日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMwareを基盤としたAnthosクラスタ:ネットアップを基盤とするAnthos

VMware上のAnthosクラスタは、エンドユーザのプライベートデータセンターに導入されているGoogle Kubernetes Engineの拡張機能です。組織は、オンプレミスのKubernetesクラスタ内のGoogle Cloud内のコンテナで実行するように設計されたものと同じアプリケーションを導入できます。VMware上のAnthosクラスタは、データセンター内の既存のVMware vSphere環境に導入できます。これにより、資本コストを削減し、導入と拡張の処理をより迅速に実行できます。

VMware環境にAnthosクラスタを導入するには、次のコンポーネントが必要です。

  • * Anthos Admin Workstation*。配備ホストで、gkectlおよびkubectlコマンドを実行してAnthos環境を配備および操作できます。

  • 管理クラスタ。 VMware上でAnthosクラスタをセットアップする際に最初に導入されたクラスタ。このクラスタは、導入、拡張、アップグレードなど、下位のユーザクラスタ操作をすべて管理します。

  • *ユーザクラスタ。*各ユーザクラスタに独自のロードバランサインスタンスまたはパーティションが導入され、ユーザまたはグループごとにスタンドアロンのKubernetesクラスタとして機能できるため、マルチテナンシーを完全に実現できます。

次の図は、VMware環境のAnthosクラスタの概要 を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

利点

VMware上のAnthosクラスタには次のようなメリットがあります。

  • *高度なマルチテナンシー。*各エンドユーザには、独自の開発環境に必要な仮想リソースを使用して、独自のユーザクラスタを割り当てることができます。

  • *コスト削減。*エンドユーザーは、複数のユーザークラスタを同じ物理環境に導入することで、Google Cloud環境や大規模なベアメタルクラスターにリソースをプロビジョニングする代わりに、アプリケーション導入に独自の物理リソースを使用することで、大幅なコスト削減を実現できます。

  • *開発して公開。*アプリケーションの開発中にオンプレミス環境を使用できます。これにより、ローカルデータセンターのプライバシーでアプリケーションをテストしてから、クラウドで公開することができます。

  • * セキュリティー要件。 * セキュリティーの懸念が高まるお客様や、パブリッククラウドに保存できない機密データセットをお持ちのお客様は、自社のデータセンターのセキュリティーからアプリケーションを実行できるため、組織の要件を満たすことができます。

VMware vSphere の場合

VMware vSphere は、 ESXi ハイパーバイザー上で実行される多数の仮想サーバとネットワークを一元管理するための仮想化プラットフォームです。

VMware vSphere の詳細については、を参照してください "VMware vSphere の Web サイト"

VMware vSphere には次の機能があります。

  • * VMware vCenter Server* 。 VMware vCenter Server は、 1 つのコンソールからすべてのホストと VM を統合管理し、クラスタ、ホスト、 VM のパフォーマンス監視を集約します。

  • * VMware vSphere vMotion 。 * VMware vCenter では、要求に応じて、無停止でクラスタ内のノード間で VM をホット移行できます。

  • * vSphere High Availability。*ホスト障害時のシステム停止を避けるため、VMware vSphereを使用すると、ホストをクラスタ化して高可用性を構成することができます。ホストの障害によってシステムが停止した VM は、クラスタ内の他のホストでまもなくリブートされ、サービスがリストアされます。

  • * DRS ( Distributed Resource Scheduler )。 * VMware vSphere クラスタは、ホストしている VM のリソースニーズを負荷分散するように構成できます。リソース競合のある VM は、十分なリソースを使用できるように、クラスタ内の他のノードにホット移行できます。

ハードウェア要件

コンピューティング

Google Cloudは、Anthos Readyプラットフォームパートナープログラムを通じて、新しいリリースのAnthosを使用したパートナーサーバプラットフォームの更新検証を定期的に要求しています。現在検証済みのサーバプラットフォーム、およびサポートされているAnthosのバージョンの一覧が表示されます "こちらをご覧ください"

次の表は、VMware環境でのAnthosクラスタの検証で、ネットアップとネットアップパートナーのエンジニアによってテストされたサーバプラットフォームを示しています。これには、などのソリューションが含まれます "NetApp FlexPod の略" Cisco UCSサーバおよびを使用する場合 "NetApp HCI" ハイブリッドクラウドインフラプラットフォーム:

