日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Dell EMC VNX Block Storage ( NaviCLI )データコレクタ

寄稿者 netapp-alavoie このページの PDF をダウンロード

Cloud Insights では、 Dell EMC VNX Block Storage ( NaviSec )データコレクタ(旧称 CLARiiON )を使用してインベントリデータとパフォーマンスデータを取得します。

用語集

Cloud Insights は、 EMC VNX Block Storage データコレクタから次のインベントリ情報を取得します。Cloud Insights では、取得したアセットのタイプごとに、そのアセットに使用される最も一般的な用語が表示されます。このデータコレクタを表示またはトラブルシューティングするときは、次の用語に注意してください。

ベンダー / モデルの用語 Cloud Insights の用語

ディスク

ディスク

ストレージ

ストレージ

ストレージプロセッサ

ストレージノード

このプール 'RAID グループ

ストレージプール

LUN

ボリューム

注:これらは一般的な用語の対応のみを示したものであり、このデータソースのすべてのケースを表しているとは限りません。

要件

データを収集するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • 各 VNX ブロックストレージプロセッサの IP アドレス

  • VNX ブロックストレージアレイに対する読み取り専用の Navisphere ユーザー名とパスワード

  • naviseccli は Cloud Insights AU にインストールする必要があります

  • アクセスの検証:ユーザ名とパスワードを使用して、 Cloud Insights AU から各アレイに naviseccli を実行します。

  • ポート要件: 80 、 443

  • naviseccli のバージョンは ' アレイ上の最新の FLARE コードに対応している必要があります

  • パフォーマンスを収集するには、統計のログを有効にする必要があります。

NaviSECCLI.exe -h <ip address> -user <user> -password <password> -scope <scope 、 use 0 for global scope> -port <use 443 by default> コマンド

設定

フィールド 説明

VNX Block Storage の IP アドレス

VNX ブロックストレージの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名

ユーザ名

VNX ブロックストレージデバイスへのログインに使用する名前。

パスワード

VNX ブロックストレージデバイスへのログインに使用するパスワード。

CLI から naviseccli.exe へのパス

_naviseccli.exe_executable を含むフォルダへの完全パス

詳細設定

フィールド 説明

インベントリポーリング間隔(分)

インベントリのポーリング間隔。デフォルトは 40 分です。

適用範囲

セキュアなクライアントの範囲デフォルトは Global です。

パフォーマンスポーリング間隔(秒)

パフォーマンスのポーリング間隔デフォルトは 300 秒です。

トラブルシューティング

このデータコレクタで問題が発生した場合の対処方法を次に示します。

在庫

問題 次の操作を実行します

エラー:•エージェントが実行されていない• naviseccli の検索に失敗した•コマンドの実行に失敗した

• Navisphere CLI が Cloud Insight Acquisition Unit にインストールされていることを確認します•データコレクタ設定ウィザードで「セキュアなクライアントを使用」オプションを選択しておらず、 Naviphere CLI のセキュアでないバージョンがインストールされていないことを確認します。•データコレクタ構成内の Navisphere CLI インストールディレクトリが正しいことを確認します•データコレクタ構成内の VNX ブロックストレージの IP が正しいことを確認します。• Cloud Insights 取得ユニットから: - CMD を開きます。- ディレクトリを構成されたインストールディレクトリに変更する - 「 navicli -h { ip } getagent 」と入力して、 VNX ブロックストレージデバイスとの接続を試みます( { IP } を実際の IP に置き換えます)。

エラー: 4.29 emc235848 emc241018 getAll Failed to parse host alias info

これは ' アレイ自体のホスト・イニシエータ・データベースの問題が FLARE 29 によって破損したことが原因で発生する可能性がありますEMC ナレッジベースの記事 emc235848 、 emc241018 を参照してください。チェックすることもできます https://now.netapp.com/Knowledgebase/solutionarea.asp?id=kb58128

エラー:メタデータ LUN を取得できません。java -jar navicli.jar の実行中にエラーが発生しました

•セキュア・クライアントを使用するようにデータ・コレクタの構成を変更する(推奨)• navicli.exe または naviseccli.exe への CLI パスに navicli.jar をインストールする•注意: navicli.jar は EMC Navisphere バージョン 6.26 以降では廃止されています。• navicli.jar はから入手できる場合があります http://powerlink.emc.com

エラー:ストレージプールから、設定された IP アドレスのサービスプロセッサのディスクが報告されません

サービスプロセッサの両方の IP をカンマで区切ってデータコレクタを設定します

エラー:リビジョン不一致エラー

•これは通常、 VNX ブロックストレージデバイスのファームウェアを更新することによって発生しますが、 NaviCLI.exe のインストールは更新されません。ファームウェアが異なる複数のデバイスがあっても、インストールされている CLI が 1 つだけ(ファームウェアバージョンが異なる)の場合にも、この問題が発生する可能性があります。•デバイスとホストの両方で同じバージョンのソフトウェアが実行されていることを確認します。 - Cloud Insights Acquisition Unit から、コマンドラインウィンドウを開きます。 - ディレクトリを設定したインストールディレクトリに変更します。「 navicli -h $ { ip } getagent 」と入力して CLARiiON デバイスと接続します。最初の 2 行目でバージョン番号を探します。例:「 Agent Rev: 6.16.2(0.1) 」 - 最初の行のバージョンを検索して比較します。例: Navisphere CLI Revision 6.07.00.04.07

エラー:サポート対象外の構成 - Fibre Channel ポートがありません

デバイスにファイバチャネルポートが設定されていない。現在サポートされているのは FC 構成のみです。このバージョン / ファームウェアがサポートされていることを確認してください。

追加情報はから入手できます "サポート" ページまたはを参照してください "Data Collector サポートマトリックス"