日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プラグインフレームワークを使用してカスタムプラグインを作成する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

プラグインフレームワークを使用すると、 Snap Creator 用の独自のプラグインを作成したり、既存のプラグインを再利用したりできます。Snap Creator では、このプラグインを使用して、特定のアプリケーションのバックアップとリカバリを処理できます。

プラグインフレームワークでは、次のメソッドを定義します。

  • quiesce - 特定のアプリケーションプラグインの休止を処理する手法

  • unquiesce - 特定のアプリケーションプラグインの休止解除を処理する手法

  • discover - 特定のアプリケーションプラグインのストレージオブジェクトに対する検出を処理する手法です

  • scdump - サポート情報、データベース、オペレーティングシステム、 SnapDrive の収集を処理する手法

  • restore - 特定のアプリケーションプラグインのリストアを処理する手法

  • restore_pre - 特定のアプリケーションプラグインのリストア前の操作を処理する手法( Snap Creator のビルトインリストアの CLI を使用可能)

  • restore_post - 特定のアプリケーションプラグインのリストア後の操作を処理する手法( Snap Creator のビルトインリストアの CLI を使用可能)

  • clone_pre - 特定のアプリケーションプラグインのクローニング前の操作を処理する手法

  • clone_post - 特定のアプリケーションプラグインのクローニング後の操作を処理する手法

  • describe - プラグインの実行内容を説明する手法。これは Perl プラグインの場合には任意ですが、 plug-ins/native の下にある標準のプラグインの場合には必須です。

  • clone_all - 特定のアプリケーションプラグインのクローニングを処理する手法(ビルトインクローニングインターフェイスは使用できません)

  • clone_cleanup - クローン操作が失敗した場合にクリーンアップを処理する手法です

  • restore_cleanup - リストア操作が失敗した場合にクリーンアップを処理する手法です

注記 プラグインフレームワークでは、 Perl 、 PowerShell 、 Java 、 UNIX Shell 、 Python によるプログラミングをサポートしています。注:プラグインフレームワークを使用して、 Snap Creator 内にあるオブジェクトや機能を実装できます。

+ たとえば、エラー処理が利用可能です。つまり、プラグインでは、 Snap Creator で使用する標準的な実装を使用できます。これにより、プラグインの作成に必要な作業が削減されます。

  • Perl プラグインは、 /plug-ins/plug-in-name /plug-in.pm の下にインストールされます。

  • ネイティブプラグインは、 /plug-ins/native/plug-in.sh 、 plug-in.java.plug-in.bat などの下にインストールされます。

  • プラグインは、実行が想定される場所にインストールする必要があります。Snap Creator のセットアップによっては、 Snap Creator サーバまたは Snap Creator エージェントになる可能性もあります。

プラグインフレームワーク、プラグイン、およびプラグインのユーザガイドの詳細については、を参照してください "Snap Creator Framework のディスカッションコミュニティフォーラム"