日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Trident をインストール

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Helm を使用して Trident をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Install Helm (インストール手順については、を参照してください) "ソース")。

  2. Trident 20.01.1 インストーラをダウンロードして展開します。

    $wget
    $tar -xf trident-installer-21.01.1.tar.gz
  3. ディレクトリを 'trident-installer' に変更します

    $cd trident-installer
  4. tridentctl' をシステム「 $PATH 」のディレクトリにコピーします。

    $sudo cp ./tridentctl /usr/local/bin
  5. Kubernetes ( Kubernetes )クラスタに Trident をインストールし、 Helm (を参照 "ソース"):

    1. ディレクトリを 'helm' ディレクトリに変更します

      $cd helm
    2. Trident をインストール

      $helm install trident trident-operator-21.01.1.tgz --namespace trident --create-namespace
    3. Trident ポッドのステータスを確認

      $kubectl -n trident get pods

      すべてのポッドが稼働中の場合は、 Trident がインストールされてから次のポッドに移動できます。

  6. AKS の Azure NetApp Files バックエンドとストレージクラスをセットアップします。

    1. Azure サービスプリンシパルを作成します。

      サービスプリンシパルは、 Trident が Azure と通信して Azure NetApp Files リソースを操作する方法を示します。

      $az ad sp create-for-rbac --name ""

      出力は次の例のようになります。

    {
    "appId": "xxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx", 
    "displayName": "netapptrident", 
    "name": "", 
    "password": "xxxxxxxxxxxxxxx.xxxxxxxxxxxxxx", 
    "tenant": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxx"
    } 
  7. Trident バックエンド JSON ファイルを作成します。例:「 anf-backend.json 」

  8. 任意のテキストエディタを使用して 'anf-backend.json ファイル内の次のフィールドに値を入力します

    {
        "version": 1,
        "storageDriverName": "azure-netapp-files",
        "subscriptionID": "fakec765-4774-fake-ae98-a721add4fake",
        "tenantID": "fakef836-edc1-fake-bff9-b2d865eefake",
        "clientID": "fake0f63-bf8e-fake-8076-8de91e57fake",
        "clientSecret": "SECRET",
        "location": "westeurope",
        "serviceLevel": "Standard",
        "virtualNetwork": "anf-vnet",
        "subnet": "default",
        "nfsMountOptions": "vers=3,proto=tcp",
        "limitVolumeSize": "500Gi",
        "defaults": {
        "exportRule": "0.0.0.0/0",
        "size": "200Gi"
    }
  9. 次のフィールドを置き換えます。

    • ' スクリプト ID' 。お客様の Azure サブスクリプション ID

    • 「 tenantID 」。前の手順で「 AZ AD SP 」の出力から取得した Azure テナント ID 。

    • 「 clientID 」。前のステップで 'AZ ad sp' の出力からのあなたの appID 。

    • 「 clientSecret 」を入力します。前の手順で「 AZ ad sp 」の出力から得たパスワード。

  10. 構成ファイルとして 'anf-backend.json を使用して 'trident’namespace に Azure NetApp Files バックエンドを作成するように Trident に指示します

    $tridentctl create backend -f anf-backend.json -n trident

    エラー:グラフィックイメージがありません

  11. ストレージクラスを作成する。Kubernetes ユーザは、名前でストレージクラスを指定する PVC を使用してボリュームをプロビジョニングします。前の手順で作成した Trident バックエンドを参照するストレージクラス「 azurenetappfiles 」を作成するよう、 Kubernetes に指示します。

  12. ストレージクラスおよびコピー用の YAML ( 'anf-storage-class.yaml )ファイルを作成します。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
    name: azurenetappfiles
    provisioner: netapp.io/trident
    parameters:
    backendType: "azure-netapp-files"
    $kubectl create -f anf-storage-class.yaml
  13. ストレージクラスが作成されたことを確認します。

    kubectl get sc azurenetappfiles

エラー:グラフィックイメージがありません