日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

お客様の課題

AI 運用のためにビッグデータ分析からデータにアクセスしようとすると、お客様は次のような課題に直面することがあります。

  • お客様のデータは、データレイクリポジトリに格納されています。データレイクには、構造化データ、非構造化データ、半構造化データ、ログ、マシン間データなど、さまざまなタイプのデータを格納できます。これらのデータタイプはすべて AI システムで処理する必要があります。

  • AI は Hadoop ファイルシステムには対応していません。一般的な AI アーキテクチャでは、 HDFS データと HCFS データに直接アクセスできないため、 AI に対応したファイルシステム( NFS )に移行する必要があります。

  • データレイクのデータを AI に移行するには、通常、特別なプロセスが必要です。データレイク内のデータ量は非常に多くなる可能性があります。効率性、スループット、コスト効率に優れた方法でデータを AI システムに移動する必要がある。

  • データを同期中です。お客様がビッグデータプラットフォームと AI の間でデータを同期したい場合は、ビッグデータを使用して処理されたデータを分析処理に使用できることがあります。