日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

その他のメニューオプション

次に示すメニューオプションでは、 Unified Manager サーバでさまざまな管理タスクを実行することができます。

次のメニュー項目を選択できます。

  • * サーバー証明書をリセット *

    HTTPS サーバ証明書を再生成します。

    Unified Manager の GUI でサーバ証明書を再生成します。そのためには、 * General * > * HTTPS Certificates * > * Regenerate HTTPS Certificate * をクリックします。

  • * SAML 認証を無効にします *

    SAML 認証を無効にし、 Unified Manager の GUI にアクセスするユーザのアイデンティティプロバイダ( IdP )によるサインオン認証を中止します。このコンソールオプションは、一般に、 IdP サーバまたは SAML の設定を使用する問題で Unified Manager の GUI へのアクセスがブロックされる場合に使用します。

  • * 外部データプロバイダ *

    Unified Manager を外部データプロバイダに接続するためのオプションを提供します。接続が確立されると、パフォーマンスデータが外部サーバに送信されて、ストレージパフォーマンスのエキスパートがサードパーティ製ソフトウェアを使用してパフォーマンス指標をグラフ化できるようになります。次のオプションが表示されます。

    • *Display Server Configuration *-- 外部データプロバイダの現在の接続設定と構成設定を表示します

    • * サーバー接続の追加 / 変更 *-- 外部データプロバイダの新しい接続設定を入力したり、既存の設定を変更したりすることができます。

    • * Modify Server Configuration * — 外部データプロバイダの新しい設定を入力したり、既存の設定を変更したりすることができます。

    • *Delete Server Connection *-- 外部データプロバイダへの接続を削除します

      接続を削除すると、 Unified Manager は外部サーバとの接続を失います。

  • * パフォーマンスポーリング間隔の設定 *

    Unified Manager がクラスタからパフォーマンス統計データを収集する頻度を設定するためのオプションを提供します。デフォルトの収集間隔は 5 分です。

    大規模なクラスタからの収集が時間内に完了しない場合は、この間隔を 10 分または 15 分に変更できます。

  • * アプリケーションポートの表示 / 変更 *

    Unified Manager がセキュリティ上の理由から、 HTTP および HTTPS プロトコルに使用するデフォルトのポートを変更するオプションが用意されています。デフォルトのポートは、 HTTP の場合は 80 、 HTTPS の場合は 443 です。

  • * 終了 *

    メンテナンスコンソールメニューを終了します。