日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウド階層へのデータの移動が必要な FabricPool アグリゲート上のボリュームを特定するレポートの作成

現在 FabricPool アグリゲートにあるボリューム、クラウド階層に関する推奨事項があり、さらに大量のコールドデータがあるボリュームのリストを記載したレポートを作成できます。このレポートは、特定のボリュームの階層化ポリシーを「 auto 」または「 all 」に変更して、より多くのコールド(非アクティブ)データをクラウド階層にオフロードする必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

  • 必要なもの *

  • アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

  • FabricPool アグリゲートを設定しておく必要があります。また、それらのアグリゲート上にボリュームが必要です。

次の手順に従って、必要な列を正しい順序で表示するカスタムビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * Storage * > * Volumes * をクリックします。

  2. [ 表示 ] メニューで、 [* パフォーマンス > すべてのボリューム *] を選択します。

  3. コラムセレクタで、ビューに「ディスクタイプ」列が表示されていることを確認します。

    他の列を追加または削除して、レポートにとって重要なビューを作成します。

  4. 「クラウドのおすすめ」列の近くにある「ディスクの種類」列をドラッグアンドドロップします。

  5. フィルタアイコンをクリックして次の 3 つのフィルタを追加し、 * フィルタの適用 * をクリックします。

    • ディスクタイプに FabricPool が含まれています

    • クラウドに関する推奨事項に階層が含まれて

    • コールドデータが 10GB を超えています

  6. コールドデータ列の上部をクリックして、コールドデータが最も多いボリュームをビューの上部に表示します。

  7. ビューに表示されている内容を反映する名前を付けてビューを保存しますたとえば 'Vols change tiering policy` です

  8. インベントリページの * スケジュール済みレポート * ボタンをクリックします。

  9. [ レポートスケジュール ] ページに新しい行を追加して、新しいレポートのスケジュール特性を定義できるようにするには、 [ スケジュールの追加 ] をクリックします。

  10. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、チェックマーク()をクリックします。

    レポートはテストとしてすぐに送信されます。その後、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者に E メールで送信されます。

レポートに表示された結果を基に、 System Manager または ONTAP CLI を使用して、特定のボリュームの階層化ポリシーを「 auto 」または「 all 」に変更し、より多くのコールドデータをクラウド階層にオフロードできます。