日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Astra Trident の概要

寄稿者 kulkarnn このページの PDF をダウンロード

Astra Trident は、コンテナや Kubernetes ディストリビューション向けの、 Red Hat OpenShift などのオープンソースで完全にサポートされているストレージオーケストレーションツールです。Trident は、 NetApp ONTAP や Element ストレージシステムを含むネットアップストレージポートフォリオ全体と連携し、 NFS 接続と iSCSI 接続もサポートします。Trident を使用すると、ストレージ管理者の手を煩わせることなく、エンドユーザがネットアップストレージシステムからストレージをプロビジョニングして管理できるため、 DevOps ワークフローが高速化されます。

管理者は、プロジェクトのニーズやストレージシステムモデルに基づいて複数のストレージバックエンドを構成し、圧縮、特定のディスクタイプ、 QoS レベルなどの高度なストレージ機能を有効にして一定のレベルのパフォーマンスを保証できます。定義されたバックエンドは、プロジェクトの開発者が永続的ボリューム要求( PVC )を作成し、永続的ストレージをオンデマンドでコンテナに接続するために使用できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

Astra Trident は、 Kubernetes と同様、迅速な開発サイクルを 1 年に 4 回リリースしています。

最新バージョンの Astra Trident は、 2021 年 7 月にリリースされた 21.07 です。Trident のどのバージョンがサポートされているかを確認できます Kubernetes ディストリビューションのテストに使用 "こちらをご覧ください"

20.04 リリース以降、 Trident のセットアップは Trident オペレータによって実行されます。オペレータが大規模な導入を容易にし、 Trident インストールの一部として導入されたポッドの自己修復などの追加サポートを提供します。

21.01 リリースでは、 Trident Operator のインストールを容易にするために Helm チャートを使用できるようになりました。

Astra Trident をダウンロード

導入したユーザクラスタに Trident をインストールし、永続ボリュームをプロビジョニングするには、次の手順を実行します。

  1. インストールアーカイブを管理ワークステーションにダウンロードし、内容を展開します。Trident の現在のバージョンは 21.07 で、ダウンロードできます "こちらをご覧ください"

    [netapp-user@rhel7 ~]$ wget https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v21.07.1/trident-installer-21.07.1.tar.gz
    --2021-05-06 15:17:30--  https://github.com/NetApp/trident/releases/download/v21.07.1/trident-installer-21.07.1.tar.gz
    Resolving github.com (github.com)... 140.82.114.3
    Connecting to github.com (github.com)|140.82.114.3|:443... connected.
    HTTP request sent, awaiting response... 302 Found
    Location: https://github-releases.githubusercontent.com/77179634/a4fa9f00-a9f2-11eb-9053-98e8e573d4ae?X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=AKIAIWNJYAX4CSVEH53A%2F20210506%2Fus-east-1%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Date=20210506T191643Z&X-Amz-Expires=300&X-Amz-Signature=8a49a2a1e08c147d1ddd8149ce45a5714f9853fee19bb1c507989b9543eb3630&X-Amz-SignedHeaders=host&actor_id=0&key_id=0&repo_id=77179634&response-content-disposition=attachment%3B%20filename%3Dtrident-installer-21.07.1.tar.gz&response-content-type=application%2Foctet-stream [following]
    --2021-05-06 15:17:30--  https://github-releases.githubusercontent.com/77179634/a4fa9f00-a9f2-11eb-9053-98e8e573d4ae?X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=AKIAIWNJYAX4CSVEH53A%2F20210506%2Fus-east-1%2Fs3%2Faws4_request&X-Amz-Date=20210506T191643Z&X-Amz-Expires=300&X-Amz-Signature=8a49a2a1e08c147d1ddd8149ce45a5714f9853fee19bb1c507989b9543eb3630&X-Amz-SignedHeaders=host&actor_id=0&key_id=0&repo_id=77179634&response-content-disposition=attachment%3B%20filename%3Dtrident-installer-21.07.1.tar.gz&response-content-type=application%2Foctet-stream
    Resolving github-releases.githubusercontent.com (github-releases.githubusercontent.com)... 185.199.108.154, 185.199.109.154, 185.199.110.154, ...
    Connecting to github-releases.githubusercontent.com (github-releases.githubusercontent.com)|185.199.108.154|:443... connected.
    HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
    Length: 38349341 (37M) [application/octet-stream]
    Saving to: ‘trident-installer-21.07.1.tar.gz’
    
