日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユースケース

寄稿者 netapp-rlithman

これらは、 Cisco Intersight のネットアップストレージの監視とオーケストレーションのユースケース例です。

ユースケース 1 :ネットアップストレージのインベントリとウィジェットを監視する

ネットアップストレージ環境が Cisco Intersight に存在する場合は、ネットアップストレージオブジェクトをストレージインベントリから詳細に監視し、ストレージウィジェットの概要を確認できます。

  1. Intersight Assist OVA を導入( vCenter 環境ではオンプレミスのタスク)

  2. Intersight Assist に NetApp AIQ UM デバイスを追加します。

  3. 「 * Storage * 」に移動して、ネットアップストレージインベントリをナビゲートします。

  4. ネットアップストレージのウィジェット * を監視ダッシュボード * に追加します。

    はです "リンク" からビデオに、 ONTAP ストレージ監視機能を Cisco Intersight から紹介しています。

ユースケース 2 :リファレンスワークフローを使用したネットアップストレージのオーケストレーション

ネットアップストレージ環境と vCenter 環境が Cisco Intersight に存在する場合は、ストレージタスクと仮想化タスクが含まれたエンドツーエンドのリファレンスワークフローを必要に応じて実行できます。

  1. Intersight Assist OVA を導入( vCenter 環境ではオンプレミスのタスク)

  2. Intersight Assist に NetApp AIQ UM デバイスを追加します。

  3. Intersight Assist を介して vCenter ターゲットを Intersight に追加します。

  4. すぐに使用できるリファレンスワークフローを実行します。

    参照ワークフローのリストを次に示します

    • 新しいストレージインターフェイス

    • 新しい VMFS データストア

    • VMFS データストアを更新してください

    • VMFS データストアを削除します

    • 新しい NAS データストア

    • NAS データストアの更新

    • NAS データストアを削除します

    • 新しいストレージホスト

    • ストレージホストを更新してください

    • ストレージホストを削除します

    • 新しいストレージエクスポートポリシー

    • ストレージエクスポートポリシーを削除します

    • 新しい Storage Virtual Machine

    • 新規仮想マシン

使用事例 3 :デザイナー不要のフォームを使用したカスタムワークフロー

ネットアップストレージ環境と vCenter 環境が Cisco Intersight に存在する場合は、ネットアップのストレージと仮想化タスクを使用してカスタムワークフローを構築できます。

  1. サイト間アシスト OVA の導入( vCenter 環境ではオンプレミスのタスク)

  2. Intersight Assist に NetApp AIQ UM デバイスを追加します。

  3. Intersight Assist を介して vCenter ターゲットを Intersight に追加します。

  4. Intersight の「 * Orchestration 」タブに移動します。

  5. [ ワークフローの作成 *] を選択します。

  6. ストレージと仮想化のタスクをワークフローに追加できます。

    Cisco Intersight には、次のネットアップストレージタスクが用意されています。

    • タスク 1 :ストレージエクスポートポリシーをボリュームに追加する

    • タスク 2 :イニシエータをストレージホスト( igroup )に接続する

    • タスク 3 :ストレージ LUN を拡張する

    • タスク 4 :ストレージボリュームを展開する

    • タスク 5 : NetApp igroup LUN マップを検索する

    • タスク 6 : ID でストレージ LUN を検索する

    • タスク 7 : ID でストレージボリュームを検索する

    • タスク 8 :新しいストレージエクスポートポリシー

    • タスク 9 :新しいストレージ Fibre Channel インターフェイス

    • タスク 10 :新しいストレージホスト

    • タスク 11 :新しいストレージ IP インターフェイス

    • タスク 12 :新しいストレージ LUN

    • タスク 13 :新しいストレージ LUN ID

    • タスク 14 :新しい Storage Virtual Machine

    • タスク 15 :新しいストレージボリューム

    • タスク 16 :ストレージエクスポートポリシーを削除する

    • タスク 17 :ストレージホストを削除する

    • タスク 18 :ストレージ LUN を削除する

    • タスク 19 :ストレージ LUN ID を削除する

    • タスク 20 :ストレージボリュームを削除する

ネットアップのストレージと仮想化タスクを使用したワークフローのカスタマイズの詳細については、ビデオをご覧ください "Cisco Intersight の NetApp ONTAP ストレージオーケストレーション"