日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM イベントレートチェッカー

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

イベントレートチェッカーは、 ONTAP SVM データコレクタをインストールする前に、 SVM での NFS / SMB の組み合わせイベントレートを確認するために使用します。これにより、エージェントマシンで監視可能な SVM 1 の数が表示されます。

要件

  • クラスタ IP

  • クラスタ管理者のユーザ名とパスワード

注記 このスクリプトを実行するときは、イベント速度を確認する SVM で ONTAP SVM Data Collector を実行していない必要があります。

手順

  1. CloudSecure の指示に従って、 Agent をインストールします。

  2. エージェントをインストールしたら、 sudo ユーザとして _server_data_rate_checker.sh_script を実行します。

     /opt/netapp/cloudsecure/agent/install/svm_event_rate_checker.sh
    . このスクリプトを使用するには、 Linux マシンに _sshpass_to をインストールする必要があります。インストール方法は 2 種類あります。
    1. 次のコマンドを実行します。

       linux_prompt> yum install sshpass
      .. 表示されない場合は、 Web から Linux マシンに sshpass_to をダウンロードし、次のコマンドを実行します。
      linux_prompt> rpm -i sshpass
  3. プロンプトが表示されたら、正しい値を指定します。例については、以下を参照してください。

  4. スクリプトの実行には約 5 分かかります。

  5. 実行が完了すると、 SVM からイベントレートが出力されます。コンソールの出力では、 SVM ごとのイベントレートを確認できます。

    “Svm svm_rate is generating 100 events/sec”.
  6. 各 ONTAP SVM データコレクタを 1 つの SVM に関連付けることができます。つまり、各データコレクタは、 1 つの SVM が生成するイベント数を受け取ることができます。

次の事項に注意してください。

a) 単一のエージェントマシンでは、以下を処理できます。

Agent Machine Configuration の略

SVM データコレクタの数

エージェントマシンが処理できる最大イベントレート

4 コア、 16GB

10 個のデータコレクタ

20K イベント / 秒

4 コア、 32GB

データコレクタ 20 個

20K イベント / 秒

b )合計イベント数を計算するには、そのエージェントのすべての SVM に対して生成されたイベントを追加します。

c) スクリプトがピーク時に実行されない場合、またはピークトラフィックが予測しにくい場合は、 30% のイベントレートバッファを維持します。

B+C は A 未満でなければなりません。そうしないと、 Agent マシンはモニタできません。

つまり、 1 台のエージェントマシンに追加できるデータコレクタの数は、次の式に準拠する必要があります。

Sum of all Event rate of all Data Source Collectors + Buffer Event rate of 30% < 20000 events/second

ここでは、 1 秒あたり 100 、 200 、および 300 のイベントレートを生成する SMS が 3 つあるとします。

式を適用します。

 (100+200+300) + [(100+200+300)*30%] = 600+180 = 780events/sec
780 events/second is < 20000 events/second, so the 3 SVMs can be monitored via one agent box.

コンソール出力は、エージェントマシンの現在の作業ディレクトリにあるファイル名 fpolicy_stat_<SVM 名 > .log で確認できます。

次の場合、スクリプトから間違った結果が返されることがあります。

  • クレデンシャル、 IP 、または SVM 名が正しくない。

  • 同じ名前、シーケンス番号などの既存の FPolicy にはエラーが発生します。

  • 実行中はスクリプトは突然停止します。

スクリプトの実行例を次に示します。

[root@ci-cs-data agent]# /opt/netapp/cloudsecure/agent/install/svm_event_rate_checker.sh
Enter the cluster ip: 10.192.139.166
Enter the username to SSH: admin
Enter the password:
Getting event rate for NFS and SMB events.
Available SVMs in the Cluster
-----------------------------
QA_SVM
Stage_SVM
Qa-fas8020
Qa-fas8020-01
Qa-fas8020-02
audit_svm
svm_rate
vs_new
vs_new2
-----------------------------
Enter [1/5] SVM name to check (press enter to skip): svm_rate
Enter [2/5] SVM name to check (press enter to skip): audit_svm
Enter [3/5] SVM name to check (press enter to skip):
Enter [4/5] SVM name to check (press enter to skip):
Enter [5/5] SVM name to check (press enter to skip):
Running check for svm svm_rate...
Running check for svm audit_svm...
Waiting 5 minutes for stat collection
Stopping sample svm_rate_sample
Stopping sample audit_svm_sample
fpolicy stats of svm svm_rate is saved in fpolicy_stat_svm_rate.log
Svm svm_rate is generating 100 SMB events/sec and 100 NFS events/sec
Overall svm svm_rate is generating 200 events/sec
fpolicy stats of svm audit_svm is saved in fpolicy_stat_audit_svm.log
Svm audit_svm is generating 200 SMB events/sec and 100 NFS events/sec
Overall svm audit_svm is generating 300 events/sec
[root@ci-cs-data agent]#

トラブルシューティング

質問:すでに Cloud Secure 用に設定されている SVM でこのスクリプトを実行する場合、その SVM で既存の fpolicy config を使用するか、一時的に FPolicy を設定してプロセスを実行しますか。

回答: Cloud Secure 用にすでに設定されている SVM でも、イベントレートチェッカーを実行できます。影響はありません。

質問:スクリプトを実行できる SVM の数を増やすことはできますか。

回答:はい。スクリプトを編集して、 SVM の最大数を 5 から任意の数に変更するだけです。

質問: SVM の数を増やすと、スクリプトの実行時間は長くなりますか。

回答:いいえSVM の数を増やした場合でも、スクリプトは最大 5 分間実行されます。

質問:スクリプトを実行できる SVM の数を増やすことはできますか。

回答:はい。スクリプトを編集して、 SVM の最大数を 5 から任意の望ましい数に変更する必要があります。

質問: SVM の数を増やすと、スクリプトの実行時間は長くなりますか。

回答:いいえSVM の数を増やした場合でも、スクリプトは最大 5 分間実行されます。