日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Insights レポート概要

寄稿者 netapp-alavoie dgracenetapp このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights Reporting は、事前定義済みのレポートを表示したりカスタムレポートを作成したりできる、ビジネスインテリジェンスツールです。

注記 レポート機能は Cloud Insights で使用できます "Premium Edition の場合"

Cloud Insights レポートを使用すると、次のタスクを実行できます。

  • 事前定義済みのレポートを実行します

  • カスタムレポートを作成する

  • レポートの形式と配信方法をカスタマイズする

  • レポートが自動的に実行されるようにスケジュールを設定する

  • レポートを E メールで送信

  • データのしきい値を色で表します

Cloud Insights レポートでは、チャージバック、消費分析、予測などの領域用のカスタムレポートを生成できます。また、回答に関する次のような質問にも対応できます。

  • 所有しているインベントリ

  • インベントリの場所

  • アセットの使用者

  • ビジネスユニットに割り当てられているストレージのチャージバック

  • ストレージ容量の追加購入が必要になるまでの期間

  • ビジネスユニットが適切なストレージ階層に配置されているか。

  • 1 カ月、 1 四半期、 1 年のストレージ割り当ての変化

Cloud Insights レポートにアクセスしています

メニューの [*Reports] リンクをクリックすると、 Cloud Insights レポートにアクセスできます。

Reporting インターフェイスに移動します。Cloud Insights では、レポート作成エンジンに IBM Cognos Analytics を使用しています。Reporting クレデンシャルを使用してログインします。

ETL とは

Reporting では、「 Data Warehouse 」と「 ETL 」という用語が使用されます。ETL は、「抽出、変換、読み込み」の略です。ETL プロセスでは、 Cloud Insights で収集されたデータが取得されて、レポート用の形式に変換されます。「 Data Warehouse 」は、レポートに使用できる収集データを表します。

ETL プロセスは、次の個別プロセスで構成されます。

  • * 抽出 *: Cloud Insights からデータを取得します。

  • * Transform * : Cloud Insights から抽出されたデータにビジネスロジックのルールまたは関数を適用します。

  • * ロード *: 変換されたデータをデータウェアハウスに保存して、レポート作成に使用します。