日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークフロー: NetApp ONTAP を使用した Red Hat OpenShift Virtualization

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

VM を作成します

VM は、オペレーティングシステムとデータをホストするボリュームを必要とするステートフルな導入です。CNV では、 VM がポッドとして実行されるため、 VM は Trident 経由で NetApp ONTAP にホストされた PVS によってバックアップされます。これらのボリュームはディスクとして接続され、 VM のブートソースを含むファイルシステム全体が格納されます。

VM アーキテクチャを作成する

OpenShift クラスタ上に仮想マシンを作成するには、次の手順を実行します。

  1. ワークロード > 仮想化 > 仮想マシンと進み、作成 > ウィザードを使用してをクリックします。

  2. 目的の OS を選択し、 Next (次へ)をクリックします。

  3. 選択したオペレーティングシステムにブートソースが設定されていない場合は、設定する必要があります。Boot Source (起動ソース)で、 URL またはレジストリから OS イメージをインポートするかどうかを選択し、対応する詳細を指定します。Advanced を展開し、 Trident から作成されたストレージクラスを選択します。[ 次へ ] をクリックします。

    VM のブートソースを作成します
  4. 選択したオペレーティングシステムにすでにブートソースが設定されている場合は、前の手順を省略できます。

  5. [Review and Create] ペインで、 VM を作成して VM の詳細を提供するプロジェクトを選択します。ブートソースがクローンとして選択されていることを確認し、選択した OS に適切な PVC が割り当てられた CD-ROM から起動します。

    VM を作成します
  6. 仮想マシンをカスタマイズする場合は、 [ 仮想マシンのカスタマイズ ] をクリックし、必要なパラメータを変更します。

  7. [ 仮想マシンの作成 ] をクリックして仮想マシンを作成します。これにより、対応するポッドがバックグラウンドでスピンアップされます。

ブート・ソースが URL またはレジストリからテンプレートまたはオペレーティング・システム用に構成されている場合 'OpenShift Virtualization-os-images' プロジェクトに PVC を作成し 'KVM ゲスト・イメージを PVC にダウンロードしますテンプレート PVC に、対応する OS の KVM ゲストイメージを格納できるだけの十分なプロビジョニングスペースがあることを確認する必要があります。これらの PVC は、任意のプロジェクトでそれぞれのテンプレートを使用して作成されると、クローン作成され、ルートディスクとして仮想マシンに接続されます。