日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NDO / NDU 環境で BES-53248 クラスタスイッチをアップグレードします

BES-53248 クラスタスイッチをアップグレードするには、アップグレードのためのコントローラの準備、 EFOS ソフトウェア、ライセンス、リファレンス構成ファイル( RCF )のインストールが必要です。インストールが完了したら、無停止アップグレード( NDU )および無停止運用( NDO )環境でコントローラ構成をリストアできます。

既存の NetApp BES-53248 クラスタスイッチに EFOS ソフトウェア、ライセンス、 RCF ファイルをインストールする前に、次の条件が満たされている必要があります。

  • クラスタは完全に機能している必要があります(エラーログメッセージやその他の問題がない)。

  • クラスタには欠陥のあるクラスタネットワークインターフェイスカード( NIC )が含まれていない状態である必要があります。

  • 両方のクラスタスイッチで接続されているすべてのポートが機能している必要があります。

  • すべてのクラスタポートが稼働している必要があります。

  • すべてのクラスタ LIF が、管理上および運用上稼働した状態でホームポートにある必要があります。

  • ONTAP の cluster ping-cluster -node node1 advanced 権限コマンドは 'larger than PMTU communication がすべてのパスで成功したことを示す必要があります

  • RCF バージョンと EFOS バージョンのコマンド構文の間に、コマンドの依存関係がある場合があります。

サポートされている EFOS 、 RCF 、 ONTAP のバージョンについて、 NetApp BES-53248 スイッチのページにあるスイッチ互換性の表を参照する必要があります。 "NetApp BES-53248 スイッチ"

この手順環境は正常に機能しているクラスタで、 NDU と NDO が可能です。この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。

  • ネットアップのスイッチ名は「 cs1 」と「 cs2 」です。

  • この手順で使用している例では、 2 番目のスイッチ _cs2 でアップグレードが開始されます。 _

  • クラスタ LIF 名は、 node1 の場合は「 node1_clus1' 」、ノード 1 の場合は「 node1_clus1' 」、 node2 の場合は「 node2 _ clus2 」です。

  • IPspace 名は Cluster です。

  • 「 cluster1 :: > 」プロンプトは、クラスタの名前を示します。

  • 各ノードのクラスタ・ポートの名前は 'e0a' および e0b です

    プラットフォームでサポートされている実際のクラスタポートについては、 Hardware Universe を参照してください。

  • ネットアップクラスタスイッチでサポートされるスイッチ間リンク( ISL )は、ポート 0/55 と 0/56 です。

  • ネットアップクラスタスイッチでサポートされるノード接続は、デフォルトのライセンスでポート 0/1~0/16 です。

  • この手順の例では 2 つのノードを使用していますが、 1 つのクラスタには最大 24 のノードを含めることができます。

  • このセクションのすべての手順を繰り返して、もう一方のスイッチ * cs1 * に EFOS ソフトウェアと RCF ファイルをアップグレードします。