日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Trident の運用例

寄稿者 mboglesby kevin-hoke このページの PDF をダウンロード

このセクションでは、 Trident で実行したいさまざまな処理の例を紹介します。

既存のボリュームをインポートします

ネットアップストレージシステム / プラットフォーム上に Kubernetes クラスタ内のコンテナにマウントする必要のある既存のボリュームがあり、クラスタ内の PVC に関連付けられていない場合は、それらのボリュームをインポートする必要があります。これらのボリュームは、 Trident のボリュームインポート機能を使用してインポートできます。

以降のコマンド例では、「 pb_fg_all 」という名前の同じボリュームを、セクションの例で作成した各 Trident バックエンドに対して 1 回ずつ、 2 回インポートしています "ONTAP AI 導入向け Trident バックエンドの例"、手順 1.同じボリュームをこの 2 つの方法でインポートすると、(既存の FlexGroup ボリューム)を複数の LIF にまたがって複数回マウントできます。詳細については、セクションを参照してください "ONTAP AI 導入向け Trident バックエンドの例"、手順 1.PVC の詳細については、を参照してください "Kubernetes の公式ドキュメント"。ボリュームインポート機能の詳細については、を参照してください。

「 accessModes 」の値「 ReadOnlyMany 」は、 PVC 仕様ファイルの例で指定されています。「 accessMode 」フィールドの詳細については、を参照してください "Kubernetes の公式ドキュメント"

注記 次の例で指定するバックエンド名 インポートコマンドは、で作成されたバックエンドに対応します の例を参照してください "ONTAP AI 導入向け Trident バックエンドの例"、手順 1.次の例で指定した StorageClass 名 PVC 定義ファイルは、作成された StorageClasses に対応しています を参照してください 、手順 1.
$ cat << EOF > ./pvc-import-pb_fg_all-iface1.yaml
kind: PersistentVolumeClaim
apiVersion: v1
metadata:
  name: pb-fg-all-iface1
  namespace: default
spec:
  accessModes:
    - ReadOnlyMany
  storageClassName: ontap-ai-flexgroups-retain-iface1
EOF
$ tridentctl import volume ontap-ai-flexgroups-iface1 pb_fg_all -f ./pvc-import-pb_fg_all-iface1.yaml -n trident
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------------+--------+---------+
|          NAME                  |  SIZE  |       STORAGE CLASS               | PROTOCOL |             BACKEND UUID                         | STATE  | MANAGED |
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+------------------------------------------+--------+---------+
| default-pb-fg-all-iface1-7d9f1 | 10 TiB | ontap-ai-flexgroups-retain-iface1 | file     | b74cbddb-e0b8-40b7-b263-b6da6dec0bdd | online | true    |
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------------+--------+---------+
$ cat << EOF > ./pvc-import-pb_fg_all-iface2.yaml
kind: PersistentVolumeClaim
apiVersion: v1
metadata:
  name: pb-fg-all-iface2
  namespace: default
spec:
  accessModes:
    - ReadOnlyMany
  storageClassName: ontap-ai-flexgroups-retain-iface2
EOF
$ tridentctl import volume ontap-ai-flexgroups-iface2 pb_fg_all -f ./pvc-import-pb_fg_all-iface2.yaml -n trident
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------------+--------+---------+
|          NAME                  |  SIZE  |       STORAGE CLASS               | PROTOCOL |             BACKEND UUID                         | STATE  | MANAGED |
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+------------------------------------------+--------+---------+
| default-pb-fg-all-iface2-85aee | 10 TiB | ontap-ai-flexgroups-retain-iface2 | file     | 61814d48-c770-436b-9cb4-cf7ee661274d | online | true    |
+--------------------------------+--------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------------+--------+---------+
$ tridentctl get volume -n trident
+----------------------------------+---------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
|               NAME               |  SIZE   |           STORAGE CLASS           | PROTOCOL |             BACKEND UUID             | STATE  | MANAGED |
+----------------------------------+---------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
| default-pb-fg-all-iface1-7d9f1   | 10 TiB  | ontap-ai-flexgroups-retain-iface1 | file     | b74cbddb-e0b8-40b7-b263-b6da6dec0bdd | online | true    |
| default-pb-fg-all-iface2-85aee   | 10 TiB  | ontap-ai-flexgroups-retain-iface2 | file     | 61814d48-c770-436b-9cb4-cf7ee661274d | online | true    |
+----------------------------------+---------+-----------------------------------+----------+--------------------------------------+--------+---------+
$ kubectl get pvc
NAME                 STATUS   VOLUME                             CAPACITY         ACCESS MODES   STORAGECLASS                        AGE
pb-fg-all-iface1     Bound    default-pb-fg-all-iface1-7d9f1     10995116277760   ROX            ontap-ai-flexgroups-retain-iface1   25h
pb-fg-all-iface2     Bound    default-pb-fg-all-iface2-85aee     10995116277760   ROX            ontap-ai-flexgroups-retain-iface2   25h

新しいボリュームをプロビジョニングします

Trident を使用して、ネットアップストレージシステムまたはプラットフォームで新しいボリュームをプロビジョニングできます。次のコマンド例は、新しい FlexVol ボリュームのプロビジョニングを表示します。この例では、セクションの例で作成した StorageClass を使用してボリュームがプロビジョニングされます "ONTAP AI 導入向けの Kubernetes StorageClasses の例"、ステップ 2 。

次の PVC 定義ファイル例では 'accessModes' の値 ReadWriteMany が指定されています「 accessMode 」フィールドの詳細については、を参照してください "Kubernetes の公式ドキュメント"

$ cat << EOF > ./pvc-tensorflow-results.yaml
kind: PersistentVolumeClaim
apiVersion: v1
metadata:
  name: tensorflow-results
spec:
  accessModes:
    - ReadWriteMany
  resources:
    requests:
      storage: 1Gi
  storageClassName: ontap-ai-flexvols-retain
EOF
$ kubectl create -f ./pvc-tensorflow-results.yaml
persistentvolumeclaim/tensorflow-results created
$ kubectl get pvc
NAME                              STATUS    VOLUME                             CAPACITY         ACCESS MODES   STORAGECLASS                        AGE
pb-fg-all-iface1                  Bound     default-pb-fg-all-iface1-7d9f1     10995116277760   ROX            ontap-ai-flexgroups-retain-iface1   26h
pb-fg-all-iface2                  Bound     default-pb-fg-all-iface2-85aee     10995116277760   ROX            ontap-ai-flexgroups-retain-iface2   26h
tensorflow-results                Bound     default-tensorflow-results-2fd60   1073741824       RWX            ontap-ai-flexvols-retain            25h