日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

オープンスロットのないシステムに X91148A ストレージモジュールを追加する - AFF A700 および FAS9000

寄稿者 dougthomp netapp-martyh

システムに搭載された 1 つ以上の既存の NIC またはストレージモジュールを 1 つ以上取り外して、完全に装着されたシステムに 1 つ以上の X9118X911A ストレージモジュールを取り付ける必要があります。

  • システムで ONTAP 9.8 以降が実行されている必要があります。

  • X91148A モジュールを無停止で追加するには、ターゲットコントローラをテイクオーバーし、モジュールを追加してから、ターゲットコントローラをギブバックする必要があります。

  • X91148A モジュールをストレージアダプタとして追加する場合は ' スロット 3 または 7 にモジュールを取り付ける必要があります

  • X91148A モジュールを 100GbE NIC として追加する場合は、任意の空きスロットを使用できます。ただし、デフォルトでは、スロット 3 と 7 がストレージスロットとして設定されます。これらのスロットをネットワークスロットとして使用する必要があり、 NS224 シェルフを追加しない場合は、各ポートに対して「 storage port modify -node name -port_port name-mode network 」コマンドでネットワーク用のスロットを変更する必要があります。ネットワーク用に X91148A モジュールで使用できるその他のスロットについては、 Hardware Universe を参照してください。

  • システムのその他のコンポーネントがすべて正常に動作している必要があります。問題がある場合は、必ずテクニカルサポートにお問い合わせください。

オプション 1 :オープンスロットのないシステムで、 X91148A モジュールを NIC モジュールとして追加する

1 つ以上の X91148A NIC モジュールをフル装備のシステムに取り付けるには、システム内の既存の NIC またはストレージモジュールを 1 つ以上取り外す必要があります。

手順
  1. X91148A モジュールを、 X91148A モジュールと同じ数のポートを持つ NIC モジュールを含むスロットに追加する場合は、コントローラモジュールのシャットダウン時に LIF が自動的に移行されます。交換する NIC モジュールのポート数が X91148A モジュールよりも多い場合は、影響を受ける LIF を別のホームポートに完全に再割り当てする必要があります。を参照してください "LIF を移行する" System Manager を使用して LIF を完全に移動する方法については、を参照してください

  2. コントローラ A をシャットダウンします。

    1. 自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback false 」

    2. ターゲットノードをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -ofnode _target_node_name _ 」

      テイクオーバーが完了すると、コンソール接続でノードが LOADER プロンプトに表示されます。

  3. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  4. ターゲット I/O モジュールのケーブルをすべて取り外します。

  5. ターゲットの I/O モジュールをシャーシから取り外します。

    1. 文字と数字が記載されたカムボタンを押し下げます。

      カムボタンがシャーシから離れます。

    2. カムラッチを下に回転させて水平にします。

      I/O モジュールがシャーシから外れ、 I/O スロットから約 1/2 インチアウトします。

    3. I/O モジュール前面の両側にあるプルタブを引いて、 I/O モジュールをシャーシから取り外します。

      I/O モジュールが取り付けられていたスロットを記録しておいてください。

      DRW 9000 PCIe モジュールを取り外します

    文字と数字が記載された I/O カムラッチ

    ロックが完全に解除された I/O カムラッチ

  6. X91148A モジュールをターゲットスロットに取り付けます

    1. X91148A モジュールをスロットの端に合わせます

    2. X91148A モジュールをスロットに差し込み ' 文字と数字が記載された I/O カムラッチが I/O カムピンにかみ合うようにします

    3. I/O カムラッチを上に押してモジュールを所定の位置にロックします。

  7. コントローラ A の他のモジュールについても、取り外しと取り付けの手順を繰り返して交換します

  8. モジュールをデータスイッチにケーブル接続します。

  9. コントローラ A を再起動します。「 boot_ontap 」

  10. パートナーノードからノードをギブバックします。「 storage failover giveback -ofnode target_node_name

  11. 自動ギブバックを無効にした場合は、有効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」

  12. スロット 3 または 7 の NIC モジュールとして X91148A モジュールを追加した場合は、ネットワーク用に、各ポートに対して「 storage port modify -node name _ port_port name-mode network 」コマンドを使用します。

  13. コントローラ B について、上記の手順を繰り返します

オプション 2 :オープンスロットのないシステムで、 X91148A モジュールをストレージモジュールとして追加する

1 つ以上の X91148A ストレージモジュールをシステムにインストールするには、システム内の既存の NIC またはストレージモジュールを 1 つ以上削除する必要があります。

  • この手順では、 X91148A モジュールをスロット 3 または 7 に取り付ける必要があります。

手順
  1. スロット 3 および / または 7 のストレージモジュールとして X91148A モジュールを追加する場合は、 System Manager を使用して、 LIF を別のホームポートに完全に移行します。詳細については、を参照してください "LIF を移行する"

  2. コントローラ A をシャットダウンします。

    1. 自動ギブバックを無効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback false 」

    2. ターゲットノードをテイクオーバーします。「 storage failover takeover -ofnode target_node_name 」

      テイクオーバーが完了すると、コンソール接続でノードが LOADER プロンプトに表示されます。

  3. 接地対策がまだの場合は、自身で適切に実施します。

  4. ターゲット I/O モジュールのケーブルをすべて取り外します。

  5. ターゲットの I/O モジュールをシャーシから取り外します。

    1. 文字と数字が記載されたカムボタンを押し下げます。

      カムボタンがシャーシから離れます。

    2. カムラッチを下に回転させて水平にします。

      I/O モジュールがシャーシから外れ、 I/O スロットから約 1/2 インチアウトします。

    3. I/O モジュール前面の両側にあるプルタブを引いて、 I/O モジュールをシャーシから取り外します。

      I/O モジュールが取り付けられていたスロットを記録しておいてください。

      DRW 9000 PCIe モジュールを取り外します

    文字と数字が記載された I/O カムラッチ

    ロックが完全に解除された I/O カムラッチ

  6. X91148A モジュールをスロット 3 に取り付けます

    1. X91148A モジュールをスロットの端に合わせます

    2. X91148A モジュールをスロットに差し込み ' 文字と数字が記載された I/O カムラッチが I/O カムピンにかみ合うようにします

    3. I/O カムラッチを上に押してモジュールを所定の位置にロックします。

    4. ストレージ用に 2 つ目の X91148A モジュールを取り付ける場合は、スロット 7 のモジュールについても、取り外しと取り付けの手順を繰り返します。

  7. コントローラ A を再起動します。「 boot_ontap 」

  8. パートナーノードからノードをギブバックします。「 storage failover giveback -ofnode target_node_name _

  9. 自動ギブバックを無効にした場合は、有効にします。「 storage failover modify -node local-auto-giveback true 」

  10. コントローラ B について、上記の手順を繰り返します

  11. の説明に従って、 NS224 シェルフを設置してケーブル接続します "NS224 ドライブシェルフのホットアド"