日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

clustered Data ONTAP でプライマリストレージに障害が発生した場合のデータベースのリストア

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

clustered Data ONTAP を実行しているプライマリストレージシステムに障害が発生した場合は、 SAP HANA データベースをリストアできます。

プライマリボリュームが完全に失われた場合は、新しいプライマリボリュームを作成し、バックアップボリュームからリストアする必要があります。

  1. タイプがデータ保護のプライマリボリュームを作成します。

    hana::> volume create -vserver hana1a -volume hana_data -aggregate aggr_sas_101 -size 300G -state online -type DP -policy default -autosize-mode grow_shrink -space-guarantee none
    -snapshot-policy none -foreground true
    [Job 6744] Job is queued: Create hana_data.
    [Job 6744] Job succeeded: Successful
  2. バックアップボリュームのすべてのデータをリストア

    hana::> snapmirror restore -destination-path hana1a:hana_data -source-path hana2b:backup_hana_data -source-snapshot sc-backup-daily_20140505121000
    [Job 6746] Job is queued: snapmirror restore from source "hana2b:backup_hana_data" for the
    snapshot sc-backup-daily_20140505121000.
    
    hana::> job show -id 6746
    Owning
    Job ID Name                 Vserver    Node           State
    ------ -------------------- ---------- -------------- ----------
    6746   SnapMirror restore   hana        hana01        Running
           Description: snapmirror restore from source "hana2b:backup_hana_data" for the snapshot sc-backup-daily_20140505121000

リストアプロセスが終了したら、 SAP HANA を使用してリカバリを実行します。