日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

エキスパートビュー

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

アセットページのエキスパートビューセクションでは、任意の数の該当する指標に基づいてベースアセットのパフォーマンスサンプルを表示でき、選択した期間のパフォーマンスチャートと関連するアセットを参照できます。

[ エキスパートビュー( Expert View ) ] セクションの使用

ストレージアセットページの Expert View セクションの例を次に示します。

Expert View の例

選択した期間について、パフォーマンスチャートで表示する指標を選択することができます。[Display Metrics_] ドロップダウンをクリックし、表示されたメトリックから選択します。

リソースセクションには、ベースアセットの名前とパフォーマンスチャートでの色が表示されます。「上位相関 * 」セクションにパフォーマンスチャートに表示したいアセットが含まれていない場合は、「その他のリソース」セクションの「アセットの検索」ボックスを使用してアセットを検索し、パフォーマンスチャートに追加できます。リソースを追加すると、 [ 追加リソース ] セクションにリソースが表示されます。

ベースアセットに関連するアセットがある場合、それらのアセットもリソースセクションに次のカテゴリ別に表示されます。

  • 関連性が高い

    1 つ以上のパフォーマンス指標との関連性が高いアセット(割合)がベースアセットに表示されます。

  • 上位貢献者

    ベースアセットへの影響が大きいアセットが表示されます。

  • Greedy

    に、ホスト、ネットワーク、ストレージなど、同じリソースの共有を通じてアセットからシステムリソースを引き継ぐアセットを示します。

  • デグレード

    このアセットにシステムリソースを奪われているアセットが表示されます。

エキスパートビューのアラート

また、アセットランディングページのエキスパートビューセクションには、アラートをトリガーした時間と期間、およびアラートをトリガーした監視条件が表示されます。

エキスパートビューのアラート

エキスパートビューの指標の定義

アセットページのエキスパートビューセクションには、アセットに対して選択した期間に関する複数の指標が表示されます。各指標は独自のパフォーマンスチャートに表示されます。確認が必要なデータに応じて、チャートに表示する指標や関連するアセットを追加したり削除したりできます。選択できる指標はアセットのタイプによって異なります。

* メートル法 *

* 概要 *

BB クレジットのゼロ受信、転送

サンプリング期間中に受信 / 送信のバッファ間クレジット数がゼロになった回数。この指標は、接続されたポートで提供できるクレジットを使い果たしたために転送が中止された回数を表します。

BB クレジットのゼロ期間の転送

サンプリング期間中に送信 BB クレジットがゼロになっていた時間(ミリ秒)。

キャッシュヒット率(合計、読み取り、書き込み)

キャッシュにヒットする要求の割合。ボリュームへのアクセス数に対するヒット数の割合が高いほど、パフォーマンスが高くなります。この列は、キャッシュヒット情報を収集しないストレージアレイについては空になります。

キャッシュ使用率(合計)

キャッシュにヒットするキャッシュ要求の合計割合

クラス 3 は破棄されます

ファイバチャネルのクラス 3 データ転送が破棄された回数。

CPU 利用率(合計)

使用可能な合計(すべての仮想 CPU )に対する使用中のアクティブな CPU リソースの割合。

CRC エラーです

サンプリング期間中にポートで無効な Cyclic Redundancy Check ( CRC ;巡回冗長検査)が検出されたフレーム数

フレームレート

転送フレームレート( 1 秒あたりのフレーム数)。

フレームサイズ平均( Rx 、 Tx )

フレームサイズに対するトラフィックの比率。この指標から、ファブリック内にフレームのオーバーヘッドがないかどうかを特定できます。

フレームサイズが長すぎます

ファイバチャネルの長すぎるデータ転送フレームの数。

フレームサイズが短すぎます

ファイバチャネルの短すぎるデータ転送フレームの数。

I/O 密度(合計、読み取り、書き込み)

ボリューム、内部ボリューム、またはストレージ要素の使用済み容量(データソースの最新のインベントリポーリングから取得)で IOPS を割った値。1 秒間の TB あたりの I/O 処理数で測定されます。

IOPS (合計、読み取り、書き込み)

I/O チャネルまたはそのチャネルの一部を通過する読み取り / 書き込み I/O サービス要求の単位時間あたりの数( 1 秒あたりの I/O 数で測定)

IP スループット(合計、読み取り、書き込み)

合計: IP データの転送および受信速度の合計。 1 秒あたりのメガバイト数で示されます。

読み取り: IP スループット(受信):

IP データを受信した平均レート( 1 秒あたりのメガバイト数)。

書き込み: IP スループット(送信):

IP データが 1 秒あたりのメガバイト数で送信された平均レート。

レイテンシ(合計、読み取り、書き込み)

Latency ( R&W ):一定の時間内にデータが仮想マシンに対して読み取りまたは書き込みされるレート。1 秒あたりのメガバイト数で測定されます。

レイテンシ

データストア内の仮想マシンからの平均応答時間。

上位のレイテンシ:

データストア内の仮想マシンからの最大応答時間。

リンク障害です

サンプリング期間中にポートで検出されたリンク障害の数。

リンクリセット Rx 、 Tx

サンプリング期間中に受信または送信されたリセットリンクの数。この指標は、このポートに対して接続されたポートから発行されたリンクリセットの数を表します。

メモリ使用率(合計)

