Skip to main content
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TR-4964:『Oracle Database backup、restore and clone with SnapCenter Services - AWS』

共同作成者

この解決策では、AzureクラウドでBlueXPコンソールを使用したNetApp SnapCenter SaaSによるOracleデータベースのバックアップ、リストア、クローニングの概要と詳細について説明します。

ネットアップ、Niyaz Mohamed、Allen Cao氏

目的

SnapCenter サービスは、従来のSnapCenter データベース管理UIツールのSaaSバージョンで、NetApp BlueXPクラウド管理コンソールから利用できます。これは、ネットアップクラウドストレージで実行されるOracleやHANAなどのデータベース向けの、ネットアップのクラウドバックアップ、データ保護ソリューションに不可欠な要素です。このSaaSベースのサービスは、一般にWindowsドメイン環境で動作するWindowsサーバを必要とする従来のSnapCenter スタンドアロンサーバの導入を簡素化します。

このドキュメントでは、Amazon FSx for ONTAP ストレージおよびEC2コンピューティングインスタンスに導入されたOracleデータベースをバックアップ、リストア、クローニングするためにSnapCenter サービスを設定する方法を説明します。セットアップと使用ははるかに簡単ですが、SnapCenter サービスは、従来のSnapCenter UIツールで使用できる主要な機能を提供します。

この解決策 は、次のユースケースに対応します。

  • Amazon FSx for ONTAP でホストされるOracleデータベースのSnapshotを使用したデータベースバックアップ

  • 障害発生時のOracleデータベースリカバリ

  • 開発/テスト環境やその他のユースケース向けに、ストレージ効率に優れた高速なプライマリデータベースクローニングを実現します

対象者

この解決策 の対象読者は次のとおりです。

  • Amazon FSx for ONTAP ストレージで実行されるOracleデータベースを管理するDBAです

  • 解決策 アーキテクト。パブリックAWSクラウドでのOracleデータベースのバックアップ、リストア、クローニングのテストに関心を示しています

  • Amazon FSx for ONTAP ストレージをサポートおよび管理するストレージ管理者

  • Amazon FSx for ONTAP ストレージに導入されたアプリケーションを所有するアプリケーション所有者

解決策 のテストおよび検証環境

この解決策 のテストと検証は、最終的な導入環境と一致しないAWS FSXおよびEC2環境で実行しました。詳細については、を参照してください 導入にあたって考慮すべき主な要因

アーキテクチャ

この画像は、管理するUI、コネクタ、リソースなど、BlueXPコンソール内のアプリケーションのBlueXPバックアップとリカバリの詳細を示しています。

この画像は、UI、コネクタ、管理するリソースなど、BlueXPコンソール内のアプリケーションのBlueXPのバックアップとリカバリの詳細を示しています。

ハードウェアおよびソフトウェアコンポーネント

  • ハードウェア *

FSX ONTAP ストレージ

AWSで提供されている最新バージョン

同じVPCとアベイラビリティゾーンに1つのFSx HAクラスタを配置します

コンピューティングのEC2インスタンス

t2.xlarge / 4vCPU / 16G

2つのEC2 T2 xlarge EC2インスタンス(1つはプライマリDBサーバ、もう1つはクローンDBサーバ)

ソフトウェア

Red Hat Linux

RHEL-8.6.0_HVM-20220503-x86_64-2- Hourly2-gp2の場合

テスト用にRedHatサブスクリプションを導入

Oracle Grid Infrastructureの略

バージョン19.18

RUパッチp34762026_190000_Linux-x86-64.zipを適用しました

Oracle データベース

バージョン19.18

RUパッチp34765931_190000_Linux-x86-64.zipを適用しました

Oracle OPatchの略

バージョン12.2.0.1.36

最新のパッチp6880880_190000_Linux-x86-64.zip

SnapCenter サービス

バージョン

V2.3.1.2324

導入にあたって考慮すべき主な要因

  • *コネクタは、データベースとFSxと同じVPCに導入します。*可能な場合は、同じAWS VPCに導入する必要があります。これにより、FSxストレージとEC2コンピューティングインスタンスへの接続が可能になります。