    100%[==================================================================================================================>] 38,349,341  88.5MB/s   in 0.4s
    
    2021-05-06 15:17:30 (88.5 MB/s) - ‘trident-installer-21.07.1.tar.gz’ saved [38349341/38349341]
  2. ダウンロードしたバンドルから Trident のインストールを解凍します。

    [netapp-user@rhel7 ~]$ tar -xzf trident-installer-21.07.1.tar.gz
    [netapp-user@rhel7 ~]$ cd trident-installer/
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$

Helm を使用して Trident Operator をインストールします

  1. Trident にはこのファイルを渡すオプションがないため、まず、ユーザクラスタの「 kubeconfig 」ファイルの場所を環境変数として設定します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ export KUBECONFIG=~/ocp-install/auth/kubeconfig
  2. Helm コマンドを実行し、ユーザークラスタに trident 名前空間を作成しながら、 Helball ディレクトリ内の tarball から Trident 演算子をインストールします。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ helm install trident helm/trident-operator-21.07.1.tgz --create-namespace --namespace trident
    NAME: trident
    LAST DEPLOYED: Fri May  7 12:54:25 2021
    NAMESPACE: trident
    STATUS: deployed
    REVISION: 1
    TEST SUITE: None
    NOTES:
    Thank you for installing trident-operator, which will deploy and manage NetApp's Trident CSI
    storage provisioner for Kubernetes.
    
    Your release is named 'trident' and is installed into the 'trident' namespace.
    Please note that there must be only one instance of Trident (and trident-operator) in a Kubernetes cluster.
    
    To configure Trident to manage storage resources, you will need a copy of tridentctl, which is
    available in pre-packaged Trident releases.  You may find all Trident releases and source code
    online at https://github.com/NetApp/trident.
    
    To learn more about the release, try:
    
      $ helm status trident
      $ helm get all trident
  3. Trident が正しくインストールされていることを確認するには、ネームスペースで実行されているポッドを確認するか、 tridentctl バイナリを使用してインストールされているバージョンを確認します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc get pods -n trident
    NAME                               READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    trident-csi-5z45l                  1/2     Running   2          30s
    trident-csi-696b685cf8-htdb2       6/6     Running   0          30s
    trident-csi-b74p2                  2/2     Running   0          30s
    trident-csi-lrw4n                  2/2     Running   0          30s
    trident-operator-7c748d957-gr2gw   1/1     Running   0          36s
    
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ ./tridentctl -n trident version
    +----------------+----------------+
    | SERVER VERSION | CLIENT VERSION |
    +----------------+----------------+
    | 21.07.1          | 21.07.1          |
    +----------------+----------------+
注記 場合によっては、お客様の環境で Trident の導入のカスタマイズが必要になることもあります。このような場合は、 Trident のオペレータを手動でインストールし、含まれているマニフェストを更新して配置をカスタマイズすることもできます。

Trident Operator を手動でインストールします

  1. Trident にはこのファイルを渡すオプションがないため、まず、ユーザクラスタの「 kubeconfig 」ファイルの場所を環境変数として設定します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ export KUBECONFIG=~/ocp-install/auth/kubeconfig
  2. 'trident-installer' ディレクトリには ' 必要なすべてのリソースを定義するマニフェストが含まれています適切なマニフェストを使用して、「 TridentOrchestrator 」カスタムリソース定義を作成します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc create -f deploy/crds/trident.netapp.io_tridentorchestrators_crd_post1.16.yaml
    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io/tridentorchestrators.trident.netapp.io created
  3. 存在しない場合は、指定されたマニフェストを使用して、クラスタ内に Trident ネームスペースを作成します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc apply -f deploy/namespace.yaml
    namespace/trident created
  4. トライデントオペレータの配備に必要なリソースを作成しますたとえば ' オペレータ用のサービスアカウント 'ClusterRole' および 'ClusterRoleBind' を 'ServiceAccount' 専用の 'PodSecurityPolicy' またはオペレータ自体に割り当てます

