日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーの命名規則

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

命名規則またはパターンを指定して、作成または更新するプロファイルに関連する Snapshot コピーを指定できます。すべての Snapshot コピー名にカスタムテキストを含めることもできます。

Snapshot コピーの命名パターンは、プロファイルの作成時、またはプロファイルの作成後に変更できます。更新後のパターンは、まだ実行されていない Snapshot コピーにのみ適用されます。既存の Snapshot コピーには以前の snapname パターンが保持されます。

次の例は、ボリュームに対して作成された 2 つの Snapshot コピー名を示しています。表示された 2 つ目の Snapshot コピーの名前は、名前の途中に _F_H_1_in です。「 1 」は、バックアップセットで最初に作成された Snapshot コピーであることを示します。表示される最初の Snapshot コピーは最新のものであり、「 2 」が付いているため、 2 つ目の Snapshot コピーが作成されます。「 1 」 Snapshot コピーにはデータファイルが含まれ、「 2 」 Snapshot コピーには制御ファイルが含まれています。データファイルの Snapshot コピーのあとに制御ファイルの Snapshot コピーを作成する必要があるため、 2 つの Snapshot コピーが必要です。

smo_profile_sid_f_h_2_8ae482831ad14311011ad14328b80001_0
smo_profile_sid_f_h_1_8ae482831ad14311011ad14328b80001_0

デフォルトのパターンには、次のように必要な smid が含まれます。

' * デフォルトパターン: smo_ \ { profile } _ \ { db-sid } _ \ { scope } _ \ { mode } _ \ { smid } * 例: smo_ my_profile_rac51_f_h_2_8abc01e915a55ac50115a55ac8d0001_0 '

Snapshot コピー名には、次の変数を使用できます。

変数名

説明

値の例

SMID (必須)

Snapshot コピーの名前を作成する場合、 SnapManager の一意の ID だけが必要です。この ID により、一意の Snapshot 名が作成されます。

8abc01e915a55ac50115a55acc8d0001_0

クラス(オプション)

プロファイルのバックアップに関連付けられた保持クラス。時間単位( h )、日単位( d )、週単位( w )、月単位( m )、または無制限( u )で指定します。

D : \

コメント(オプション)

プロファイルのバックアップに関連付けられたコメント。Snapshot コピー名が完了すると、このフィールドのスペースがアンダースコアに変換されます。

SAMPLE_COMMENT_Spaces _ 置換済み

日付(オプション)

プロファイルに対してバックアップが実行される日付。必要に応じて、日付の値がゼロで埋められます。( yyyymmdd )

20070218

DB ホスト(オプション)

作成または更新するプロファイルに関連付けられたデータベースのホスト名。

my_host です

db-name (オプション)

作成する Snapshot コピーに関連付けられているデータベースの名前。

RAC5

db-sid (オプション)

作成する Snapshot コピーに関連付けられているデータベース sid 。

rac51

ラベル(オプション)

プロファイルのバックアップに関連付けられたラベル。

SAMPLE_LABEL

モード(オプション)

バックアップがオンライン( h )とオフライン( c )のどちらで完了したかを示します。

h

プロファイル(オプション)

作成するバックアップに関連付けられたプロファイルの名前。

my_profile

スコープ(オプション)

バックアップがフル( f )であるかパーシャル( p )であるかを指定します。

F

時間(オプション)

プロファイルに対してバックアップが実行される時間。この変数の時間値は 24 時間クロックを使用し、必要に応じてゼロで埋められます。たとえば、 5:32 および 8 秒は 053208 ( hhmmss )と表示されます。

170530

タイムゾーン(オプション)

ターゲットデータベースホストに指定されたタイムゾーン。

概算値

usertext (オプション)

入力可能なカスタムテキスト。

本番環境

  • 注: SnapManager for Oracle では、 Snapshot コピー名の長い形式でコロン(:)はサポートされていません。