日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動デバイス解決の概要

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights で監視するすべてのデバイスを特定する必要があります。環境のパフォーマンスとインベントリを正確に追跡するには、識別が必要です。通常、環境で検出されたデバイスの大部分は、 Automatic Device Resolution で識別されます。

データコレクタを設定すると、スイッチ、ストレージアレイ、ハイパーバイザーや VM の仮想インフラなど、環境内のデバイスが特定されます。ただし、通常は環境内のすべてのデバイスが識別されるわけではありません。

データコレクタタイプのデバイスを設定したら、デバイス解決ルールを利用して環境内の残りの不明なデバイスを特定することを推奨します。デバイス解決は、次のデバイスタイプとして不明なデバイスの解決に役立ちます。

  • 物理ホスト

  • ストレージアレイ

  • テープ

デバイス解決後も不明なままのデバイスは汎用デバイスとみなされるため、クエリやダッシュボードに表示することもできます。

似た属性の新しいデバイスが以降に環境に追加されると、作成したルールに基づいて自動的に識別されます。場合によっては、 Cloud Insights 内の未検出デバイスについて、デバイス解決ルールを使用せずに手動で識別することも可能です。

デバイスの識別が完了していないと、次のような問題が発生する可能性

  • 不完全なパスです

  • マルチパス接続が識別されない

  • アプリケーションをグループ化できない

  • 正確なトポロジが表示されない

  • Data Warehouse や Reporting で正確なデータが表示されない

デバイス解決機能( [ 管理 ]>[ デバイス解決 ] )には、次のタブがあります。各タブは、デバイス解決の計画および結果の表示に役割を果たします。

  • * Fibre Channel identify * には、自動デバイス解決で解決されなかったファイバ・チャネル・デバイスの WWN およびポート情報のリストが含まれます。識別されたデバイスの割合も表示されます。

  • * IP Address identify * には、自動デバイス解決で識別されなかった CIFS 共有および NFS 共有にアクセスするデバイスのリストが表示されます。識別されたデバイスの割合も表示されます。

  • * 自動解決ルール * には、ファイバ・チャネル・デバイス解決を実行する際に実行されるルールのリストが含まれます。これらのルールは、識別されないファイバチャネルデバイスを解決するために作成します。

  • * 環境設定 * には、環境に合わせてデバイスの解像度をカスタマイズするための設定オプションが用意されています。

作業を開始する前に

デバイスを識別するルールを定義する前に、環境がどのように設定されているかを理解しておく必要があります。環境についての知識が多いほど、デバイスの識別が容易になります。

正確なルールを作成するには、次のような回答の質問が必要です。

  • ゾーンやホストの命名基準がある場合、それらはどの程度正確であるか。

  • スイッチエイリアスやストレージエイリアスを使用している場合、それらがホスト名と一致しているかどうか。

  • 命名規則はどれくらいの頻度で変更されますか?

  • 買収や合併によって命名規則が変わっていないかどうか。

環境を分析することで、どのような命名基準があり、その信頼性がどの程度であるかを特定できるようになります。たとえば、収集した情報から、次の図のような状況であることがわかったとします。

デバイス概要図

この例では、ストレージエイリアスで最も多くのデバイスを表すことができます。ストレージエイリアスを使用してホストを識別するルールを最初に記述し、次にスイッチエイリアスを使用するルール、最後にゾーンエイリアスを使用するルールを作成します。ゾーンエイリアスやスイッチエイリアスと重なっている部分のデバイスについても、ストレージエイリアスのルールで識別できるため、ゾーンエイリアスやスイッチエイリアスに必要なルールは少なくて済みます。

デバイスを識別する手順

環境内のデバイスを識別する一般的なワークフローを次に示します。識別は反復的なプロセスであり、ルールの計画や調整が何度も必要になることがあります。

  • 研究環境

  • ルールを計画する

  • ルールを作成 / 改訂します

  • 結果を確認します

  • 追加のルールを作成するか、デバイスを手動で識別します

  • 完了しました

注記 未識別のデバイス(通常は不明または汎用デバイス)が環境にあり、その後、ポーリング時にこれらのデバイスを識別するデータソースを設定すると、それらのデバイスは表示されなくなり、汎用デバイスとしてカウントされなくなります。