日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

設定済みデータコレクタの管理

寄稿者 dgracenetapp netapp-alavoie

Installed Data Collectors ページから、 Cloud Insights 用に設定されているデータコレクタにアクセスできます。このページを使用して、既存のデータコレクタを変更できます。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックします

    Available Data Collectors 画面が表示されます。

  2. [ インストール済みデータコレクタ * ] をクリックします

    インストールされているすべてのデータコレクタのリストが表示されます。このリストには、コレクタの名前、ステータス、コレクタがアクセスしている IP アドレス、およびデバイスからデータが最後に取得された時刻が表示されます。この画面で実行できる操作には、次のものがあります。

    • ポーリングの制御

    • データコレクタのクレデンシャルを

    • データコレクタのクローンを作成

Data Collector ポーリングの制御

データコレクタに変更を加えたあと、変更を確認するためにポーリングをすぐに開始することができます。また、問題について調査するために、データコレクタのデータ収集を 1 日、 3 日、または 5 日間延期することもできます。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックします

  2. [ インストール済みデータコレクタ * ] をクリックします

  3. 変更する Data Collector の左側にあるチェックボックスをオンにします

  4. [ * 一括処理 * ] をクリックして、実行するポーリングアクションを選択します。

    複数のデータコレクタに対して一括アクションを同時に実行できます。データコレクターを選択し、 * 一括アクション * メニューから実行するアクションを選択します。

データコレクタ情報の編集

既存のデータコレクタの設定情報を編集できます。

単一のデータコレクタを編集するには、次
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックして、インストールされているデータコレクタのリストを開きます。

  2. 変更するデータコレクターの右にあるオプションメニューで、 * 編集 * をクリックします。

    [Edit Collector] ダイアログが開きます。

  3. 変更内容を入力し、 * テスト構成 * をクリックして新しい構成をテストするか、 * 保存 * をクリックして構成を保存します。

複数のデータコレクタを編集することもできます。

  1. 変更する各データコレクタの左側にあるチェックボックスをオンにします。

  2. 「 * Bulk Actions * 」ボタンをクリックし、「 * Edit * 」を選択して、「 Edit Data Collector 」ダイアログを開きます。

  3. 上記のようにフィールドを変更します。

    注記 同じベンダーとモデルのデータコレクタを選択し、同じ Acquisition Unit に配置する必要があります。

    複数のデータコレクタを編集する場合、 Data Collector Name フィールドには「 Mixed 」と表示され、編集できません。ユーザー名やパスワードなどの他のフィールドには「混在」と表示され、編集できます。選択したデータコレクタ間で同じ値を共有するフィールドには、現在の値が表示され、編集できます。

    複数のデータコレクタを編集する場合、 * テスト設定 * ボタンは使用できません。

データコレクタのクローニング

クローニング機能を使用すると、別のデータソースと同じクレデンシャルと属性を持つデータソースをすばやく追加することができます。クローンを作成すると、同じデバイスタイプの複数のインスタンスを簡単に構成できます。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックします。

  2. [ インストール済みデータコレクタ * ] をクリックします。

  3. コピーするデータコレクタの左側にあるチェックボックスをオンにします。

  4. 選択したデータコレクターの右にあるオプションメニューで ' * クローン * をクリックします

    Clone Data Collector (クローンデータ収集)ダイアログが表示されます。

  5. 必須フィールドに新しい情報を入力します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

他のすべての属性と設定がクローニング処理によってコピーされ、新しいデータコレクタが作成されます。

データコレクタに対して一括操作を実行する

複数のデータコレクタの一部の情報を同時に編集できます。この機能を使用すると、複数のデータコレクタでポーリングの開始、ポーリングの延期、およびポーリングの再開を行うことができます。また、複数のデータコレクタを削除することもできます。

手順
  1. Cloud Insights メニューで、 * Admin > Data Collector* をクリックします

  2. [ インストール済みデータコレクタ * ] をクリックします

  3. 変更するデータコレクタの左側にあるチェックボックスをオンにします。

  4. 右側のオプションメニューで、実行するオプションをクリックします。

選択した操作がデータコレクタで実行されます。データコレクタを削除するように選択すると、アクションを適合させる必要があるダイアログが表示されます。