ホストで使用されるメモリのしきい値。

部分的 R/W (合計) %

RAID 5 、 RAID 1/0 、または RAID 0 の LUN において、読み取り / 書き込み処理がディスクモジュールのストライプ境界を越えた合計回数。通常、ストライプを越えると、各 LUN で追加の I/O が必要になるため、ストライプを越えることは効果がありませんこの割合が低いほど、ストライプ要素のサイズは効率的であり、ボリューム(ネットアップの LUN )のアライメントは不適切であることを示します。CLARiX については、ストライプを越えた回数を IOPS の合計で割った値が示されます。

ポートエラーです

サンプリング期間中または一定の期間に検出されたポートエラーのレポート。

信号損失回数

信号損失エラーの数。信号損失エラーが発生した場合は、電気的接続がなく、物理的な問題があります。

スワップレート(合計レート、インレート、アウトレート)

サンプリング期間中にディスクとアクティブメモリの間にスワップイン速度、スワップアウト速度、またはその両方が発生した速度。これは環境仮想マシンのカウンタです。

同期損失の数

同期損失エラーの数同期損失エラーが発生した場合、ハードウェアはトラフィックを認識できないか、ロックオンされません。すべての機器のデータ速度が同じでないか、光接続または物理接続の品質が低下している可能性があります。このエラーが発生するたびにポートの再同期が必要になるため、システムのパフォーマンスに影響します。単位は KB/ 秒です

スループット(合計、読み取り、書き込み)

I/O サービス要求への応答として一定の時間内に送受信されたデータのレート( 1 秒あたりの MB で測定)。

タイムアウト廃棄フレーム数 - Tx

送信フレームがタイムアウトで破棄された回数。

トラフィック速度(合計、読み取り、書き込み)

サンプリング期間中に送受信されたトラフィックの量( 1 秒あたりのメビバイト数)。

トラフィック利用率(合計、読み取り、書き込み)

サンプリング期間中の送受信トラフィックの比率、受信 / 送信 / 合計容量に対するトラフィックの比率。

利用率(合計、読み取り、書き込み)

送信( Tx )と受信( Rx )に使用できる帯域幅の割合。

書き込み保留(合計)

保留中の書き込み I/O サービス要求の数。

[ エキスパートビュー( Expert View ) ] セクションの使用

エキスパートビューのセクションでは、選択した期間中に適用可能な任意の数の指標に基づいてアセットのパフォーマンスチャートを表示し、関連するアセットを追加してアセットと関連するアセットのパフォーマンスをさまざまな期間で比較および比較できます。

手順
  1. 次のいずれかの方法でアセットページを検索します。

    • 特定のアセットを検索して選択します。

    • ダッシュボードウィジェットからアセットを選択します。

    • 一連のアセットを照会し、結果リストから 1 つ選択します。

      アセットページが表示されます。デフォルトでは、パフォーマンスチャートには、アセットページで選択した期間についての 2 つの指標のデータが表示されます。たとえば、ストレージの場合は、レイテンシと合計 IOPS がデフォルトで表示されます。リソースセクションには、リソースの名前とその他のリソースセクションが表示されます。ここでは、アセットを検索できます。アセットによっては、関連性の高いアセット、影響のあるリソース、 Greedy リソース、 Dedgraded セクションにアセットが表示されることもあります。これらのセクションに関連するアセットがない場合、それらのアセットは表示されません。

  2. 指標のパフォーマンスチャートを追加するには、 [* Display Metrics] をクリックし、表示する指標を選択します。

    選択した指標ごとに個別のグラフが表示されます。グラフには、選択した期間のデータが表示されます。期間を変更するには、アセットページの右上にある別の期間をクリックするか、グラフを拡大します。

    [Display Metrics] をクリックして、グラフの選択を解除します。エキスパートビューからは、その指標のパフォーマンスチャートが削除されます。

  3. グラフにカーソルを合わせ、アセットに応じて次のいずれかをクリックすると、そのグラフに表示される指標データを変更できます。

    • 読み取り、書き込み、合計のいずれかです

    • Tx 、 Rx 、または Total

      デフォルトは合計です。

    グラフ上でカーソルをドラッグしてデータポイントを選択すると、選択した期間における指標の値の変化を確認できます。

  4. リソースセクションでは、関連するアセットをパフォーマンスチャートに追加できます。

    • 関連するアセットを「上位の関連項目 * 」、「上位の寄与者 * 」、「 Greedy * 」、「 Degraded 」の各セクションで選択することで、そのアセットのデータを選択した各指標のパフォーマンスチャートに追加できます。

      アセットを選択すると、そのアセットのグラフ上のデータポイントと同じ色のブロックがアセットの横に表示されます。

  5. [ リソースを隠す ] をクリックすると、 [ その他のリソース ] ペインが非表示になります。[* リソース ] をクリックしてペインを表示します。

    • 表示されているアセットの名前をクリックすると、そのアセットページを表示できます。また、ベースアセットに対する関連性または影響度を示す数値をクリックすると、ベースアセットとアセットの関連性の詳細が表示されます。

      たとえば、関連性が高いアセットの横にある関連性の数値をクリックすると、ベースアセットとの関連性についてタイプ別に比較した情報メッセージが表示されます。

    • 関連性が高いセクションに比較のためにパフォーマンスチャートに表示するアセットが含まれていない場合は、 [ その他のリソース ] セクションの [ アセットの検索 ] ボックスを使用して他のアセットを検索できます。

選択したアセットは、 [ リソースの追加 ] セクションに表示されます。アセットの情報の表示を中止する場合は、をクリックします 削除