日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Unified Manager が HTTP および HTTPS プロトコルに使用するポートを変更する

Unified Manager が HTTP および HTTPS プロトコルに使用するデフォルトのポートは、セキュリティ上の理由からインストール後に変更することができます。デフォルトのポートは、 HTTP の場合は 80 、 HTTPS の場合は 443 です。

  • 必要なもの *

Unified Manager サーバのメンテナンスコンソールへのログインが許可されているユーザ ID とパスワードが必要です。

注記

Mozilla Firefox または Google Chrome ブラウザでは、安全でないとみなされるポートがいくつかあります。HTTP トラフィックと HTTPS トラフィックに新しいポート番号を割り当てる前に、ブラウザで確認してください。安全でないポートを選択すると、システムにアクセスできなくなる可能性があります。その場合、カスタマーサポートに連絡して解決を依頼する必要があります。

ポートを変更すると Unified Manager のインスタンスが自動的に再起動されるため、システムを短時間停止しても問題のないタイミングであることを確認してください。

  1. SSH を使用して、 Unified Manager ホストにメンテナンスユーザとしてログインします。

    Unified Manager メンテナンスコンソールのプロンプトが表示されます。

  2. 「 * アプリケーションポートの表示 / 変更 * 」というラベルの付いたメニューオプションの番号を入力し、 Enter キーを押します。

  3. プロンプトが表示されたら、メンテナンスユーザのパスワードをもう一度入力します。

  4. HTTP ポートと HTTPS ポートの新しいポート番号を入力し、 Enter キーを押します。

    ポート番号を空白のままにすると、プロトコルのデフォルトポートが割り当てられます。

    ポートを変更して Unified Manager をすぐに再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

  5. 「 * y * 」と入力してポートを変更し、 Unified Manager を再起動します。

  6. メンテナンスコンソールを終了します。

この変更が完了したら、ユーザは Unified Manager Web UI にアクセスするために、 URL に新しいポート番号を追加する必要があります。たとえば、 + https://host.company.com:1234+ 、 + https://12.13.14.15:1122+ 、 + https://[2001:db8:0:1]:2123+ のように指定します。