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc create -f deploy/bundle.yaml
    serviceaccount/trident-operator created
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/trident-operator created
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/trident-operator created
    deployment.apps/trident-operator created
    podsecuritypolicy.policy/tridentoperatorpods created
  5. 次のコマンドを使用すると、展開後にオペレータのステータスを確認できます。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc get deployment -n trident
    NAME               READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
    trident-operator   1/1     1            1           23s
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc get pods -n trident
    NAME                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    trident-operator-66f48895cc-lzczk   1/1     Running   0          41s
  6. オペレータが導入したら、 Trident をインストールできます。これには 'TridentOrchestrator を作成する必要があります

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc create -f deploy/crds/tridentorchestrator_cr.yaml
    tridentorchestrator.trident.netapp.io/trident created
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc describe torc trident
    Name:         trident
    Namespace:
    Labels:       <none>
    Annotations:  <none>
    API Version:  trident.netapp.io/v1
    Kind:         TridentOrchestrator
    Metadata:
      Creation Timestamp:  2021-05-07T17:00:28Z
      Generation:          1
      Managed Fields:
        API Version:  trident.netapp.io/v1
        Fields Type:  FieldsV1
        fieldsV1:
          f:spec:
            .:
            f:debug:
            f:namespace:
        Manager:      kubectl-create
        Operation:    Update
        Time:         2021-05-07T17:00:28Z
        API Version:  trident.netapp.io/v1
        Fields Type:  FieldsV1
        fieldsV1:
          f:status:
            .:
            f:currentInstallationParams:
              .:
              f:IPv6:
              f:autosupportHostname:
              f:autosupportImage:
              f:autosupportProxy:
              f:autosupportSerialNumber:
              f:debug:
              f:enableNodePrep:
              f:imagePullSecrets:
              f:imageRegistry:
              f:k8sTimeout:
              f:kubeletDir:
              f:logFormat:
              f:silenceAutosupport:
              f:tridentImage:
            f:message:
            f:namespace:
            f:status:
            f:version:
        Manager:         trident-operator
        Operation:       Update
        Time:            2021-05-07T17:00:28Z
      Resource Version:  931421
      Self Link:         /apis/trident.netapp.io/v1/tridentorchestrators/trident
      UID:               8a26a7a6-dde8-4d55-9b66-a7126754d81f
    Spec:
      Debug:      true
      Namespace:  trident
    Status:
      Current Installation Params:
        IPv6:                       false
        Autosupport Hostname:
        Autosupport Image:          netapp/trident-autosupport:21.01
        Autosupport Proxy:
        Autosupport Serial Number:
        Debug:                      true
        Enable Node Prep:           false
        Image Pull Secrets:
        Image Registry:
        k8sTimeout:           30
        Kubelet Dir:          /var/lib/kubelet
        Log Format:           text
        Silence Autosupport:  false
        Trident Image:        netapp/trident:21.07.1
      Message:                Trident installed
      Namespace:              trident
      Status:                 Installed
      Version:                v21.07.1
    Events:
      Type    Reason      Age   From                        Message
      ----    ------      ----  ----                        -------
      Normal  Installing  80s   trident-operator.netapp.io  Installing Trident
      Normal  Installed   68s   trident-operator.netapp.io  Trident installed
  7. Trident が正しくインストールされていることを確認するには、ネームスペースで実行されているポッドを確認するか、 tridentctl バイナリを使用してインストールされているバージョンを確認します。

    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ oc get pods -n trident
    NAME                                READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    trident-csi-bb64c6cb4-lmd6h         6/6     Running   0          82s
    trident-csi-gn59q                   2/2     Running   0          82s
    trident-csi-m4szj                   2/2     Running   0          82s
    trident-csi-sb9k9                   2/2     Running   0          82s
    trident-operator-66f48895cc-lzczk   1/1     Running   0          2m39s
    
    [netapp-user@rhel7 trident-installer]$ ./tridentctl -n trident version
    +----------------+----------------+
    | SERVER VERSION | CLIENT VERSION |
    +----------------+----------------+
    | 21.07.1          | 21.07.1          |
    +----------------+----------------+

ワーカーノードをストレージ用に準備する

ほとんどの Kubernetes ディストリビューションには、 Red Hat OpenShift など、デフォルトでインストールされる NFS バックエンドをマウントするパッケージとユーティリティが付属しています。

iSCSI プロトコルによるブロックストレージボリュームのマッピングを許可するようにワーカーノードを準備するには、その機能をサポートするために必要なパッケージをインストールする必要があります。

