日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ホストのデータディレクトリにスペースを追加しています

寄稿者

Linux ホストを最初にセットアップした時点で Unified Manager をサポートするために「 /opt/netapp/data 」ディレクトリに十分なディスクスペースを割り当てていなかった場合は、インストール後に「 /opt/netapp/data 」ディレクトリのディスクスペースを増やしてディスクスペースを追加できます。

  • 必要なもの *

Unified Manager がインストールされている Red Hat Enterprise Linux マシンまたは CentOS Linux マシンへの root ユーザアクセスが必要です。

データディレクトリのサイズを拡張する前に Unified Manager データベースをバックアップすることを推奨します。

手順
  1. ディスクスペースを追加する Linux マシンに root ユーザとしてログインします。

  2. Unified Manager サービスと関連する MySQL ソフトウェアを次の順序で停止します。 ystemctl stop ocieau ociemysqld

  3. 現在のディレクトリ /opt/NetApp/data' にデータを格納できる十分なディスク・スペースを持つ一時的なバックアップ・フォルダ(例: /backup-data' )を作成します

  4. 既存の「 /opt/NetApp/data 」ディレクトリの内容と権限の設定をバックアップ・データ・ディレクトリにコピーします。

    「 cp -arp /opt/NetApp/data/*/backup-data」 と入力します

  5. SE Linux が有効になっている場合:

    1. 既存の「 /opt/NetApp/data 」フォルダにあるフォルダの SE Linux タイプを取得します。

      「 e_type=ls -Z /opt/NetApp/data|awk '{print$4}'|awk -F :'{print$3}'|head-1`` 」

      次のような情報が返されます。

    echo $se_type
    mysqld_db_t
    1. バックアップ・ディレクトリの SE Linux タイプを設定するには 'chcon' コマンドを実行します

      chcon-R --type=mysqld_db_t/backup-data

  6. /opt/NetApp/data ディレクトリの内容を削除します。

    1. 「 cd /opt/NetApp/data 」と入力します

    2. 「 rm -rf * 」と入力します

  7. LVM コマンドを使用するかディスクを追加して '/opt/NetApp/data' ディレクトリのサイズを 150 GB 以上に拡張します

    注記

    ディスクから「 /opt/NetApp/data 」を作成した場合は、「 /opt/NetApp/data 」を NFS 共有または CIFS 共有としてマウントしないでください。この場合、ディスク領域を拡張しようとすると、「 re size 」や「 extend 」などの一部の LVM コマンドが期待どおりに動作しないことがあります。

  8. '/opt/NetApp/data' ディレクトリ所有者( mysql )とグループ( root )が変更されていないことを確認します

    「 ls -ltr/opt/NetApp/|grep data 」を入力します

    次のような情報が返されます。

    drwxr-xr-x.  17 mysql root  4096 Aug 28 13:08 data
  9. SE Linux が有効になっている場合は '/opt/NetApp/data' ディレクトリのコンテキストが mysqld_db_t に設定されたままであることを確認します

    1. 「 /opt/NetApp/data/abc 」と入力します

    2. 「 ls -Z /opt/NetApp/data/abc 」と入力します

      次のような情報が返されます。

    -rw-r--r--. root root unconfined_u:object_r:mysqld_db_t:s0 /opt/netapp/data/abc
  10. ファイル「 abc 」を削除して、この余分なファイルがデータベースエラーを原因しないようにします。

  11. 「 backup-data' 」の内容を展開された「 /opt/NetApp/data 」ディレクトリにコピーします。

    「 cp -arp/backup-data/ * /opt/NetApp/data/ 」と入力します

  12. SE Linux が有効になっている場合は、次のコマンドを実行します。

    chcon-R --type=mysqld_db_t/opt/NetApp/data

  13. MySQL サービスを開始します。

    'ystemctl は mysqld' を起動します

  14. MySQL サービスが開始されたら、 ocie サービスと ocieau サービスを次の順序で開始します。

    'ystemctl start ocie ocieau

  15. すべてのサービスが開始されたら ' バックアップ・フォルダ '/backup-data' を削除します

    「 rm -rf /backup-data' 」のように入力します