日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

モニタからのアラートの表示と管理

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights には、アラートが表示されます "監視対象のしきい値" 超過しています。

ヒント モニタとアラートは、 Cloud Insights Standard Edition 以降で使用できます。

アラートの表示と管理

アラートを表示および管理するには、次の手順を実行します。

  1. [* Alerts] > [All Alerts] * ページに移動します。

  2. 最新の 1 、 000 個までのアラートのリストが表示されます。フィールドの列ヘッダーをクリックすると、任意のフィールドでこのリストをソートできます。リストには、次の情報が表示されます。デフォルトでは、すべての列が表示されるわけではありません。表示する列を選択するには、「歯車」アイコンをクリックします 歯車アイコン

    • * アラート ID* :システムによって生成された一意のアラート ID

    • * Triggered Time * :該当するモニタがアラートをトリガーした時刻

    • * 現在の重大度 * (アクティブなアラートタブ):アクティブなアラートの現在の重大度

    • * 重大度上位 * (解決済みアラートタブ)。解決前のアラートの最大重大度

    • Monitor :アラートをトリガーするように設定されたモニタ

    • * triggered on * :監視対象のしきい値に違反したオブジェクト

    • * ステータス * :現在のアラートステータス、 New_or_in Process

    • * アクティブステータス * : _Active_or_Resolved _

    • * Condition * :アラートをトリガーしたしきい値条件

    • * Metric * :監視対象のしきい値を超えたオブジェクトのメトリック

    • Monitor Status :アラートをトリガーしたモニタの現在のステータス

アラートの右側にあるメニューをクリックし、次のいずれかを選択してアラートを管理できます。

  • * 処理中 * :アラートが調査中であること、またはオープン状態を維持する必要があることを示します

  • * Dismiss * を選択すると、アクティブなアラートのリストからアラートが削除されます。

各アラートの左側にあるチェックボックスをオンにして、 [ 選択したアラートステータスの変更 ] をクリックすると、複数のアラートを管理できます。

アラート ID をクリックすると、アラート詳細ページが開きます。

アラートの詳細ページ

Alert Detail ページには ' アラートの詳細情報が表示されますこれには 'a_Summary_'a_Expert View_Showing Graphs related to the object' any_related Assets_'_Comments_entered by alert 博士が含まれます

アラートの詳細ページ

「 Permanently Active 」アラート

監視対象オブジェクトでは、条件を「常に * 」にするようにモニタを設定できます。たとえば、 IOPS>1 や Latency >0 などです。これらは頻繁に「テスト」モニターとして作成され、そして忘れられる。このような監視を実行すると、コンスティチュエントオブジェクトを永続的に開いたままにするアラートが作成されます。これにより、原因システムにかかる負荷や安定性の問題が時間の経過に

これを回避するために、 Cloud Insights は 7 日後に「 permanently active 」アラートを自動的に閉じます。基本的なモニタ状態が ( おそらく ) 継続して存在し、新しいアラートがほぼ即座に発行されることに注意してください。しかし、この「常時アクティブ」アラートを閉じることで、他の状況で発生する可能性のあるシステム負荷が軽減されます。