日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

構成ファイルを作成しています

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

設定ウィザードを使用して構成ファイルを作成できます。

  1. Snap Creator の GUI のメインメニューで、 * Management * > * Configurations * を選択します。

  2. [ プロファイルと構成 ] ペインで、新しい構成ファイルを配置するプロファイルを右クリックし、 [ 新しい構成 *] を選択します。

    右側のペインに設定ウィザードが開きます。

.

+ .. Configuration ページで、構成ファイルの名前を入力します。

+

注記 デフォルトでは、構成ファイルにパスワードがクリアテキストで表示されないように、パスワード暗号化が有効になっています。
  1. [ プラグインの種類 ] ページで、プラグインの種類を選択します。

    設定ウィザードで表示されるページは、選択したオプションによって異なります。

    プラグインタイプオプション 次のページ 次のページ

    アプリケーションプラグイン

    • アプリケーションプラグイン * 設定するプラグインを選択します。

    • プラグインパラメータ * は、選択したプラグイン・オプションに関連する設定の詳細を提供します。

    仮想化プラグイン

    • 仮想化プラグイン * 設定するプラグインを選択します。

    • プラグインパラメータ * は、選択したプラグイン・オプションに関連する設定の詳細を提供します。

    コミュニティプラグイン

    • コミュニティプラグイン * 設定するプラグインを選択します。

    • プラグインパラメータ * は、選択したプラグイン・オプションに関連する設定の詳細を提供します。

    なし(プラグインを使用していない場合)

    • エージェント設定 *

    プラグインパラメータおよび設定の詳細については、プラグインのドキュメントを参照してください。

  2. Agent Configuration ページで、 Snap Creator エージェントの設定情報を入力します。

  3. Storage Connection Settings ページで、転送タイプ( HTTP または HTTPS )を選択します。

    選択した転送タイプの標準ポートが表示されます。ストレージシステムで非標準ポートが使用されている場合は、ポートのフィールドにポート情報を入力します。

  4. コントローラ / SVM のクレデンシャルページで、この構成ファイルにボリュームが含まれている各ストレージコントローラの IP アドレスとログインクレデンシャルを入力します。

    注記 構成には、少なくとも 1 台のストレージコントローラまたは SVM を追加する必要があります。
  5. Controller/Vserver Volumes (コントローラ / Vserver ボリューム)ペインで、含める各ボリュームを選択し、右ペインにドラッグするか右矢印をクリックしてボリュームを右ペインに移動し、 * Save (保存) * をクリックします。

    重要 SnapMirror または SnapVault デスティネーションに Snapshot コピーをレプリケートする場合は、この手順で入力する SVM の名前が SnapMirror 関係または SnapVault 関係を作成したときに使用した SVM の名前とまったく同じである必要があります。関係の作成時に完全修飾ドメイン名を指定した場合は、この手順で、指定した情報を使用して Snap Creator が SVM を検出できるかどうかに関係なく、完全修飾ドメイン名を指定する必要があります。名前(大文字または小文字)に使用するケースは重要です。

    プライマリストレージシステム上の SVM の名前を確認するには、 snapmirror show コマンドを使用します。

    snapmirror show -destination-path destination_SVM:destination_volume

    destination_svm_name はデスティネーションシステム上の SVM の名前で、 destination_volume はボリュームです。

  6. コントローラのクレデンシャルページで、コントローラが正しい情報を表示していることを確認します。

    変更が必要な場合は、コントローラを選択し、 * Edit * をクリックします。

  7. Snapshot の詳細ページで、 Snapshot コピーの詳細を指定します。

    フィールド 説明

    Snapshot コピー名

    Snapshot コピー名を指定できます。通常、 Snapshot コピーには構成ファイルと同じ名前を付けますが、 Snapshot コピー名にはバックアップ中のデータが含まれる場合があります。

    + 注: Snapshot コピー名には特殊文字は使用しないでください。

    Snapshot コピーラベル

    Snapshot コピーラベルを指定できます。このオプションは、 clustered Data ONTAP 8.2 以降で有効です。clustered Data ONTAP 8.2 より前の Data ONTAP リリースでは、このフィールドに機能は表示されません。

    ポリシータイプ

    ポリシータイプを選択できます。次の 2 つのオプションがあります。

    • Policy :このオプションは、 Snapshot コピーポリシー領域に表示される組み込みのポリシーの 1 つを有効にして、保持期間(保持するバックアップの数)を指定します。

    • ポリシーオブジェクトを使用:ポリシーオブジェクトがすでに作成されている場合は、このオプションを選択する必要があります。

    Snapshot コピーポリシー

    有効にするポリシーを選択できます

    Snapshot コピーの削除を防止

    Snapshot コピーの削除を禁止するかどうかを指定できます

    ポリシー保持期間

    ポリシーの保持期間を指定できます

    命名規則

    バックアップの命名規則( Recent または Timestamp )を指定できます。SAP HANA 、 Vibe 、 Domino などのプラグインでは、「 Recent 」はサポートされていません。

    [+]

  8. スナップショットの詳細(続き)ページで、ご使用の環境に適用可能なその他の設定を行います。

  9. データ保護ページで、 SnapMirror 処理または SnapVault 処理との統合が必要かどうかを選択します。

    SnapMirror または SnapVault テクノロジを選択した場合は、追加情報が必要です。SnapMirror および SnapVault テクノロジの場合は、 IP アドレスではなく、ストレージシステム名を指定する必要があります。

  10. DFM / OnCommand の設定ページで、 Snap Creator 構成と NetApp OnCommand 管理ツールを統合する場合は、を選択して詳細を指定します。

  11. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。