日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

システム構成を AFF A700 および FAS9000 からリストアして検証します

ハードウェアの交換が完了してメンテナンスモードでブートしたら、交換用コントローラの下位のシステム構成を確認し、必要に応じてシステムを再設定します。

手順 1 :コントローラを交換したあとにシステム時間を設定して確認します

交換用コントローラモジュールの日付と時刻は、 HA ペアの正常なコントローラモジュール、またはスタンドアロン構成の信頼できるタイムサーバに照らして確認する必要があります。日付と時刻が一致しない場合は、時刻の違いによるクライアントの停止を防ぐために、交換用コントローラモジュールで日付と時刻をリセットする必要があります。

これらの手順のコマンドを正しいシステムに適用することが重要です。

  • replacement _node は、この手順で障害ノードと交換した新しいノードです。

  • healthy_node は、 _replacement _node の HA パートナーです。

手順
  1. _replacement _node に LOADER プロンプトが表示されない場合は、システムを停止して LOADER プロンプトを表示します。

  2. _healthy_node で、システム時刻「 show date 」を確認します

    日付と時刻は GMT で表示されます。

  3. LOADER プロンプトで、 _replacement node の日付と時刻を確認します。 'how date]

    日付と時刻は GMT で表示されます。

  4. 必要に応じて、交換用ノードの日付を GMT で設定します。 'et date_mm/dd/yyyy_`

  5. 必要に応じて、交換用ノードの時刻を GMT で設定します。「 set time hh : mm : ss` 」

  6. LOADER プロンプトで、 _replacement _node の日付と時刻を確認します。 'how dat'

    日付と時刻は GMT で表示されます。

手順 2 :コントローラモジュールの HA 状態を確認して設定します

コントローラモジュールの「 HA 」状態を確認し、必要に応じてシステム構成に合わせて状態を更新する必要があります。

手順
  1. 新しいコントローラモジュールのメンテナンスモードで ' すべてのコンポーネントが同じ HA 状態で表示されることを確認します

    hA-state には、次のいずれかの値を指定できます。

    • 「 HA 」

    • 「 mcc 」

    • 「 mcc-2n 」

    • 「 MCCIP 」

    • 「 non-ha 」

      1. 設定が変更されたことを確認します。「 ha-config show 」

手順 3 :システムレベルの診断を実行します

コントローラを交換するたびに、特定のコンポーネントとサブシステムについて包括的な診断テストまたは集中的な診断テストを実行する必要があります。

診断手順のコマンドは、すべてコンポーネントを交換するノードから実行します。

手順
  1. サービスを提供するノードが LOADER プロンプトに表示されていない場合は、ノードをリブートします。「 halt

    コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

  2. LOADER プロンプトで、システムレベルの診断用に特別に設計されたドライバ「 boot_diags 」にアクセスします

    ブート・プロセス中に 'Maintenance] モードのプロンプト( *> )が表示されるまで 'y とプロンプトを入力しても安全です

  3. コントローラモジュールで使用可能なデバイスを表示してメモします。 'diag device show -dev MB

    コントローラモジュールのデバイスおよびポートとして、次のいくつかが表示されます。

    • bootmedia は ' システムのブートデバイスです

    • cna' は ' ネットワークまたはストレージ・デバイスに接続されていない統合型ネットワーク・アダプタまたはインタフェースです

    • fcal は ' ファイバ・チャネル・ネットワークに接続されていないファイバ・チャネル・アービトレート型ループ・デバイスです

    • 「 env 」はマザーボード環境です。

    • 「 m 」はシステムメモリです。

    • 「 nic 」はネットワーク・インターフェイス・カードです。

    • 「 nvram 」は不揮発性 RAM です。

    • 「 nvmem 」は、 NVRAM とシステムメモリの組み合わせです。

    • 「 As 」は、ディスクシェルフに接続されていないシリアル接続 SCSI デバイスです。

  4. 必要に応じて診断を実行します。

    診断テストを実行する対象 作業

    個々のコンポーネント

    1. ステータスログ「 diag device clearstatus 」を消去します

    2. 選択したデバイスに対して実行可能なテストを表示します。「 diag device show -dev_dev_name_`

      「 dev_name 」には、前の手順で特定したポートとデバイスのいずれかを指定できます。

    3. 出力を確認し、必要に応じて実行するテストのみを選択します。 lddiag device modify -dev_name__ -selection only `+ -selection only 」を選択すると、デバイスに対して実行しない他のすべてのテストが無効になります。

