日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Hybrid Cloud解決策 の略

寄稿者

最新のエンタープライズデータセンターとは、複数の分散インフラ環境を、オンプレミスや複数のパブリッククラウドと一貫した運用モデルで継続的なデータ管理プレーンを通じて接続するハイブリッドクラウドです。ハイブリッドクラウドを最大限に活用するには、データの変換やアプリケーションのリファクタリングを行わなくても、オンプレミス環境とマルチクラウド環境間でデータをシームレスに移動できる必要があります。

データ保護などのユースケースでセカンダリストレージをクラウドに移行するか、アプリケーション開発やDevOpsなどのビジネスクリティカルなワークロードをクラウドに移行することで、ハイブリッドクラウドへの移行を開始するとお客様から指摘を受けています。そして、より重要なワークロードに移行します。Webおよびコンテンツホスティング、DevOpsやアプリケーション開発、データベース、分析、コンテナ化されたアプリケーションは、最も一般的なハイブリッドクラウドワークロードです。エンタープライズAIプロジェクトの複雑さ、コスト、リスクは、これまでAIの導入を試験段階から本番運用に妨げていました。

ネットアップのハイブリッドクラウド解決策 なら、セキュリティ、データガバナンス、コンプライアンスの統合ツールを活用できます。また、分散環境全体でデータとワークフローを一元管理できる単一のコントロールパネルを使用して、総所有コストを消費量に応じて最適化できます。次の図は、お客様のビッグデータ分析データにマルチクラウド接続を提供するという課題を抱えるクラウドサービスパートナーの解決策 の例です。

クラウドサービスパートナーの解決策 の例。

このシナリオでは、AWSでさまざまなソースから受け取ったIoTデータが、NetApp Private Storage(NPS)内の1箇所に保存されます。NPSストレージは、AWSとAzure上にあるSparkクラスタやHadoopクラスタに接続されているため、複数のクラウドで同じデータにアクセスするビッグデータ分析アプリケーションを実行できます。このユースケースの主な要件と課題は次のとおりです。

  • お客様は、複数のクラウドを使用して、同じデータに対して分析ジョブを実行したいと考えています。

  • オンプレミス環境やクラウド環境などのさまざまなソースから、さまざまなセンサーやハブを介してデータを受信する必要があります。

  • 解決策 は、効率性とコスト効率に優れている必要があります。

  • 主な課題は、コスト効率と効率に優れた解決策 を構築し、オンプレミス環境とクラウド環境の間でハイブリッド分析サービスを提供することです。

ネットアップのデータ保護機能とマルチクラウド接続解決策 は、複数のハイパースケーラにわたるクラウド分析アプリケーションの課題を解決します。上の図に示すように、センサーからのデータはストリーミングされ、 Kafka を介して AWS Spark クラスタに取り込まれます。データは NPS 内の NFS 共有に格納されます。 NPS は、 Equinix データセンター内のクラウドプロバイダの外部にあります。

NetApp NPSは、それぞれDirect Connect接続とExpress Route接続を通じてAmazon AWSとMicrosoft Azureに接続されているため、インプレース分析モジュールを利用して、AmazonとAWS両方の分析クラスタからデータにアクセスできます。そのため、オンプレミスストレージとNPSストレージの両方でONTAP ソフトウェアが実行され、 "SnapMirror" NPSデータをオンプレミスクラスタにミラーリングし、オンプレミスと複数のクラウドにわたってハイブリッドクラウド分析を実現できます。

パフォーマンスを最大限に高めるために、通常は複数のネットワークインターフェイスと直接接続またはエクスプレスルートを使用してクラウドインスタンスからデータにアクセスすることを推奨します。ネットアップには、ほかにも、などのData Moverソリューションがあります "XCP" および "Cloud Sync" お客様がアプリケーション対応でセキュア、コスト効率に優れたハイブリッドクラウドSparkクラスタを構築できるよう支援します。