日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プライマリストレージからのデータベースのリストアとリカバリ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

プライマリストレージからデータベースをリストアおよびリカバリできます。

注記 Snap Creator からファイルベースのバックアップコピーをリストアすることはできません。
  1. SAP HANA Studio で、 SAP HANA システムの * リカバリ * を選択します。

    この図には説明が付随しています。

    SAP HANA システムがシャットダウンします。

  2. リカバリ・タイプを選択して ' [ * 次へ * ] をクリックします

    この図には説明が付随しています。
  3. ログのバックアップ先を指定して、 [ 次へ ] をクリックします。

    この図には説明が付随しています。

    表示される使用可能なバックアップのリストは、バックアップカタログの内容によって異なります。

  4. 必要なバックアップを選択し、外部バックアップ ID を記録します。

    この図には説明が付随しています。
  5. SnapVault 関係を非アクティブ化します。

    注記 この手順は clustered Data ONTAP でのみ必要です。

    SnapVault のベースの Snapshot コピーとして現在使用されている Snapshot コピーよりも古い Snapshot コピーをリストアする必要がある場合は、まず clustered Data ONTAP で SnapVault 関係を非アクティブ化する必要があります。そのためには、バックアップクラスタコンソールで次のコマンドを実行します。

    hana::> snapmirror quiesce -destination-path hana2b:backup_hana_data
    Operation succeeded: snapmirror quiesce for destination hana2b:backup_hana_data.
    
    hana::> snapmirror delete -destination-path hana2b:backup_hana_data
    Operation succeeded: snapmirror delete the relationship with destination hana2b:backup_hana_data.
    
    hana::> snapmirror release -destination-path hana2b:backup_hana_data
    [Job 6551] Job succeeded: SnapMirror Release Succeeded
  6. Snap Creator の GUI で、 SAP HANA システムを選択し、 * Actions * > * Restore * を選択します。

    この図には説明が付随しています。

    Welcome to the Snap Creator Framework Restore Wizard 画面が表示されます。

  7. 「 * 次へ * 」をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  8. [* Primary (プライマリ) ] を選択し、 [* Next (次へ) ] をクリック

    この図には説明が付随しています。
  9. プライマリストレージからリストアを選択します。

  10. ストレージコントローラ、ボリューム名、および Snapshot 名を選択します。

    Snapshot 名は、 SAP HANA Studio で選択されたバックアップ ID に関連付けられています。

    この図には説明が付随しています。
  11. [ 完了 ] をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  12. [ はい ] をクリックして、リストア・アイテムを追加します。

    この図には説明が付随しています。
  13. ストレージコントローラ、追加のボリューム名、および Snapshot 名を選択します。

    Snapshot 名は、 SAP HANA Studio で選択されたバックアップ ID に関連付けられています。

    この図には説明が付随しています。
  14. 手順 10~13 を繰り返して、必要なボリュームをすべて追加します。この例では、リストアプロセスで data_00001 、 data_00002 、 data_00003 のいずれかを選択する必要があります。

  15. すべてのボリュームを選択したら、 * OK * をクリックしてリストア・プロセスを開始します。

    この図には説明が付随しています。

    リストアプロセスが開始されます。

    この図には説明が付随しています。

    リストアプロセスが完了するまで待ちます。

  16. 各データベースノードで、すべてのデータボリュームを再マウントして、古い NFS ハンドルをクリーンアップします。

    この例では、 3 つのボリュームをすべてデータベースノードごとに再マウントする必要があります。

    mount -o remount /hana/data/ANA/mnt00001
    mount -o remount /hana/data/ANA/mnt00002
    mount -o remount /hana/data/ANA/mnt00003
  17. SAP HANA Studio に移動し、 * Refresh * をクリックして、使用可能なバックアップのリストを更新します。

    この図には説明が付随しています。

    Snap Creator を使用してリストアされたバックアップは、バックアップのリストに緑のアイコンで表示されます。

  18. バックアップを選択し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  19. 必要に応じて他の設定を選択し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  20. [ 完了 ] をクリックします。

    この図には説明が付随しています。

    リカバリプロセスが開始されます。

    この図には説明が付随しています。
  21. リカバリが完了したら、必要に応じて SnapVault 関係を再開します。

    この図には説明が付随しています。