日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

changeinfo ディレクトリをバックアップします

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

changeinfo ディレクトリをバックアップする場合は、ディレクトリを含むボリュームをメタデータボリュームとして設定する必要があります。これにより、 IBM Domino プラグインに対して、データベースファイルの Snapshot コピー changeinfo volume_after_creating の Snapshot コピーの作成を実行するように指示します。

変更情報ボリュームは、構成ファイルの作成時にバックアップするボリュームとしてすでに特定されている必要があります。詳細については、手順を参照してください "GUI を使用した作業で構成を作成"

構成ファイル内の META_DATA_VOLUME パラメータを使用して、 changeinfo ボリュームをメタデータボリュームとして識別します。GUI ではパラメータを使用できません。

  1. 構成ファイルをテキストエディタで開きます。

    構成ファイルは、 Snap Creator のインストールディレクトリの、プロファイルのという名前のサブディレクトリに配置されます。Windows ホストの場合: C : \Program Files\NetApp\Snap Creator _Framework\scServer4.1.x\engines\configs\Domino\Fuji15.conf のように入力します。 Domino はプロファイルの名前で、 藤15.conf は構成ファイルの名前です。

  2. META_DATA_VOLUME パラメータに、 changeinfo ボリュームの名前を入力します。

    changeinfo ボリュームは VOLUMES パラメータにすでに指定されている必要があります。

    次の例は、メタデータボリュームとして 藤15_DomChangeInfo を設定する方法を示しています。

    VOLUMES=domino_vserver:Fuji15_DomDAOS,Fuji15_DomChangeInfo,
    Fuji15_DomTxn,Fuji15_DomData
    META_DATA_VOLUME=domino_vserver:Fuji15_DomChangeInfo