日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

JBoss パスワードを変更しています

インストール時に設定されたインスタンス固有の JBoss パスワードをリセットできます。このセキュリティ機能によって Unified Manager のインストール設定が上書きされてしまいます。必要に応じて、パスワードをリセットすることもできます。この処理を実行すると、 MySQL へのアクセス時に JBoss で使用するパスワードも変更になります。

  • Unified Manager がインストールされている Red Hat Enterprise Linux または CentOS のシステムへの root ユーザアクセスが必要です。

  • ディレクトリ /opt/NetApp/essentials/bin' の中の 'password.sh' スクリプトにアクセスできる必要があります

手順
  1. システムに root ユーザとしてログインします。

  2. 次のコマンドを記載された順序で入力して、 Unified Manager サービスを停止します。

    'systemctl stop ocieau

    'systemctl stop ocie

    関連付けられている MySQL ソフトウェアは停止しないでください。

  3. 次のコマンドを入力して、パスワードの変更プロセスを開始します。

    /opt/NetApp/essentials/bin/password.sh resetJBossPassword

  4. プロンプトが表示されたら、新しい JBoss パスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。

    パスワードは 8~16 文字で指定し、数字、大文字、小文字、および次の特殊文字の少なくとも 1 文字を含める必要があります。

    '!@%^*-_=[]:<> ? /~+`

  5. スクリプトが完了したら、次のコマンドを記載された順序で入力して、 Unified Manager サービスを開始します。

    'ystemctl start ocie

    'systemctl start ocieau

  6. すべてのサービスが開始されたら、 Unified Manager UI にログインできます。