日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snap Creator ホストに Java をインストールしています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

OpenJDK と Oracle Java Runtime Environment ( JRE ) 1.8 Update 72 以降が、すべての Snap Creator サーバとエージェントホストにインストールされている必要があります。Transport Layer Security ( TLS )の脆弱性を回避するため、 Snap Creator サーバおよびエージェントホストに JRE 1.8 Update 72 を以降のバージョンにインストールすることを推奨します。

  1. 各 Snap Creator サーバまたは Snap Creator エージェントホストに JRE をダウンロードしてインストールします。

    Java と Snap Creator のビットレベル( 32 ビットまたは 64 ビット)は同じである必要があります。

    必要に応じて、から Java をダウンロードします "すべてのオペレーティングシステム用の Java のダウンロード" ページ

  2. JRE をインストールしたら、 Java のバージョンとビットレベルを確認します。 java -version

    C:\Documents and Settings\Administrator>java -version
    java version "1.7.0_04-ea"
    Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_04-ea-b01)
    Java HotSpot(TM) Client VM (build 23.0-b03, mixed mode, sharing)

    コマンドの出力に、インストールされている Java のバージョンが表示されます。ビットレベルが表示されない場合(前述の例のように)、 32 ビットのインストールです。