日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノード 1 が所有するルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を node2 からアップグレードした node1 に移動します

ノード 1 のネットワーク設定を確認し、ノード 2 からノード 1 にアグリゲートを再配置する前に、ノード 2 に現在属しているノード 1 に属する NAS データ LIF がノード 2 からノード 1 に再配置されたことを確認する必要があります。また、 SAN LIF が node1 に存在することも確認する必要があります。

アップグレード手順の実行中、リモート LIF は SAN LUN へのトラフィックを処理します。アップグレード時にクラスタやサービスの健全性を維持するために、 SAN LIF を移動する必要はありません。SAN LIF は、新しいポートにマッピングする必要がないかぎり移動されません。ノード 1 をオンラインにしたら、 LIF が正常に機能しており、適切なポート上に配置されていることを確認する必要があります。

手順
  1. 再配置処理を再開します。

    「システムコントローラの交換が再開」

    システムは次のタスクを実行します。

    • クラスタクォーラムチェック

    • システム ID の確認

    • イメージのバージョンチェック

    • ターゲットプラットフォームのチェック

    • ネットワーク到達可能性チェック

    ネットワーク到達可能性チェックのこの段階で処理が一時停止します。

  2. ネットワーク到達可能性チェックを実行します。

    network port reachable-show-detail-node node1

    インターフェイスグループポートおよび VLAN ポートを含むすべての接続ポートのステータスが「 OK 」であることを確認します。

  3. 再配置処理を再開します。

    「システムコントローラの交換が再開」

    システムは次のチェックを実行します。

    • クラスタの健全性チェック

    • クラスタ LIF のステータスを確認します

    これらのチェックの実行後、システムは、 node1 で所有されているルート以外のアグリゲートと NAS データ LIF を新しい node1 に再配置します。

    リソースの再配置が完了すると、コントローラの交換処理が一時停止します。

  4. アグリゲートの再配置処理と NAS データ LIF の移動処理のステータスを確認します。

    「 system controller replace show-sdetails 」というエラーが表示されます

    コントローラ交換用手順が一時停止している場合は、エラーがある場合はチェックして修正し、次に「問題 re sume 」をクリックして操作を続行します。

  5. 必要に応じて、取り外した LIF をリストアしてリバートします。取り外した LIF を表示します。

    cluster controller -replacement network ヒエラー(クラスタコントローラ交換ネットワークが取り外されました) -interface show

    LIF が表示されなくなった場合は、ホームノードをノード 1 にリストアします。

    クラスタ・コントローラ交換ネットワークが取り外されましたインタフェース・リストア -home-node

  6. この処理を再開すると、必要なポストチェックの実行をシステムに求めるプロンプトが表示されます。

    「システムコントローラの交換が再開」

    次のポストチェックが実行されます。

    • クラスタクォーラムチェック

    • クラスタの健全性チェック

    • アグリゲートの再構築チェック

    • アグリゲートのステータスを確認します

    • ディスクのステータスを確認します

    • クラスタ LIF のステータスを確認します

    • ボリュームチェック