日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム階層化ポリシーを設定します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

デフォルトでは、ボリュームは「なし」ボリューム階層化ポリシーを使用します。ボリュームの作成後、 OnCommand システムマネージャまたは ONTAP CLI を使用してボリューム階層化ポリシーを変更できます。

FlexPod で使用する場合、 FabricPool には、「自動」、「 Snapshot のみ」、「なし」の 3 つのボリューム階層化ポリシーが用意されています。

  • * 自動 *

    • ボリューム内のすべてのコールドブロックがクラウド階層に移動されます。アグリゲートの使用率が 50% を超えている場合、非アクティブなブロックがコールドになるまでに約 31 日かかります。自動クーリング期間は、「 tiering-minimum-cooling-days 」設定を使用して、 2 日から 63 日の間で調整できます。

    • 階層化ポリシーが「自動」に設定されているボリューム内のコールドブロックがランダムに読み取られると、ブロックがホットになり、パフォーマンス階層に書き込まれます。

    • 階層化ポリシーが「自動」に設定されているボリューム内のコールドブロックが順番に読み取られると、コールドブロックのままクラウド階層に残ります。パフォーマンス階層には書き込まれません。

  • * Snapshot のみ *

    • アクティブなファイルシステムと共有されていないボリューム内のコールドスナップショットブロックはクラウド階層に移動されます。アグリゲートの使用率が 50% を超えている場合、非アクティブな Snapshot ブロックがコールドになるまでに約 2 日かかります。「 tiering-minimum-cooling-days 」設定を使用すると、 Snapshot のみのクーリング期間を 2 日から 63 日に調整できます。

    • 階層化ポリシーが「 Snapshot のみ」に設定されているボリューム内のコールドブロックが読み取られるとホットになり、パフォーマンス階層に書き込まれます。

  • * なし(デフォルト) *

    • 階層化ポリシーで「なし」を使用するように設定されたボリュームは、コールドデータをクラウド階層に階層化しません。

    • 階層化ポリシーを「なし」に設定すると、新しい階層化が防止されます。

    • 以前にクラウド階層に移動したボリュームデータは、ホットになるまでクラウド階層に残り、パフォーマンス階層に自動的に戻ります。

OnCommand システムマネージャ

OnCommand システムマネージャを使用してボリュームの階層化ポリシーを変更するには、次の手順を実行します。

  1. OnCommand System Manager を起動します。

  2. ボリュームを選択します。

  3. その他の操作をクリックし、階層化ポリシーの変更を選択します。

  4. ボリュームに適用する階層化ポリシーを選択します。

  5. [ 保存 ] をクリックします .

    エラー:グラフィックイメージがありません

ONTAP CLI

ONTAP CLI を使用してボリュームの階層化ポリシーを変更するには、次のコマンドを実行します。

volume modify -vserver <svm_name> -volume <volume_name>
-tiering-policy <auto|snapshot-only|all|none>