日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クローニング処理のタスクスクリプトで使用できる変数

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

SnapManager は、実行するクローン処理に関連する環境変数の形式でコンテキスト情報を提供します。たとえば、元のホストの名前、クローンデータベースの名前、バックアップのラベルを取得できます。

次の表に、スクリプトで使用できる環境変数を示します。

変数( variables )

説明

の形式で入力し

sm_created :元の SID

元のデータベースの SID

文字列

sm_created :元のホスト

元のデータベースに関連付けられているホスト名

文字列

sm_created は次のように設定されています

元のデータベースの OS 所有者

文字列

sm_created は、元の OS グループです

元のデータベースの OS グループ

文字列

sm_created

クローンデータベースの SID

文字列

sm_created :ターゲットホスト

クローンデータベースに関連付けられたホスト名

文字列

sm_created は次のように設定されています

クローンデータベースの OS 所有者

文字列

sm_created は、ターゲットの OS グループです

クローンデータベースの OS グループ

文字列

sm_created : target_DB_port

ターゲットデータベースのポート

整数

sm_created グローバルデータベース名を指定します

ターゲットデータベースのグローバルデータベース名

文字列

sm_created :バックアップラベル

クローンに使用されるバックアップのラベル

文字列