日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

永続的ボリューム要求を定義

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

  1. 次の YAML をファイルに保存して、 Basic タイプの PVC を作成します。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: basic
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      resources:
        requests:
          storage: 100Gi
      storageClassName: netapp-file
  2. Iguazio Kubernetes クラスタに YAML ファイルを適用します。

Kubectl -n default-tenant apply -f <your yaml file>

NetApp ボリュームを Jupyter Notebook に接続します

Iguazio は、データサイエンティストが AI / ML アプリケーションの開発と導入のための完全なエンドツーエンドスタックを提供するための、複数のマネージドサービスを提供します。これらのコンポーネントの詳細については、を参照してください "Iguazio アプリケーションサービスおよびツールの概要"

マネージドサービスの 1 つに Jupyter Notebook があります。開発者はそれぞれ、開発に必要なリソースを備えたノートブックコンテナを独自に導入します。NetApp Cloud Volume へのアクセスを許可するには、コンテナにボリュームを割り当て、リソースの割り当て、ユーザの実行、および永続ボリュームに関する環境変数の設定を次の図に示します。

オンプレミス構成の場合は、を参照してください "TR-4798" Trident のセットアップでは、データの Snapshot コピーの作成やバージョン管理のためのモデルなど、 NetApp ONTAP のデータ管理機能を有効にできます。Trident バックエンド構成ファイルに次の行を追加すると、 Snapshot ディレクトリが表示されます。

{
    …
    "defaults": {
        "snapshotDir": "true"
    }
}

Trident バックエンド構成ファイルを JSON 形式で作成し、次のコマンドを実行する必要があります "Trident コマンド" 参照するには:

tridentctl create backend -f <backend-file>

エラー:グラフィックイメージがありません