  • * SnapCenter Connector用に作成されたAWS IAMポリシー。* JSON形式のポリシーは、詳細なSnapCenter サービスドキュメントに記載されています。BlueXPコンソールを使用してコネクタの導入を起動すると、前提条件と必要な権限の詳細をJSON形式で設定するように求められます。このポリシーは、コネクタを所有するAWSユーザアカウントに割り当てる必要があります。

  • * AWSアカウントアクセスキーとAWSアカウントで作成されたSSHキーペア。* SSHキーペアは、コネクタホストにログインし、EC2 DBサーバホストにデータベースプラグインを導入するためにEC2ユーザに割り当てられます。アクセスキーは、上記のIAMポリシーを使用して必要なコネクタをプロビジョニングする権限を付与します。

  • * BlueXPコンソール設定にクレデンシャルが追加されました。* Amazon FSx for ONTAPをBlueXP作業環境に追加するには、BlueXPコンソール設定でAmazon FSx for ONTAPにアクセスするためのBlueXP権限を付与するクレデンシャルが設定されます。

  • EC2データベースインスタンスホストにjava-11-openjdkがインストールされています。 SnapCenterサービスのインストールにはJavaバージョン11が必要です。プラグインを導入する前に、アプリケーションホストにインストールする必要があります。

解決策 の導入

クラウドネイティブアプリケーションデータの保護に役立つ、より広範な範囲を含む広範なネットアップドキュメントが用意されています。このドキュメントの目的は、Amazon FSx for ONTAP に導入されたOracleデータベースとEC2コンピューティングインスタンスを保護するための、BlueXPコンソールを使用したSnapCenter サービスの導入に関するステップバイステップの手順を説明することです。このドキュメントには、より一般的な手順には含まれていない可能性がある特定の詳細が記載されています。

開始するには、次の手順を実行します。

解決策 の導入

SnapCenter サービス導入の前提条件

Details

導入には、次の前提条件が必要です。

  1. Oracleデータベースが完全に導入され、実行されているEC2インスタンス上のプライマリOracleデータベースサーバ。

  2. AWSに導入されたAmazon FSx for ONTAPクラスタで、上記のデータベースボリュームをホストしています。

  3. EC2インスタンス上のオプションのデータベースサーバ。開発/テストワークロード、または本番環境のOracleデータベースの完全なデータセットを必要とするあらゆるユースケースをサポートする目的で、代替ホストへのOracleデータベースのクローニングをテストするために使用できます。

  4. Amazon FSx for ONTAP およびEC2コンピューティングインスタンスにOracleデータベースを導入する場合、上記の前提条件を満たすために支援が必要な場合は、を参照してください "iSCSI / ASMを使用したAWS FSX/EC2でのOracleデータベースの導入と保護" またはホワイトペーパー "Oracle Database Deployment on EC2 and FSx Best Practicesを参照してください"

BlueXPへのオンボーディング

Details
  1. リンクを使用してください "NetApp BlueXP" をクリックして、BlueXPコンソールにアクセスしてください。

  2. AWSアカウントにログインして適切な権限を持つIAMポリシーを作成し、BlueXP Connectorの導入に使用するAWSアカウントにポリシーを割り当てます。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

    ポリシーは、NetAppのドキュメントに記載されているJSON文字列で設定する必要があります。JSON文字列は、コネクタのプロビジョニングが起動され、前提条件の権限の割り当てを求めるプロンプトが表示されたときにページから取得することもできます。

  3. また、AWS VPC、サブネット、セキュリティグループ、AWSユーザアカウントのアクセスキーとシークレット、EC2ユーザのSSHキーなどをコネクタのプロビジョニングに備えておく必要があります。

