日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

カスタムユーザのホームディレクトリと umadmin のパスワードを作成しています

Unified Manager をインストールする前に、カスタムのホームディレクトリを作成し、 umadmin ユーザのパスワードを独自に定義できます。このタスクはオプションですが、サイトによっては Unified Manager のデフォルトのインストール設定とは異なる設定が必要になることがあります。

  • 必要なもの *

  • に記載されたシステム要件を満たしている必要があります "ハードウェアシステムの要件"

  • Red Hat Enterprise Linux または CentOS のシステムに root ユーザとしてログインできる必要があります。

Unified Manager のインストール時、デフォルト設定では次のタスクが実行されます。

  • umadmin ユーザが作成され、「 /home/umadmin 」がホームディレクトリに設定されます。

  • umadmin ユーザにデフォルトのパスワード「 admin 」を割り当てます。

一部のインストール環境では '/home へのアクセスが制限されているため ' インストールは失敗しますホームディレクトリは別の場所に作成する必要があります。また、サイトによっては、パスワードの複雑さに関するルールが設定されている場合や、インストールプログラムではなくローカルの管理者が設定したパスワードが必要な場合があります。

インストール環境でデフォルトのインストール設定とは異なる設定が必要な場合は、次の手順に従って、カスタムのホームディレクトリを作成し、 umadmin ユーザのパスワードを定義します。

インストール前にこの情報を定義しておけば、インストールスクリプトで設定が検出され、定義した値がデフォルトのインストール設定の代わりに使用されます。

また、 Unified Manager のデフォルトのインストールでは、 sudoers ファイル(「 ocum_sudoers 」と「 ocie_sudoers 」)の「 /etc/sudoers.d/ 」ディレクトリに umadmin ユーザが追加されています。セキュリティポリシーや一部のセキュリティ監視ツールによってこのコンテンツを環境から削除した場合は、再度追加する必要があります。Unified Manager の一部の処理では sudo 権限が必要なため、 sudoers の設定を維持する必要があります。

環境内のセキュリティポリシーでは、 Unified Manager メンテナンスユーザの sudo 権限を制限しないでください。制限されている権限があると、一部の Unified Manager 処理が失敗することがあります。インストールの完了後に umadmin ユーザとしてログインして、次の sudo コマンドを実行できることを確認します。

「sudo systemctl status ocie」

エラーが発生せずに ocie サービスの適切なステータスが返されば問題ありません。

手順
  1. サーバに root ユーザとしてログインします。

  2. 「メンテナンス」という umadmin グループアカウントを作成します。

    「 groupadd maintenance 」

  3. メンテナンスグループの任意のホームディレクトリにユーザアカウント「 umadmin 」を作成します。

    「 adduser — home <home_directory\\>-g maintenance umadmin 」

  4. umadmin のパスワードを定義します。

    「 passwd umadmin 」をクリックします

    umadmin ユーザの新しいパスワードの文字列を入力するように求められます。

Unified Manager のインストールが完了したら、 umadmin ユーザのログインシェルを指定する必要があります。