日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

メンテナンスコンソールへのアクセス

Unified Manager ユーザインターフェイスが動作状態でない場合、またはこのユーザインターフェイスにない機能を実行する必要がある場合は、メンテナンスコンソールにアクセスして Unified Manager システムを管理できます。

  • 必要なもの *

Unified Manager をインストールして設定しておく必要があります。

15 分間操作を行わないと、メンテナンスコンソールからログアウトされます。

注記

VMware にインストールした場合、 VMware コンソールからメンテナンスユーザとしてすでにログインしているときは、 Secure Shell を使用して同時にログインできません。

ステップ
  1. メンテナンスコンソールにアクセスするには、次の手順を実行します。

    オペレーティングシステム 実行する手順

    VMware

    1. Secure Shell を使用して、 Unified Manager 仮想アプライアンスの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。

    2. メンテナンスユーザの名前とパスワードを使用してメンテナンスコンソールにログインします。

    Linux の場合

    1. Secure Shell を使用して、 Unified Manager システムの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。

    2. メンテナンスユーザ( umadmin )の名前とパスワードでシステムにログインします。

    3. コマンド「 maintenance_console' 」を入力し、 Enter キーを押します。

    Windows の場合

    1. 管理者のクレデンシャルで Unified Manager システムにログインします。

    2. Windows 管理者として PowerShell を起動します。

    3. コマンド「 maintenance_console' 」を入力し、 Enter キーを押します。

    Unified Manager メンテナンスコンソールメニューが表示されます。