日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IBM SAN Volume Controller データコレクタの設定

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

IBM SVC データコレクタは、 SSH を使用してインベントリとパフォーマンスのデータを収集し、 SVC オペレーティングシステムを実行するさまざまなデバイスをサポートします。

サポートされるデバイスには、 SVC 、 v7000 、 v5000 、 v3700 などのモデルが含まれます。サポートされるモデルとファームウェアバージョンについては、 Cloud Insights サポートマトリックスを参照してください。

用語集

Cloud Insights では、 IBM SVC データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ドライブ

ディスク

クラスタ

ストレージ

ノード

ストレージノード

mdisk グループ

ストレージプール

仮想ディスク

ボリューム

mdisk

バックエンド LUN とパス

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータコレクタのすべてのケースを表しているわけではありません。

インベントリの要件

  • 各 SVC クラスタの IP アドレス

  • ポート 22 を使用できます

  • 読み取り専用のユーザ名とパスワード

パフォーマンス要件

  • SVC コンソールはすべての SVC クラスタに必須であり、 SVC 検出基本パッケージに必要です。

  • クレデンシャルには、クラスタノードから構成ノードにパフォーマンスファイルをコピーするためだけに管理アクセスレベルが必要になります。

  • データ収集を有効にするには、 SSH を使用して SVC クラスタに接続し、次のコマンドを実行します。 svctask startstats -interval 1_

    注:データ収集は SVC 管理ユーザインターフェイスを使用して有効にすることもできます。

設定

フィールド 説明

クラスタ IP アドレス

SVC ストレージの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

Inventory User Name の略

SVC CLI のユーザ名

Inventory Password (インベントリパスワード)

SVC CLI のパスワード

高度な設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 40 分です。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

ダンプされた統計情報ファイルをクリーンアップする場合

ダンプされた統計情報ファイルをクリーンアップするには ' このチェックボックスをオンにします

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

問題 次の操作を実行します

エラー: " 構成ノードで実行されていないため、コマンドを開始できません。 "

このコマンドは構成ノードで実行する必要があります。

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

問題 次の操作を実行します

エラー: " 構成ノードで実行されていないため、コマンドを開始できません。 "

このコマンドは構成ノードで実行する必要があります。

この Data Collector の追加情報は、から入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"