日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コンフィギュレーションに追加コマンドを追加します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

コンフィギュレーションファイルを作成した後、コンフィギュレーションに追加コマンドを追加できます。このコマンドは、 Snap Creator サーバまたはエージェント上で実行できます。

Agent で補足コマンドを実行するには、 Agent の allowed_command.config ファイルにコマンドを追加しておく必要があります。

デフォルトでは、追加コマンドは Agent で実行されます。サーバ上で追加コマンドを実行するには、テキストサーバを指定してコマンドを前に実行し、続けてコロン( : )を入力します。たとえば、「 server : C:\myscript.bat 」と入力します。サーバ上でコマンドを許可する必要はありません。

Snap Creator の GUI または Snap Creator の CLI を使用して、バックアップおよびリストア構成にコマンドを追加できます。

注記 このマニュアルでは、 GUI を使用してコマンドを追加する方法を示します。CLI の使用方法については、を参照してください "『 Snap Creator Framework 4.1.2 Administration Guide 』"
  1. [ プロファイルと構成 ] ペインで構成ファイルを選択し、 [* コマンド ] タブをクリックします。

    使用できるコマンドタイプは次のとおりです。

    コマンドタイプ 説明

    アプリケーションの休止

    プラグイン以外でのみ使用します。このコマンドタイプは無視してください。

    アプリケーションの休止を解除します

    プラグイン以外でのみ使用します。このコマンドタイプは無視してください。

    PRE Exit (終了前)

    致命的なエラーのあとに Snap Creator で何を実行するかを指定するコマンドには、このタイプを使用します。

    Snapshot コピーの作成

    独自の Snapshot コピー作成コマンドを実行するには、このタイプを使用します。

    注記 GUI で使用できるコマンドは、サポートされているコマンドの一部だけです。アプリケーション、アーカイブ、マウント / アンマウント、 POST の各コマンドの詳細については、を参照してください "『 Snap Creator Framework 4.1.2 Administration Guide 』"
  2. [* コマンド ] タブで、使用するコマンドタイプのセクションまでスクロールし、 [ * 追加 ] をクリックします。

  3. 「 * ここにコマンドを追加 * 」と入力して、コマンドを入力します。

    SnapDrive for Windows を使用してバックアップを作成するには、 Snapshot コピー作成コマンド・タイプのセクションに次のように入力します。

    "C:\Program Files\NetApp\SnapDrive\sdcli.exe" snap create -s %SNAME-%SNAP_TYPE_%SNAP_TIME -D F G H

    ここで、

    • 「 C : \Program Files\NetApp\SnapManager for \SnapDrive\sdcli.exe 」は、 SnapDrive CLI のデフォルトのインストールパスです。

    • %SNAME-%SNAME_%SNAP_TYPE_%SNAP_TIME には、構成ファイル名、 Snapshot ポリシー(時間、日、または月)、および Snapshot コピーが作成された日時から Snapshot コピー名を作成するように指定します。

    • D はスイッチ、 F G H はバックアップするデータのマウントポイントです。ヒント : サーバー上でコマンドを実行するには、コマンドの前にテキストサーバーを付加し、その後にコロン (:) を付けます。

  4. 入力に問題がなければ、 Enter キーを押します。

  5. 手順を繰り返します #step_3F9C83DD05D84075AD0277213FD67C56 から #step_FBEDD7AE105F42138EB35315EA9FA7CC 別のコマンドを追加します。

  6. [ 構成コンテンツ ] ペインで [ 保存 ] をクリックして、変更を保存します。