[保護設定]ダイアログ ボックス

[保護設定]ダイアログ ボックスを使用すると、クラスタ上の読み取り、書き込み、データ保護のすべてのボリュームに対してSnapMirror関係とSnapVault関係を作成して、ソース ボリュームまたはプライマリ ボリューム上のデータをレプリケートできます。

[ソース]タブ

[トポロジ]ビュー
作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内のソースが強調表示されます。
ソース情報
選択したソース ボリュームに関する詳細が表示されます。次の情報が含まれます。
  • ソースク ラスタ名
  • ソース SVM
  • ボリュームの累積合計サイズ

    選択したすべてのソース ボリュームの合計サイズが表示されます。

  • ボリュームの累積使用サイズ

    選択したすべてのソース ボリュームの累積使用サイズが表示されます。

  • ソース ボリューム

    次の情報がテーブルに表示されます。

    • ソース ボリューム

      選択したソース ボリュームの名前が表示されます。

    • タイプ

      ボリューム タイプが表示されます。

    • SnapLockタイプ

      ボリュームのSnapLockタイプが表示されます。「コンプライアンス」、「エンタープライズ」「SnapLock なし」のいずれかです。

    • Snapshot コピー

      ベースライン転送に使用されるSnapshotコピーが表示されます。ソース ボリュームが読み取り/ 書き込みボリュームの場合、[Snapshot コピー]列の[デフォルト]の値は、新しいSnapshotコピーがデフォルトで作成され、ベースライン転送に使用されることを示します。ソース ボリュームがデータ保護ボリュームの場合、[Snapshot コピー]列の[デフォルト]の値は、新しいSnapshotコピーが作成されず、既存のすべてのSnapshotコピーがデスティネーションに転送されることを示します。[Snapshot コピー]の値をクリックすると、ベースライン転送に使用する既存のSnapshotコピーを選択するためのSnapshotコピーのリストが表示されます。ソース タイプがデータ保護の場合、別のデフォルトのSnapshotコピーを選択することはできません。

[SnapMirror]タブ

保護関係のデスティネーション クラスタ、Storage Virtual Machine(SVM)、アグリゲート、およびSnapMirror関係を作成する際のデスティネーションの命名規則を指定できます。SnapMirrorポリシーとスケジュールを指定することもできます。

[トポロジ]ビュー
作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内のSnapMirrorのデスティネーション リソースが強調表示されます。
デスティネーション情報
保護関係のデスティネーション リソースを選択できます。
  • [詳細]リンク

    SnapMirror関係の作成時に[詳細なデスティネーション設定]ダイアログ ボックスを表示します。

  • クラスタ

    保護デスティネーション ホストとして使用できるクラスタが表示されます。このフィールドは必須です。

  • Storage Virtual Machine(SVM)

    選択したクラスタで使用できるSVMが表示されます。このリストにSVMを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。

  • アグリゲート

    選択したSVMで使用できるアグリゲートが表示されます。このリストにアグリゲートを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。[アグリゲート]リストには次の情報が表示されます。

    • 順位

      複数のアグリゲートがデスティネーションの要件をすべて満たす場合、この順位は、次の条件に従ってアグリゲートを表示する優先順位を示します。

      1. ソース ボリュームのノードとは異なるノードに配置されているアグリゲートが優先され、障害ドメインの分離が可能になります。
      2. ボリューム数が少ないノード上のアグリゲートが優先され、クラスタ内のノード全体での負荷分散が可能になります。
      3. 他のアグリゲートよりも空きスペースの多いアグリゲートが優先され、容量の分散が可能になります。

      順位1は、この3つの条件に従っているアグリゲートが最も優先されることを示します。

    • アグリゲート名

      アグリゲートの名前

    • 使用可能容量
    • データ用のアグリゲートで使用できるスペースの量
    • リソース プール

      アグリゲートが属するリソース プールの名前

  • 命名規則

    デスティネーション ボリュームに適用されるデフォルトの命名規則を指定します。用意されている命名規則をそのまま使用することも、カスタムの命名規則を作成することもできます。命名規則には、%C、%M、%V、%Nという属性を指定できます。%Cはクラスタ名、%MはSVM名、%Vはソース ボリューム、%Nはトポロジのデスティネーション ノード名です。

    エントリが無効な場合は、[命名規則]フィールドが赤で強調表示されます。「名前のプレビュー」リンクをクリックすると、入力した命名規則のプレビューが表示されます。テキスト フィールドに命名規則を入力すると、プレビュー テキストが動的に更新されます。関係が作成されると、デスティネーション名に001~999のサフィックスが追加され、プレビュー テキストのnnnがこのサフィックスに置き換わります。001が最初に割り当てられ、002が2番目に割り当てられます(以降も同様)。

関係設定
保護関係で使用する最大転送速度、SnapMirrorポリシー、およびスケジュールを指定できます。
  • 最大転送速度

    ネットワークを介してクラスタ間でデータが転送されるときの最大速度を指定します。最大転送速度を指定しない場合は、関係間でベースライン転送が制限されません。ただし、ONTAP 8.2を実行し、かつプライマリ クラスタとセカンダリ クラスタが同じである場合は、この設定が無視されます。

