日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラモジュールの交換の概要 - AFF C190

交換用手順の前提条件を確認し、ご使用の ONTAP オペレーティングシステムのバージョンに適したバージョンを選択する必要があります。

  • すべてのドライブシェルフが適切に動作している必要があります。

  • システムが HA ペアに含まれている場合、正常なコントローラが交換するコントローラをテイクオーバーできる必要があります(この手順 では「障害のあるコントローラ」と呼びます)。

  • この手順 には、システムの構成に応じて、 _replacement _ controller にドライブを自動的に再割り当てする手順、または手動で再割り当てする手順が含まれています。

  • 手順の指示に従って、ドライブの再割り当てを実行する必要があります。

  • 障害が発生したコンポーネントは、プロバイダから受け取った交換用 FRU コンポーネントと交換する必要があります。

  • コントローラモジュールを、同じモデルタイプのコントローラモジュールと交換する必要があります。コントローラモジュールを交換するだけでは、システムをアップグレードすることはできません。

  • この手順の一部としてドライブやドライブシェルフを変更することはできません。

  • この手順 では、障害のあるコントローラから _replacement _ controller にブートデバイスが移動され、古いコントローラモジュールと同じバージョンの ONTAP で _replacement _ controller がブートします。

  • これらの手順のコマンドを正しいシステムに適用することが重要です。

    • impaired_controller は、交換するコントローラです。

    • replacement _controller は、障害のあるコントローラを交換する新しいコントローラです。

    • healthy_controller はサバイバーコントローラです。

  • コントローラのコンソール出力を必ずテキストファイルにキャプチャする必要があります。

    これにより、手順の記録が作成され、交換プロセス中に発生する可能性のある問題をトラブルシューティングすることができます。