製造元

メーカー

モデル

シスコ

UCS

B200 M5

ネットアップ

できません

C410

オペレーティングシステム

VMware上のAnthosクラスタは、お客様が選択したvSphere 6とvSphere 7の環境の両方に導入でき、現在のデータセンターインフラに合わせた導入が可能です。

次の表に、ネットアップとパートナー各社が解決策 の検証に使用してきたLinuxオペレーティングシステムをまとめます。

オペレーティングシステム リリース。 Anthosのバージョン

VMware vSphere の場合

6.7U3

1.10

VMware vSphere の場合

7.0U3

1.10

追加のハードウェア

ネットアップをフル検証済みの解決策 として導入したAnthosには、ネットアップとパートナーのエンジニアによって、ネットワークとストレージ用のデータセンターコンポーネントが追加でテストされています。

次の表に、これらの追加インフラコンポーネントに関する情報を示します。

製造元 Hardware Nameの略 モデル

Mellanoxのサイト

SN

2010年

ネットアップ

AFF

A250

ネットアップ

できません

S410

追加のソフトウェア

次の表に、検証環境で導入されたソフトウェアバージョンの一覧を示します。

製造元 Software Name(ソフトウェア名) バージョン

シスコ

UCS

4.1(3e)

ネットアップ

要素( Element )

12.

ネットアップ

できません

1.8

ネットアップ

ONTAP

9.9.1

ネットアップ

Astra Trident

22.01

Anthos Readyプラットフォームの検証では、以下の図に基づいてラボ環境が構築されました。このテストでは、導入した複数のユーザクラスタと、複数のネットアップストレージシステムおよびストレージバックエンドをテストできました。

エラー:グラフィックイメージがありません

ネットワークインフラストラクチャサポートリソース

Anthosを導入する前に、以下のインフラを導入する必要があります。

  • インバンド管理ネットワークと VM ネットワークからアクセス可能な完全なホスト名解決を提供する DNS サーバが少なくとも 1 台必要です。

  • インバンド管理ネットワークおよび VM ネットワークからアクセスできる NTP サーバが少なくとも 1 台必要です。

  • クラスタを動的に拡張する必要がある場合に、ネットワークアドレスのリースをオンデマンドで提供するために使用できるDHCPサーバ。

  • (オプション)インバンド管理ネットワークと VM ネットワークの両方のアウトバウンドインターネット接続。

本番環境の導入に関するベストプラクティス

このセクションでは、この解決策を本番環境に導入する前に考慮する必要があるベストプラクティスをいくつか紹介します。

Anthosは、3ノード以上のESXiクラスタに導入します

Anthosは、デモや評価用に3ノード未満のvSphereクラスタにインストールすることは可能ですが、本番環境のワークロードには推奨されません。2つのノードでは基本的なHAとフォールトトレランスを実現できますが、デフォルトのホストアフィニティを無効にするようにAnthosクラスタ構成を変更する必要があります。この導入方法はGoogle Cloudではサポートされていません。

仮想マシンとホストのアフィニティを設定します

Anthosクラスタノードを複数のハイパーバイザーノードに分散するには、VMとホストのアフィニティを有効にします。

アフィニティまたは非アフィニティは、 VM やホストのセットに対してルールを定義する方法で、グループ内の同じホストまたはホスト上で VM を一緒に実行するか、別のホスト上で実行するかを決定します。VM とホストで構成されるアフィニティグループを作成することで、 VM に適用されます。このアフィニティグループには同じパラメータと条件が設定されます。アフィニティグループ内の VM がグループ内の同じホストで実行されているのか、または別々のホストで実行されているのかに応じて、アフィニティグループのパラメータでは正のアフィニティまたは負のアフィニティを定義できます。

アフィニティグループを設定するには、使用しているVMware vSphereのバージョンに応じた以下の該当するリンクを参照してください。

"vSphere 6.7 ドキュメント:「 DRS アフィニティルールの使用"。https://docs.vmware.com/en/VMware-vSphere/7.0/com.vmware.vsphere.resmgmt.doc/GUID-FF28F29C-8B67-4EFF-A2EF-63B3537E6934.html["vSphere 7.0のドキュメント:「Using DRS Affinity Rules"^]。