SnapCenter サービス用コネクタを導入します

Details
  1. BlueXPコンソールにログインします。共有アカウントの場合は、[アカウント]>*>[ワークスペース]*をクリックして新しいワークスペースを追加し、個 々 のワークスペースを作成することをお勧めします。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. [コネクタの追加]*をクリックして、コネクタプロビジョニングワークフローを開始します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. クラウドプロバイダを選択します(この場合は* Amazon Web Services *)。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. AWSアカウントですでに設定されている場合は、* Permission Authentication Networking *の各手順はスキップしてください。設定されていない場合は、先に進む前に設定する必要があります。ここから、前のセクションで参照しているAWSポリシーの権限を取得することもできます。BlueXPへのオンボーディング. 」

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. [Access Key]*と[Secret Key]*を使用してAWSアカウント認証を入力します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. コネクタインスタンスに名前を付け、* Details Create Role *を選択します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. コネクタアクセス用の適切な* VPC 、*サブネット、およびSSH *キーペア*を使用してネットワークを設定します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. コネクタの*セキュリティグループ*を設定します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  3. 概要ページを確認し、*追加*をクリックしてコネクターの作成を開始します。通常、導入が完了するまでに約10分かかります。完了すると、コネクタインスタンスがAWS EC2ダッシュボードに表示されます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

BlueXP for AWSリソースアクセスでクレデンシャルを定義

Details
  1. まず、AWS EC2コンソールから* Identity and Access Management(IAM)メニュー Roles Create role *でロールを作成し、ロール作成ワークフローを開始します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. ページで、[AWS account][Another AWS account]*を選択し、BlueXPアカウントIDを貼り付けます。このIDはBlueXPコンソールから取得できます。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  3. FSxで権限ポリシーをフィルタリングし、*権限ポリシー*をロールに追加します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  4. [ロールの詳細]ページで、ロールに名前を付けて概要を追加し、*[ロールの作成]*をクリックします。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  5. BlueXPコンソールに戻り、コンソールの右上にある[設定]アイコンをクリックして*ページを開き、[クレデンシャルの追加]*をクリックしてクレデンシャルの設定ワークフローを開始します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  6. クレデンシャルの場所として「* Amazon Web Services - BlueXP *」を選択します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  7. 適切な* Role ARN *を使用してAWSクレデンシャルを定義します。これは、上記の手順1で作成したAWS IAMロールから取得できます。BlueXP *アカウントID *。手順1でAWS IAMロールを作成するために使用します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  8. 確認して*[追加]*をクリックします。
    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

SnapCenter サービスのセットアップ

Details

コネクタを導入してクレデンシャルを追加すると、次の手順でSnapCenterサービスをセットアップできるようになります。

  1. から[Add Working Environment]*をクリックして、AWSに導入されているFSxを検出します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. 場所として* Amazon Web Services *を選択します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. [Amazon FSx for ONTAP ]の横にある[Discover existing]*をクリックします。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. 前のセクションで作成した*を選択して、FSx for ONTAPの管理に必要な権限をBlueXPに付与します。クレデンシャルを追加していない場合は、BlueXPコンソールの右上にある[設定]*メニューから追加できます。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. Amazon FSx for ONTAP が導入されているAWSリージョンを選択し、OracleデータベースをホストしているFSxクラスタを選択して、[追加]をクリックします。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. 検出されたAmazon FSx for ONTAP インスタンスが作業環境に表示されるようになりました。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. fsxadminアカウントのクレデンシャルを使用してFSxクラスタにログインできます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. Amazon FSx for ONTAP にログインしたら、データベースストレージの情報(データベースボリュームなど)を確認します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. コンソールの左側のサイドバーで、保護アイコンの上にマウスを置き、[保護]>*をクリックして、[アプリケーション]の起動ページを開きます。[*アプリケーションの検出]をクリックします。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. アプリケーションのソースタイプとして* Cloud Native *を選択します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. アプリケーションタイプとして* Oracle *を選択します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. AWS EC2 Oracleアプリケーションホストの詳細を入力します。プラグインのインストールとデータベース検出をワンステップで実行するには、[Host Installation Type]*として[Using SSH]*を選択します。次に、[Add SSH Private Key]*をクリックします。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  2. データベースEC2ホストのEC2ユーザSSHキーを貼り付け、*[検証]*をクリックして続行します。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  3. 続行するには*指紋の検証*を求めるプロンプトが表示されます。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  4. をクリックしてOracleデータベースプラグインをインストールし、EC2ホスト上のOracleデータベースを検出します。検出されたデータベースは*アプリケーション*に追加されます。最初に検出されたデータベース Protection Status には Unprotected *と表示されます。

    GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

これで、Oracle向けSnapCenter サービスの初期セットアップは完了です。このドキュメントの次の3つのセクションでは、Oracleデータベースのバックアップ、リストア、クローニングの処理について説明します。

Oracleデータベースのバックアップ

Details
  1. データベース*の横にある3つの点をクリックし、[ポリシー]*をクリックして、プリロードされたデフォルトのデータベース保護ポリシーを表示します。このポリシーは、Oracleデータベースの保護に適用できます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. また、カスタマイズしたバックアップ頻度とバックアップデータ保持期間を使用して独自のポリシーを作成することもできます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. ポリシーの設定に問題がなければ、データベースを保護するために任意のポリシーを割り当てることができます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. データベースに割り当てるポリシーを選択します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. ポリシーが適用されると、データベースの保護ステータスが* Protected *に変わり、緑のチェックマークが表示されます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. データベースバックアップは、事前に定義されたスケジュールで実行されます。次に示すように、1回限りのオンデマンドバックアップを実行することもできます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. データベースバックアップの詳細を表示するには、メニューリストの*[詳細を表示]*をクリックします。これには、バックアップ名、バックアップタイプ、SCN、およびバックアップ日付が含まれます。バックアップセットには、データボリュームとログボリュームの両方のSnapshotが含まれます。ログボリュームのSnapshotは、データベースボリュームのSnapshotの直後に作成されます。長いリストで特定のバックアップを探している場合は、フィルタを適用できます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

Oracleデータベースのリストアとリカバリ

Details
  1. データベースをリストアする場合は、SCNまたはバックアップ時間で適切なバックアップを選択します。データベースデータバックアップの3つの点をクリックし、*[リストア]*をクリックしてデータベースのリストアとリカバリを開始します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. リストア設定を選択します。バックアップ後に物理データベース構造に何も変更がないことが確実な場合(データファイルやディスクグループの追加など)、* Force in place restore *オプションを使用できます。これは一般的に高速です。それ以外の場合は、このボックスをオンにしないでください。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. データベースのリストアとリカバリを確認して開始します。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

  1. [ジョブ監視]*タブでは、リストアジョブのステータスと実行中の詳細を確認できます。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

GUIでのこの手順を示すスクリーンショット。

Oracleデータベースのクローン

Details

データベースをクローニングするには、同じデータベースバックアップの詳細ページからクローニングワークフローを起動します。

  1. 適切なデータベースバックアップコピーを選択し、3つの点をクリックしてメニューを表示し、*[クローン]*オプションを選択します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  1. クローンデータベースのパラメータを変更する必要がない場合は、* Basic *オプションを選択します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  1. または、* Specification file *を選択します。これにより、現在のinitファイルをダウンロードして変更を加え、ジョブにアップロードするオプションが表示されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

  1. ジョブを確認して起動します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  1. [ジョブ監視]タブでクローニングジョブのステータスを監視します。

エラー:グラフィックイメージがありません

  1. EC2インスタンスホストでクローンデータベースを検証します。

エラー:グラフィックイメージがありません

エラー:グラフィックイメージがありません

追加情報

このドキュメントに記載されている情報の詳細については、以下のドキュメントや Web サイトを参照してください。

  • BlueXPのセットアップと管理

  • BlueXPのバックアップとリカバリに関するドキュメント

  • NetApp ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Amazon EC2