Red Hat OpenShift では、 MCO (マシン構成オペレータ)を展開後にクラスタに適用することによって処理されます。

ワーカーノードでストレージサービスを実行するように設定するには、次の手順を実行します。

  1. OCP Web コンソールにログインし、 [ 計算 ]>[ マシン構成 ] に移動します。[ マシン構成の作成 ] をクリックします。YAML ファイルをコピーして貼り付け、 [ 作成 ] をクリックします。

マルチパスを使用しない場合:

apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
kind: MachineConfig
metadata:
  labels:
    machineconfiguration.openshift.io/role: worker
  name: 99-worker-element-iscsi
spec:
  config:
    ignition:
      version: 3.2.0
    systemd:
      units:
        - name: iscsid.service
          enabled: true
          state: started
  osImageURL: ""

マルチパスを使用する場合:

apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
kind: MachineConfig
metadata:
  name: 99-worker-ontap-iscsi
  labels:
    machineconfiguration.openshift.io/role: worker
spec:
  config:
    ignition:
      version: 3.2.0
    storage:
      files:
      - contents:
          source: data:text/plain;charset=utf-8;base64,ZGVmYXVsdHMgewogICAgICAgIHVzZXJfZnJpZW5kbHlfbmFtZXMgbm8KICAgICAgICBmaW5kX211bHRpcGF0aHMgbm8KfQoKYmxhY2tsaXN0X2V4Y2VwdGlvbnMgewogICAgICAgIHByb3BlcnR5ICIoU0NTSV9JREVOVF98SURfV1dOKSIKfQoKYmxhY2tsaXN0IHsKfQoK
          verification: {}
        filesystem: root
        mode: 400
        path: /etc/multipath.conf
    systemd:
      units:
        - name: iscsid.service
          enabled: true
          state: started
        - name: multipathd.service
          enabled: true
          state: started
  osImageURL: ""
  1. 構成の作成後、約 20~30 分で設定がワーカーノードに適用され、再ロードされます。「 OC GET MCP 」を使用してマシン構成が適用されているかどうかを確認し、ワーカーのマシン構成プールが更新されていることを確認します。ワーカーノードにログインして、 iscsid サービスが実行されている(マルチパスを使用している場合、 multipathd サービスが実行されている)ことを確認することもできます。

    [netapp-user@rhel7 openshift-deploy]$ oc get mcp
    NAME     CONFIG                                    UPDATED   UPDATING   DEGRADED
    master   rendered-master-a520ae930e1d135e0dee7168   True      False      False
    worker   rendered-worker-de321b36eeba62df41feb7bc   True      False      False
    
    [netapp-user@rhel7 openshift-deploy]$ ssh core@10.61.181.22 sudo systemctl status iscsid
    ● iscsid.service - Open-iSCSI
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/iscsid.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since Tue 2021-05-26 13:36:22 UTC; 3 min ago
         Docs: man:iscsid(8)
               man:iscsiadm(8)
     Main PID: 1242 (iscsid)
       Status: "Ready to process requests"
        Tasks: 1
       Memory: 4.9M
          CPU: 9ms
       CGroup: /system.slice/iscsid.service
               └─1242 /usr/sbin/iscsid -f
    
    [netapp-user@rhel7 openshift-deploy]$ ssh core@10.61.181.22 sudo systemctl status multipathd
     ● multipathd.service - Device-Mapper Multipath Device Controller
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/multipathd.service; enabled; vendor preset: enabled)
       Active: active (running) since Tue 2021-05-26 13:36:22 UTC; 3 min ago
      Main PID: 918 (multipathd)
        Status: "up"
        Tasks: 7
        Memory: 13.7M
        CPU: 57ms
        CGroup: /system.slice/multipathd.service
                └─918 /sbin/multipathd -d -s
注記 また、適切なフラグを指定して「 OC debug 」コマンドを実行することにより、 MachineConfig が正常に適用され、サービスが正常に開始されたことを確認することもできます。

ストレージシステムバックエンドを作成

Astra Trident Operator のインストールが完了したら、使用するネットアップストレージプラットフォームに合わせてバックエンドを設定する必要があります。Astra Trident のセットアップと設定を続行するには、次のリンクを参照してください。