日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Data ONTAP 7-Mode を使用した SnapVault 関係の開始

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

セカンダリストレージシステムに対して実行したコマンドを使用して、 SnapVault 関係を開始できます。

  1. Data ONTAP 7-Mode を実行するストレージシステムでは、次のコマンドを実行して SnapVault 関係を開始します。

    hana2b> snapvault start -S hana1a:/vol/data_00001/mnt00001 /vol/backup_data_00001/mnt00001
    Snapvault configuration for the qtree has been set.
    Transfer started.
    Monitor progress with 'snapvault status' or the snapmirror log.
    hana2b>
    hana2b> snapvault start -S hana1a:/vol/data_00003/mnt00003 /vol/backup_data_00003/mnt00003
    Snapvault configuration for the qtree has been set.
    Transfer started.
    Monitor progress with 'snapvault status' or the snapmirror log.
    hana2b>
    hana2b> snapvault start -S hana1b:/vol/data_00002/mnt00002 /vol/backup_data_00002/mnt00002
    Snapvault configuration for the qtree has been set.
    Transfer started.
    Monitor progress with 'snapvault status' or the snapmirror log.
    hana2b>
    注記 レプリケーショントラフィックには専用のネットワークを使用することを推奨します。この場合、このインターフェイスのホスト名をプライマリストレージコントローラで設定します。hana1b と hana1a の代わりに、ホスト名は hana1a と hana1b のリプレゼンテーションになります。