日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snap Creator Framework と SAP HANA データベースのバックアップを設定する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator Framework と SAP HANA データベースのバックアップを設定する必要があります。

  1. Snap Creator のグラフィカルユーザインターフェイス( GUI )に接続します。 https://host:8443/ui/

  2. インストール時に設定したユーザ名とパスワードを使用してログインします。[ * サインイン * ] をクリックします。

    に、 Snap Creator の GUI へのログインを示します
  3. プロファイル名を入力し、 * OK * をクリックします。

    SAP HANA ユーザプロファイル

    たとえば、「 ANA 」はデータベースの SID です。

  4. 構成名を入力し、 * 次へ * をクリックします。

    フィールドに入力したコンフィギュレーション名を表示します
  5. プラグインの種類として * アプリケーションプラグイン * を選択し、 * 次へ * をクリックします。

    選択したアプリケーションプラグインを表示します
  6. アプリケーションプラグインとして * SAP HANA * を選択し、 * 次へ * をクリックします。

    SAP HANA Select アプリケーションプラグイン
  7. 次の設定情報を入力します。

    1. ドロップダウンメニューから * Yes * を選択して、マルチテナントデータベースで設定を使用します。単一コンテナデータベースの場合は、「 * いいえ * 」を選択します。

    2. マルチテナントデータベースコンテナが * No * に設定されている場合は、データベース SID を指定する必要があります。

    3. マルチテナントデータベースコンテナが「 * Yes 」に設定されている場合は、各 SAP HANA ノードに hdbuserstore キーを追加する必要があります。

    4. テナントデータベースの名前を追加します。

    5. hdbsql ステートメントを実行する必要がある HANA ノードを追加します。

    6. HANA ノードのインスタンス番号を入力します。

    7. hdbsql 実行ファイルへのパスを指定します。

    8. OSDB ユーザを追加します。

    9. ドロップダウンリストから Yes を選択して、ログクリーンアップを有効にします。

      • パラメータ「 hana_sid 」は、パラメータ「 hana_multitenant 」の値が「 N 」に設定されている場合にのみ使用できます

      • 「シングルテナント」のリソースタイプを持つマルチテナントデータベースコンテナ( MDC )の場合、 SAP HANA Snapshot コピーは UserStore キーベースの認証で機能します。パラメータ「 hana_multitenant 」が「 Y 」に設定されている場合は、「 ha_USERSTORE_Keys 」パラメータを適切な値に設定する必要があります。

      • マルチテナント以外のデータベースコンテナと同様に、ファイルベースのバックアップと整合性チェック機能がサポートされます

    10. 「 * 次へ * 」をクリックします。

    ファイルベースのバックアップの設定
  8. ファイルベースのバックアップ処理を有効にします。

    1. ファイルバックアップの場所を設定します。

    2. file-backup プレフィックスを指定します。

    3. [ ファイルバックアップを有効にする *] チェックボックスをオンにします。

    4. 「 * 次へ * 」をクリックします。

      ファイルベースのバックアップを有効化
  9. データベース整合性チェック処理を有効にします。

    1. 一時的なファイルバックアップの場所を設定します。

    2. [Enable DB Integrity Check*](DB 整合性チェックを有効にする *) チェックボックスをオンに

    3. 「 * 次へ * 」をクリックします。

    データベース整合性チェック
  10. エージェント設定パラメータの詳細を入力し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  11. ストレージ接続の設定を入力し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  12. ストレージログイン資格情報を入力し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  13. このストレージコントローラに保存されているデータボリュームを選択し、 * 保存 * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  14. Add (追加)をクリックして、別のストレージコントローラを追加します。

    この図には説明が付随しています。
  15. ストレージログイン資格情報を入力し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  16. 作成した 2 番目のストレージコントローラに保存されているデータボリュームを選択し、 * 保存 * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  17. Controller/Vserver Credentials ウィンドウには、追加したストレージコントローラとボリュームが表示されます。「 * 次へ * 」をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  18. Snapshot ポリシーと保持設定を入力します。

    日単位 Snapshot コピーを 3 つ、時間単位 Snapshot コピーを 8 つ保持するというのは、 1 つの例にすぎません。これは、お客様の要件に応じて別々に設定することもできます。

    注記 命名規則として「 * タイムスタンプ * 」を選択します。Snapshot コピーのタイムスタンプは SAP HANA のバックアップカタログのエントリにも使用されるため、命名規則 * Recent * は SAP HANA プラグインではサポートされていません。
    この図には説明が付随しています。
  19. 変更は不要です。「 * 次へ * 」をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  20. SnapVault * を選択し、 SnapVault 保持ポリシーと SnapVault 待機時間を設定します。

    この図には説明が付随しています。
  21. [ 追加( Add ) ] をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  22. リストからソースストレージコントローラを選択し、 * 次へ * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  23. ソースストレージコントローラに保存されているすべてのボリュームを選択し、 * 保存 * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  24. [ * 追加 ] をクリックし、リストから 2 番目のソースストレージコントローラを選択して、 [ * 次へ * ] をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  25. 2 番目のソースストレージコントローラに保存されているすべてのボリュームを選択し、 * 保存 * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  26. Data Protection Volumes ウィンドウには、作成した構成で保護する必要があるすべてのボリュームが表示されます。「 * 次へ * 」をクリックします。

    この図には説明が付随しています。
  27. ターゲットストレージコントローラのクレデンシャルを入力し、 * Next * をクリックします。この例では、「 root 」ユーザ・クレデンシャルを使用してストレージ・システムにアクセスします。通常、専用のバックアップユーザをストレージシステム上に設定し、 Snap Creator とともに使用します。

    この図には説明が付随しています。
  28. 「 * 次へ * 」をクリックします。

    DFM / OnCommand 設定 GUIこの図には説明が付随しています。
  29. 完了 * をクリックして、設定を完了します。

    この図には説明が付随しています。
  30. SnapVault settings ( * 設定) * タブをクリックします。

  31. SnapVault リストア待機 * オプションのドロップダウンリストから * はい * を選択し、 * 保存 * をクリックします。

    この図には説明が付随しています。

    レプリケーショントラフィックには専用のネットワークを使用することを推奨します。セカンダリインターフェイスとして Snap Creator 構成ファイルに含める場合には、このインターフェイスをセカンダリインターフェイスとして指定する必要があります。

    また、ストレージコントローラのホスト名にバインドされていないネットワークインターフェイスを使用して、 Snap Creator がソースまたはターゲットのストレージシステムにアクセスできるように、専用の管理インターフェイスを設定することもできます。

    mgmtsrv01:/opt/NetApp/Snap_Creator_Framework_411/scServer4.1.1c/engine/configs/HANA_profile_ANA
    # vi ANA_database_backup.conf
    
    #####################################################################
    ########################
    #     Connection Options                                            #
    #####################################################################
    ########################
    PORT=443
    SECONDARY_INTERFACES=hana1a:hana1a-rep/hana2b;hana1b:hana1b-rep/hana2b
    MANAGEMENT_INTERFACES=hana2b:hana2b-mgmt