  • SnapMirror ポリシー

    関係のONTAP SnapMirrorポリシーを示します。デフォルトはDPDefaultです。

  • ポリシーの作成

    [SnapMirror ポリシーの作成]ダイアログ ボックスが起動します。このダイアログ ボックスで、新しいSnapMirrorポリシーを作成して使用できます。

  • SnapMirror スケジュール

    関係のONTAP SnapMirrorスケジュールを示します。スケジュールは、「なし」、「5分」、「8時間」、「毎日」、「毎時」、「毎週」のいずれかに設定できます。デフォルトは「なし」で、関係にスケジュールが関連付けられません。スケジュールが設定されていない関係については、ストレージ サービスに属している場合を除き、遅延ステータスの値は報告されません。

  • スケジュールの作成

    [スケジュールの作成]ダイアログ ボックスが起動します。このダイアログ ボックスで、新しいSnapMirrorスケジュールを作成できます。

[SnapVault]タブ

保護関係のセカンダリ クラスタ、SVM、アグリゲート、およびSnapVault関係を作成する際のセカンダリ ボリュームの命名規則を指定できます。SnapVaultポリシーとスケジュールを指定することもできます。

[トポロジ]ビュー
作成する関係が視覚的に表示されます。デフォルトでは、トポロジ内のSnapVaultのセカンダリ リソースが強調表示されます。
セカンダリ情報
保護関係のセカンダリ リソースを選択できます。
  • [詳細]リンク

    [詳細なセカンダリ設定]ダイアログ ボックスを表示します。

  • クラスタ

    保護のセカンダリ ホストとして使用できるクラスタが表示されます。このフィールドは必須です。

  • Storage Virtual Machine(SVM)

    選択したクラスタで使用できるSVMが表示されます。このリストにSVMを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。

  • アグリゲート

    選択したSVMで使用できるアグリゲートが表示されます。このリストにアグリゲートを表示するには、クラスタを選択する必要があります。このフィールドは必須です。[アグリゲート]リストには次の情報が表示されます。

    • 順位

      複数のアグリゲートがデスティネーションの要件をすべて満たす場合、この順位は、次の条件に従ってアグリゲートを表示する優先順位を示します。

      1. プライマリ ボリュームのノードとは異なるノードに配置されているアグリゲートが優先され、障害ドメインの分離が可能になります。
      2. ボリューム数が少ないノード上のアグリゲートが優先され、クラスタ内のノード全体での負荷分散が可能になります。
      3. 他のアグリゲートよりも空きスペースの多いアグリゲートが優先され、容量の分散が可能になります。

      順位1は、この3つの条件に従っているアグリゲートが最も優先されることを示します。

    • アグリゲート名

      アグリゲートの名前

    • 使用可能容量
    • データ用のアグリゲートで使用できるスペースの量
    • リソース プール

      アグリゲートが属するリソース プールの名前

  • 命名規則

    セカンダリ ボリュームに適用されるデフォルトの命名規則を指定します。用意されている命名規則をそのまま使用することも、カスタムの命名規則を作成することもできます。命名規則には、%C、%M、%V、%Nという属性を指定できます。%Cはクラスタ名、%MはSVM名、%Vはソース ボリューム、%Nはトポロジのセカンダリ ノード名です。

    エントリが無効な場合は、[命名規則]フィールドが赤で強調表示されます。「名前のプレビュー」リンクをクリックすると、入力した命名規則のプレビューが表示されます。テキスト フィールドに命名規則を入力すると、プレビュー テキストが動的に更新されます。無効な値を入力すると、プレビュー領域では無効な情報に赤の疑問符が表示されます。関係が作成されると、セカンダリ名に001~999のサフィックスが追加され、プレビュー テキストのnnnがこのサフィックスに置き換わります。001が最初に割り当てられ、002が2番目に割り当てられます(以降も同様)。

関係設定
保護関係で使用される最大転送速度、SnapVaultポリシー、およびSnapVaultスケジュールを指定できます。
  • 最大転送速度

    ネットワークを介してクラスタ間でデータが転送されるときの最大速度を指定します。最大転送速度を指定しない場合は、関係間でベースライン転送が制限されません。ただし、ONTAP 8.2を実行し、かつプライマリ クラスタとセカンダリ クラスタが同じである場合は、この設定が無視されます。

  • SnapVault ポリシー

    関係に対するONTAPのSnapVaultポリシーを指定します。デフォルトは「XDPDefault」です。

  • ポリシーの作成

    [SnapVault ポリシーの作成]ダイアログ ボックスを表示します。ここでは、新しいSnapVaultポリシーを作成して使用できます。

  • SnapVault スケジュール

    関係に対するONTAPのSnapVaultスケジュールを指定します。スケジュールは、「なし」、「5分」、「8時間」、「毎日」、「毎時」、「毎週」のいずれかに設定できます。デフォルトは「なし」で、関係にスケジュールが関連付けられません。スケジュールが設定されていない関係については、ストレージ サービスに属している場合を除き、遅延ステータスの値は報告されません。

  • スケジュールの作成

    [スケジュールの作成]ダイアログ ボックスを表示します。ここでは、SnapVaultスケジュールを作成できます。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

キャンセル
選択項目を破棄して[保護設定]ダイアログ ボックスを閉じます。
適用
選択項目を適用して保護プロセスを開始します。