    4. 選択したテストを実行します: 'ldiag device run -dev_name_`

      テストが完了すると、次のメッセージが表示されます。

      *> <SLDIAG:_ALL_TESTS_COMPLETED>
    5. 失敗したテストがないことを確認します。 'lddiag device status -dev_name_-llong -state failed'

      テストに失敗した場合は、プロンプトに戻ります。失敗した場合は、そのステータスがすべて表示されます。

    同時に複数のコンポーネント

    1. 前の手順の出力で有効なデバイスと無効なデバイスを確認し、同時に実行するデバイスを決定します。

    2. デバイスに対する個々のテストを一覧表示します。 'lddiag device show -dev_name_`

    3. 出力を確認し、必要に応じて、実行するテストのみを選択します。「 diag device modify -dev_name_-selection only

      -selection only - デバイスに対して実行しないその他のテストをすべて無効にします。

    4. テストが変更されたことを確認します。 'lddiag device show'

    5. 同時に実行するデバイスごとに上記の手順を繰り返します。

    6. すべてのデバイスで診断を実行します: 'lddiag device run

      注記 診断の実行を開始した後は、エントリを追加または変更しないでください。

      テストが完了すると、次のメッセージが表示されます。

      *> <SLDIAG:_ALL_TESTS_COMPLETED>
    7. ノードにハードウェアの問題がないことを確認します。「 diag device status -llong -state failed 」

      テストに失敗した場合は、プロンプトに戻ります。失敗した場合は、そのステータスがすべて表示されます。

  5. 前述の手順の結果に応じて、次に進みます。

    システムレベルの診断のテスト結果 作業

    は失敗なしで完了しました

    1. ステータスログ「 diag device clearstatus 」を消去します

    2. ログがクリアされたことを確認します。「 diag device status 」

      次のデフォルトの応答が表示されます。

      SLDIAG: No log messages are present.
    3. 保守モードを終了します :halt

      ノードに LOADER プロンプトが表示されます。

    4. LOADER プロンプトからノードをブートします。 bye

    5. ノードを通常動作に戻します。

    HA ペア

    ギブバックを実行します。「 storage failover giveback -ofnode replacement_node_name _

    注記 自動ギブバックを無効にした場合は、「 storage failover modify 」コマンドを使用して再度有効にします。

    2 ノード MetroCluster 構成

    次の手順に進みます。

    MetroCluster スイッチバック手順は、交換プロセスの次のタスクで実行します。

    スタンドアロン構成です

    次の手順に進みます。

    対処は不要です。

    これで、システムレベルの診断が完了しました。

    テストが失敗しました

    問題の原因を特定します。

    1. 保守モードを終了します :halt

      コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

    2. シャーシ内のコントローラモジュールの数に応じて、電源装置をオフにするか、オンのままにします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 2 つある場合は、他のコントローラモジュールに電力を供給するために、電源装置をオンのままにします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 1 つしかない場合は、電源装置をオフにして電源から取り外します。

    3. システムレベルの診断を実行するための考慮事項をすべて確認するとともに、ケーブルがしっかりと接続されているか、ハードウェアコンポーネントがストレージシステムに適切に取り付けられているかを確認します。

    4. 対象となるコントローラモジュールをブートし、ブートメニューを表示するよう求められたら Ctrl+C キーを押してブートを中断します。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 2 つある場合は、対象となるコントローラモジュールをシャーシに完全に取り付けます。

        コントローラモジュールを完全に取り付けると、モジュールがブートします。

      • シャーシ内にコントローラモジュールが 1 つしかない場合は、電源装置を接続して電源をオンにします。

    5. メニューから、メンテナンスモードでのブートを選択します。

    6. 次のコマンドを入力して保守モードを終了します :halt

      コマンドを問題したら、システムが LOADER プロンプトで停止するまで待ちます。

    7. システムレベルの診断テストを再実行します。