ] メニューから [ カスタマイズされた変数 ] を選択します。

    これにより、提示されるデータに集中して、より具体的な、または特殊な要因を表示できます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. カスタムダッシュボードを作成するには、使用するウィジェットタイプを選択します。たとえば、円グラフでボリューム別のストレージ利用率を表示します。

    1. [ ウィジェットの追加 ] ドロップダウンリストから [ 円グラフ ] ウィジェットを選択します。

    2. ウィジェットに「 Capacity Used 」などのわかりやすい識別子を付けます。

    3. 表示するオブジェクトを選択します。たとえば、キーワード volume で検索し、「 volume.performance.capacity.used` 」を選択できます。

    4. ストレージシステムでフィルタリングするには、 FlexPod Datacenter 解決策で、フィルタを使用してストレージシステムの名前を入力します。

    5. 表示する情報をカスタマイズします。デフォルトでは、 ONTAP データボリュームが表示され、上位 10 個のが表示されます。

    6. カスタマイズしたダッシュボードを保存するには、 [ 保存 ] をクリックします。

      エラー:グラフィックイメージがありません

      カスタムウィジェットを保存すると、ブラウザは新しいダッシュボードページに戻ります。このページには、新しく作成したウィジェットが表示され、データポーリング期間の変更などの対話型アクションを実行できます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

高度なトラブルシューティング

Cloud Insights を使用すると、 FlexPod データセンターコンバージドインフラのどのストレージ環境にも高度なトラブルシューティング方法を適用できます。前述した各機能のコンポーネントを使用: Active IQ 統合、リアルタイム統計を表示するデフォルトダッシュボード、カスタマイズされたダッシュボードなど、発生する可能性のある問題は早期に検出されて迅速に解決されます。Active IQ のリスクリストを使用すると、問題につながる可能性のある報告済みの構成エラーを発見したり、報告済みのコードバージョンやパッチが適用されたコードのバージョンを発見したりできます。Cloud Insights ホームページ上のリアルタイムダッシュボードを観察することで、システムパフォーマンスのパターンを発見し、問題の早期発見や早期解決に役立てることができます。最後に、カスタマイズしたダッシュボードを作成することで、お客様はインフラ内の最も重要な資産に集中し、それらを直接監視して、ビジネス継続性の目標を達成できるようになります。

ストレージの最適化

トラブルシューティングに加えて、 Cloud Insights で収集されたデータを使用することで、 FlexPod データセンターコンバージドインフラ解決策に導入されている ONTAP ストレージシステムを最適化することができます。高レイテンシが発生しているボリュームについては、たとえば、高パフォーマンスが求められる複数の VM が同じデータストアを共有している場合など、 Cloud Insights ダッシュボードにその情報が表示されます。ストレージ管理者は、この情報を使用して、 1 つ以上の VM を別のボリュームに移行したり、アグリゲート間や ONTAP ストレージシステムのノード間で移行したりできます。その結果、パフォーマンスが最適化された環境になります。Cloud Insights と Active IQ の統合から収集された情報は、想定よりもパフォーマンスが低下する構成の問題を明らかにし、問題を解決して最適に調整されたストレージシステムを確保するための推奨される対処方法を提供します。